東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2015年度 | 2016年度 | 2017年度
 医学部 医学科 内科学講座 神経内科学分野(大橋)
 Division of Neurology, Department of Internal Medicine (Ohashi)

教授:
  藤岡 俊樹
准教授:
  杉本 英樹
講師:
  紺野 晋吾
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















藤岡 俊樹   教授
 1   2          1
(1)
 7
(1)
 2
 4
 
 1
杉本 英樹   准教授
              
 7
(1)
 1
 2
 
 
紺野 晋吾   講師
   1 2          1
 6
(1)
 1
 4
 1
 2
井上 雅史   助教
    1          1
(1)
 4
 
 4
 
 
村田 眞由美   助教
    1          1
 5
(1)
 
 3
 
 
 1 1  0 0  0  4
(2)
 4
(0)
 1
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Konno S, Ishima E, Kubota T, Murata M, Kawanami N, Wakasa M, Sato T, Haraki R, Okuyama Y, Nishimura M, Shimizu F, Ymazaki D, Fujioka T.:  The effect of a mousse diet on mood in healthy adults.  Japanese Journal of Comprehensive Rehabilitation Science  2017 (7) :56 -65 , 2017
2. Imai T, Utsugisawa K, Murai H, Tsuda E, Nagane Y, Suzuki Y, Minami N, Uzawa A, Kawaguchi N, Masuda M, Konno S, Suzuki H, Akaishi T, Aoki M.:  Oral corticosteroid dosing regimen and long-term prognosis in generalised myasthenia gravis: a multicentre cross-sectional study in Japan.  Journal of Neurology, Neurosurgery, and Psychiatry  :doi: 10.1136/ -jnnp-2017-316625. , 2017
3. Hagiwara W, Konno S, Kihara H, Inoue M, Fujioka T.:  Effect of phosphodiesterase-3 inhibition on experimental autoimmune neuritis.  Toho Journal of Medicine  :001 -005 , 2018
総説及び解説
1. 藤岡俊樹:  神経治療薬開発を促進するための手がかり:他学会、他領域から学ぶ・米国実験的神経治療学会(American Society for Experimental NeuroTherapeutics;ASENT):そのユニークな組織と活動.  神経治療学  34 :396 -397 , 2017
■ 学会発表
国内学会
1. ○ 松嶋茉莉、井上雅史、木原英雄、松本美幸、今村友美、村田眞由美、紺野晋吾、杉本英樹、藤岡俊樹: 聴神経障害を伴う抗MOG抗体関連NMOSDの20歳台女性例.  第224回日本神経学会 関東甲信越地方会,  東京,  2018/03
2. 松嶋茉莉,紺野晋吾,杉本英樹,藤岡俊樹: 難聴を伴った抗MOG抗体陽性NMOSDの20歳代女性例.  第224回日本神経学会関東・甲信越地方会,  東京,  2018/03
3. 紺野晋吾、村田眞由美、杉本英樹、藤岡俊樹、水品研之介: 重症筋無力症に対する免疫治療中にSLEが顕在化した60歳女性例.  第223回日本神経学会 関東甲信越地方会,  東京,  2017/12
4. 村田眞由美 紺野晋吾 井上雅史 杉本英樹 石間恵美 若佐麻衣子 藤岡俊樹: 重症筋無力症クリーゼに対する摂食嚥下リハビリテーションチームの介入の有効性について.  第35回 神経治療学会,  埼玉,  2017/11
5. 松本 美幸,井上 雅史,紺野 晋吾,村田 眞由美,今村 友美,杉本 英樹,藤岡 俊樹: 大量ステロイド静注療法が有効であった肥厚性硬膜炎と視神経炎合併例.  第35回日本神経治療学会総会,  東京,  2017/11
6. 藤岡俊樹: CIDP(慢性炎症性脱髄性多発根ニューロパチー):これからの治療.  第35回日本神経治療学会総会,  大宮,  2017/11
7. 小林 茉莉, 紺野 晋吾, 松本 美幸, 今村 友美, 井上 雅史, 村田 眞由美, 杉本 英樹, 藤岡 俊樹: 頭痛、発熱、尿閉で発症し脊髄と両側視床・歯状核に対称性のFLAIR高信号を認めた40歳男性例.  第221回日本神経学会 関東甲信越地方会,  日本,  2017/09
8. ◎井上雅史、小林茉莉、木原英雄、松本美幸、今村友美、村田眞由美、紺野晋吾、杉本英樹、藤岡俊樹: 二重膜濾過血液浄化療法が有効であった馬尾症候群の82歳女性例.  第222回日本神経学会 関東甲信越地方会,  日本,  2017/09
