東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2012年度 | 2013年度 | 2014年度
 医学部 医学科 内科学講座 神経内科学分野(大橋)
 Division of Neurology, Department of Internal Medicine (Ohashi)
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















藤岡 俊樹   教授
 4 1  2          
 15
 1
 1
 
 
杉本 英樹   講師
 1  1           1
 9
 
 1
 
 
紺野 晋吾   助教
 1 2 1 5   1       1
 12
(1)
 
 3
(1)
 
 
中空 浩志   助教
    1          
 11
 
 1
 
 
野本 信篤   助教
    2          2
 9
 
 1
 
 
 6 2  0 0  0  4
(0)
 1
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. 杉本英樹,佐々木美幸,布施彰久,萩原 渉,藤岡俊樹:  脂質異常症合併の脳梗塞症例でのpitavastatin投与による頸動脈IMTおよびplaque scoreに与える影響.  神経内科  81 :344 -349 , 2014
2. 萩原 ゆかり, 新山 史朗, 向井 秀樹, 紺野 晋吾:  生物学的製剤・副作用 <臨床例>尋常性乾癬に対する生物学的製剤により生じた薬剤性神経障害と光線過敏型薬疹..  皮膚病診療  36 :433 -436 , 2014
3. Suzuki S, Murai H, Imai T, Nagane Y, Masuda M, Tsuda E, Konno S, Oji S, Nakane
S, Motomura M, Suzuki N, Utsugisawa K.:  Quality of life in purely ocular myasthenia in Japan.  BMC Neurol.  14 :142 -142 , 2014
4. Murai H, Masuda M, Utsugisawa K, Nagane Y, Suzuki S, Imai T, Motomura M, Konno
S, Kira J:  Clinical features and treatment status of adult myasthenia gravis in Japan.  Cl and Exp Neuroimmunol  5 :84 -91 , 2014
5. Kano O✝, Yoshioka M, Nagayama H, Hamada S, Maeda T, Hasegawa T, Kadowaki T, Sengoku R, Terashi H, Hatano T, Nomoto N, Inoue M, Shimura H, Takahashi T, Uchiyama T, Watanabe H, Kaneko S, Takahashi T, Baba Y, Kubo SI:  Rhinorrhea in Parkinson's disease: A consecutive multicenter study in Japan.  Journal of the neurological sciences  343 :88 -90 , 2014
6. Utsugisawa K, Suzuki S, Nagane Y, Masuda M, Murai H, Imai T, Tsuda E, Konno
S, Nakane S, Suzuki Y, Fujihara K, Suzuki N.:  Health-related quality of life and treatment targets in myasthenia gravis.  Muscle Nerve  Oct;50 (4) :493 -500 , 2014
7. Imai T, Suzuki S, Tsuda E, Nagane Y, Murai H, Masuda M, Konno S, Suzuki Y,
Nakane S, Fujihara K, Suzuki N, Utsugisawa K.:  Oral corticosteroid therapy and present disease status in myasthenia gravis.  Muscle Nerve.  10 :1002 -1002 , 2014
8. Sugimoto H, Konno S, Nomoto N, Nakazora H, Murata M, Kitazono H, Imamura T,
Inoue M, Sasaki M, Fuse A, Hagiwara W, Kobayashi M, Fujioka T.:  The long-term effects of pitavastatin on blood lipids and platelet activation markers in stroke patients: impact of the homocysteine level.  PLoS One  19 (9) :1371 -1371 , 2014
総説及び解説
1. 藤岡俊樹:  重症筋無力症とアセチルコリン.  BRAIN and NERVE: 神経研究の進歩  66 (5) :517 -525 , 2014
2. 藤岡俊樹:  Roadblocks and future prospects of global clinical trial.  神経治療学  31 :231 , 2014
3. 藤岡俊樹:  神経疾患治療の進歩 2013. 免疫介在性中枢神経疾患の治療の進歩.  神経治療学  31 :388 -392 , 2014
4. 紺野晋吾:  重症筋無力症・Lambert-Eaton症候群:性差をみる.  神経内科  71 :154 -163 , 2014
5. 紺野晋吾:  重症筋無力症の最新の治療戦略 生物学的製剤.  神経内科  82 :269 -274 , 2015
症例報告
1. Konno S, Hagiwara W, Sasaki M, Fuse A, Imamura T, Inoue M, Kitazono H, Fujioka T:  Incidental orbital cavernous hemangioma was reduced in size by treatment of cyclosporine in a patient with myasthenia gravis: A case report.  Case Rep Neurol  6 :88 -91 , 2014
その他
1. 藤岡俊樹:  眼瞼痙攣の鑑別.  ドクターサロン  59 :184 -187 , 2015
■ 著書
1. 紺野晋吾:  嚥下障害の改善後に患者から学んだこと.  心に残る経腸栄養の患者さんたち  121-123.  フジメディカル出版,  日本, 2015
■ 学会発表
国内学会
1. ◎小林茉莉,紺野晋吾,中空浩志,杉本英樹,水品研之介,藤岡俊樹: 筋症状が主体であった抗Ku抗体陽性の2例(63歳女性と70歳女性例).  第212回日本神経学会関東・甲信越地方会,  東京,  2015/03
2. ◎久保田俊輝、森脇宏人 、坂口雄介 、高畑喜臣、井上なつき、石井祥子、大久保はるか、山口宗太、紺野晋吾、吉川衛: 当科における嚥下内視鏡検査によるスコア評価と食事形態の検討.  第66回日本気管食道科学会総会ならびに学術講演会,  高知,  2014/11
3. ○ 佐々木美幸、紺野晋吾、中空浩志、杉本英樹、藤岡俊樹: 初回の閃輝暗点時に脳幹梗塞を発症した61歳女性例.  第211回日本神経学会関東・甲信越地方会,  東京、日本,  2014/11
4. ○紺野晋吾、小林茉莉、布施彰久、佐々木美幸、萩原渉、井上雅史、今村友美、村田眞由美、中空浩志、野本信篤、杉本英樹、藤岡俊樹: 眼窩内海綿状血管腫の縮小にCyclosporineが影響したと考えられた重症筋無力症の1例.  第32回日本神経治療学会,  東京、日本,  2014/11
5. ○布施彰久、小林茉莉、佐々木美幸、萩原渉、井上雅史、今村友美、村田眞由美、紺野晋吾、中空浩志、野本信篤、杉本英樹、藤岡俊樹: 意識障害の原因としてvidarabineの関与が疑われた3例.  第32回日本神経治療学会,  東京、日本,  2014/11
6. ◯久保田俊輝,森脇宏人、坂口雄介、高畑喜臣、井上なつき、石井祥子、大久保はるか、山口宗太、紺野晋吾、吉川衛: 当科における嚥下内視鏡検査によるスコア評価と食事形態についての検討..  第66回日本気管食道科学会総会ならびに学術講演会,  高知、日本,  2014/11
7. ○野本信篤,小林茉莉,萩原渉,佐々木美幸,今村友美,井上雅史,中空浩志,藤岡俊樹: パーキンソン病におけるDaT SCANでの線条体の左右差についての検討.  第8回MDSJ学術集会,  京都,  2014/10
8. ○井上雅史,紺野晋吾,野本信篤,中空浩志,杉本英樹,藤岡俊樹,大原関利章: 慢性偽性腸閉塞症と大腸癌を併発したミトコンドリア脳筋症の64歳男性の剖検例..  第209回日本神経学会関東・甲信越地方会,  東京、日本,  2014/09
9. ○紺野晋吾,渡邉恵美,河南典子,西村三美,村田眞由美,久保田俊輝,佐藤友則,原木理沙,三浦誠,岩渕聡,藤岡俊樹: 嚥下回診の工夫-入院原因疾患以外の基礎疾患の抽出を目指して.  第20回日本摂食・嚥下リハビリテーション学会学術総会,  東京、日本,  2014/09
10. ○北薗久雄,野本信篤,藤岡俊樹: 頻回の好酸球性肺炎に続発し好酸球増多症候群に合併した多発単神経炎の1例.  第25回日本末梢神経学会学術集会,  京都,  2014/08
11. ○野本信篤,北薗久雄,藤岡俊樹: 神経痛性筋萎縮症の5年間の経過.  第25回日本末梢神経学会学術集会,  京都,  2014/08
12. ○井上雅史,紺野晋吾,佐々木 美幸,萩原渉, 布施彰久,今村友美,北薗久雄,村田眞由美,中空浩志,野本信篤.杉本英樹,藤岡俊樹: 実験的自己免疫性神経炎の発症早期のhydroxyl radical除去は早期回復を導く..  第55回日本神経学会学術大会,  東京、日本,  2014/05
13. ○紺野晋吾,萩原渉, 布施彰久,佐々木 美幸,今村友美,井上雅史,北薗久雄,村田眞由美,中空浩志,野本信篤.杉本英樹,藤岡俊樹: 重症筋無力症に合併する呼吸器症状の解析.  第55回日本神経学会学術大会,  東京、日本,  2014/05
14. ○佐々木 美幸,紺野晋吾,布施彰久,萩原渉,今村友美,井上雅史,北薗久雄,村田眞由美,中空浩志,野本信篤.杉本英樹,藤岡俊樹: 腰椎穿刺前の臨床パラメータは頭痛と発熱のある患者の髄液細胞増多を予想できるか?.  第55回日本神経学会学術大会,  東京、日本,  2014/05
15. ◯杉本英樹,紺野晋吾,野本信篤,中空浩志,村田眞由美,北薗久雄,今村友美,井上雅史,佐々木 美幸,布施彰久,萩原渉,藤岡俊樹: ピタバスタチン服用脳梗塞患者のホモシシテイン値と血小板分子マーカーの関係について.  第55回日本神経学会学術大会,  東京、日本,  2014/05
16. ◯萩原渉, 野本信篤. 佐々木 美幸,布施彰久,今村友美,井上雅史,村田眞由美,紺野晋吾,中空浩志,杉本英樹,藤岡俊樹: 動作時振戦で発症したパーキンソン病の臨床的特徴..  第55回日本神経学会学術大会,  東京、日本,  2014/05
国際学会
1. ○Hagiwara W,Inoue M,Konno S,Fujioka T: The effect of cilostazol on experimental autoimmune neuritis in Lewis rats.  12th International Congress of Neuroimmunology,  Mainz, Germany,  2014/11
2. ○Nakata N, Motomura M, Shiraishi H, Miyazaki T, Utsugisawa K, Nagane N, Shigeaki Suzuki S, Murai H, Masuda M, Imai T, Tsuda E, Konno S.: Anti-muSK myasthenia gravis in japan JAMG-R multi-center cohort study.  55th Annual Meeting of the Japanese Society of Neurology.,  Fukuoka, Japan,  2014/05
3. ◎Fujioka T, Kitazono H, Hagiwara W, Konno S, Murata M, Nakazora H, Nomoto N, Sugimoto H,: Angiotensin receptor blockade can ameliorate peripheral nerve inflammation in experimental autoimmune neuritis.  American Academy of Neurology 66th meeting,  Philadelphia USA,  2014/05
  :Corresponding Author
  :本学研究者