国際学会
1. Imamura T, Konno S, Murata M, Inoue M, Matsumoto M, Kobayashi M, Kihara H, Sugimoto H, Fujioka T.: HIGH SERUM OSMOTIC PRESSURE ON ADMISSION SUGGESTS HIDDEN MALNUTRITION IN PATIENTS WITH NEUROLOGICAL DISEASE.  The XXIII World Congress of Neurology,  京都,  2017/09
2. Konno S, Fujioka T, Imai T, Tsuda E, Minami Y, Nagane Y, Suzuki Y, Akaishi T, Murai H, Kawaguchi n, Uzawa A, Kanai T, Masuda M, Suzuki H, Utsugisawa K.: SEX DIFFERENCES IN PROGNOSIS AND QUALITY OF LIFE IN MYASTHENIA GRAVIS.  The XXIII World Congress of Neurology,  京都,  2017/09
3. Fujioka T, Hagiwara W, Kihara H, Uchi T, Kobayashi M, Matsumoto M, Inoue M, Imamura T, Murata M, Konno S, Sugimoto H.: The effect of phosphodiesterase-3 inhibitor CX3C chemokine axis in experimental autoimmune neuritis.  The XXIII World Congress of Neurology 2017,  京都,  2017/09
4. Sugimoto H, Konno S, Nakazora H, Murata M, Kitazono H, Imamura T, Inoue M, Matsumoto M, Fuse A, Hagiwara W, Kobayashi M, Kihara H, Uchi T, Fujioka T.: Relation between LDL-C and BNP during treatment with pitavastatin in cerebral infarction patients.  XXIII World Congress of Neurology,  京都,  2017/09
5. Fujioka T: Cilostazol modulates sequential expression of matrix metalloproteinases and their intrinsic inhibitor within peripheral nervous tissue during experimental autoimmune neuritis.  Inflammatory Neuropathy Consortium. The 2017 meeting of the Peripheral Nerve Society, Sitges,  Spain,  2017/07
6. Hagiwara W, Konno S, Kihara H, Inoue M, Fujioka T.: Cilostazol modulates sequential expression of matrix metalloproteinases and their intrinsic inhibitor within peripheral nervous tissue during experimental autoimmune neuritis.  The 2017 meeting of the Peripheral Nerve Society, Sitges,  Spain,  2017/07
7. Stanescu A, Shaw D, Murata N , Murata K Rutledge J , Maravilla K: Gadolinium tissue retention in pediatric patients after contrast-enhanced MR exams: pathologic confirmation.  SPR2017 Annual meeting,  Vancouver, Canada,  2017/05
その他
1. 紺野晋吾: 重症筋無力症~病気の理解と日常生活の過ごし方について~.  H29年度横浜市港北区難病講演会,  神奈川,  2018/02
2. 横田隆徳、○西田陽一郎、髙橋祐子、能勢裕里江、石橋 哲、三條伸夫、金子淳太郎、荻野美恵子、西山和利、野口恵里、鈴木重明、鈴木則宏、野村恭一、小川崇、横山和正、金井数明、服部信孝、川口直樹、織田史子、小澤由希子、金井哲也、鵜沢顕之、桑原 聡、畑中裕己、園生雅弘、紺野晋吾、藤岡俊樹: 重症筋無力症におけるカルシニューリン阻害剤減量についての解析.  .厚生労働省科学研究費 補助金 難治性疾患克服研究事業 免疫性神経疾患に関する調査研究班 平成29年度班会議,  東京,  2018/01
3. 紺野晋吾: 重症筋無力症の臨床的諸問題とその理解.  第15回全国重症筋無力症フォーラム,  東京,  2017/06
  :Corresponding Author
  :本学研究者