東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2015年度 | 2016年度 | 2017年度
 医学部 医学科 内科学講座 循環器内科学分野(大橋)
 Division of Cardiovascular Medicine Department of Internal Medicine (Ohashi)

教授:
  中村 正人
  諸井 雅男

准教授:
  原 英彦

講師:
  飯島 雷輔

助教:
  小野剛
  中村啓二郎
  林典行
  德江政英
  榎本善成
  橋本剛
■ 概要
虚血性心血管疾患
大橋病院CCU に入院する年間100 例の急性冠症候群,1000 例の冠動脈造影,350 例の冠動脈インターベンション患者を対象とした臨床研究を行っている。通常の冠動脈造影検査に併せて血管内エコー法,血管内ドプラー法,プレッシャーワイヤー,血管内視鏡などの診断装置を駆使した虚血性心疾患の病態の解明および各種インターベンションの拡張機序,効果の評価を主とした研究テーマとしている。また,低侵襲的に64 例マルチスライスCT による冠動脈の評価を行っている。特に冠動脈プラークの存在や性状と,血液マーカーとの関係を調べ,より低侵襲的診断や,治療評価も目指している。末梢動脈疾患に対する非侵襲的診断ならびに治療に力を入れており、最近では慢性血栓塞栓性肺高血圧症に対しての治療も開始している。
不整脈疾患
当科では、Holter心電図・イベントレコーダー・T波交互脈(TWA)・心室遅延電位(LP)・QT dispersionなどの非侵襲的検査、心臓電気生理学的検査(EPS)・Head-Up-Tilt検査・カテーテルアブレーション・ペースメーカー・植込み型除細動器(ICD)・除細動機能付き心臓再同期療法(CRTD)などの侵襲的検査治療を、長年にわたり継続して行っている。近年は、高機能携帯電話を利用し病院内のいたるところで容易に心電図を見ることが可能なシステムも取り入れている。これらの成果を精力的に国内外で発表し、臨床に役立てている。
冠動脈CT検査
64 例マルチスライスCT による冠動脈の評価を中心に行っている。特に冠動脈プラーク評価と血液マーカーとの関係を検討し,より低侵襲的診断や治療評価を試みている。
心臓超音波検査
心不全の診断や治療に役立つ指標は何か,組織ドプラ法を中心に検討している。さらに高血圧,腎臓病,糖尿病など心筋に直接障害を与える病態の解明に組織ドプラ法を応用し,早期診断に役立つか検討している。また、近年は心房中隔欠損症に対するカテーテル治療も始まりそれらの評価にも力を入れている。
心臓核医学検査
トレッドミル運動負荷および薬物負荷心筋血流イメージングを用いて虚血性心疾患患者のリスク評価を行っている。特に糖尿病,慢性腎臓病合併によるリスク評価を行っている。またTL,MIBG やBMIPP を用いた多施設臨床試験も積極的に行っている。
心臓リハビリテーション
心疾患の予後改善を期待することのできる心臓リハビリテーションを行っており、心肺運動負荷試験に基づいた運動処方を行い、研究を行っている。
睡眠時無呼吸症候群
心不全の増悪因子といわれている睡眠時無呼吸に対して精査、専門治療を行っています。
先天性心疾患、心臓弁膜症
先天性心疾患、特に心房中隔欠損症に対する欠損孔閉鎖、僧帽弁狭窄症、大動脈弁狭窄症に対するバルーン拡張術を行っています。さらに今後は左心耳閉鎖等にも取り組んでいく予定である。
■ 教授・准教授・講師の公的役職
1.  中村正人 :独立行政法人医薬品医療機器総合機構専門委員, (独立行政法人)医薬品医療機器総合機構(PMDA)医療機器審査委員会審査委員
2.  諸井雅男 :東京都社会保険支払基金審査委員
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















中村 正人   教授
 1 4 3 10  1 3       16
(15)
 38
(10)
 3
 21
(1)
 
 4
(1)
諸井 雅男   教授
    2          
 14
(2)
 
 6
 
 2
原 英彦   准教授
 2 1  2  1        6
(4)
 24
(5)
 3
 4
 3
(1)
 2
(1)
飯島 雷輔   講師
   1 3          1
(1)
 20
(4)
 1
 5
 
 1
池田 長生   助教
    1          3
(2)
 11
(2)
 2
 
 
 2
宇都宮 誠   助教
 1             5
(4)
 6
(3)
 1
 1
 
 
榎本 善成   助教
    2          
 2
 2
 1
 
 
小野 剛   助教
    1  1        2
 13
(3)
 
 1
 
 1
柴 昌德   助教
              
 
 1
 
 
 
德江 政英   助教
   1 1          2
(1)
 8
(1)
 1
 
 1
 
中村 啓二郎   助教
              
 6
(1)
 4
(1)
 4
 
 
長島 義宜   助教
              1
(1)
 11
(1)
 
 
 1
 
新倉 寛輝   助教
 2  2           
 7
(1)
 1
 
 
 
橋本 剛   助教
 1             2
(1)
 8
(1)
 1
 2
 1
(1)
 2
林 典行   助教
    1  1        1
 6
(1)
 
 
 
 
堀 真規   助教
              
 2
 
 
 
 
矢﨑 義行   助教
              
 9
(1)
 
 
 
 
山﨑 健司   助教
              
 2
(1)
 
 
 
 
 7 7  4 0  0  39
(29)
 20
(1)
 6
(2)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. ◎鯨岡学, 斎藤智明, 浅井浩司, 渡邊学, 松清大, 石井智貴, 中村陽一, 片田夏也, 斉田芳久, 原英彦, 前谷容, 草地信也:  膵頭十二指腸切除術後の仮性動脈瘤出血および門脈内血栓に対して血管内治療を施行し救命し得た1例.  日本腹部救急医学会雑誌  37 (4) :637 -641 , 2017
2. Kitahara H, Waseda K, Sakamoto K, Yamada R, Huang CC, Nakatani D, Sakata K, Kawarada O, Yock PG, Matsuyama Y, Yokoi H, Nakamura M, Muramatsu T, Nanto S, Fitzgerald PJ, Honda Y:  Impact of attenuated-signal plaque observed by intravascular ultrasound on vessel response after drug-eluting stent implantation.  Atherosclerosis  259 :68 -74 , 2017
3. Nakamura M, Uno K, Hirayama A, Ako J, Nohara A, Arai H, Harada-Shiba M:  Exploration into lipid management and persistent risk in patients hospitalised for acute coronary syndrome in Japan (EXPLORE-J): protocol for a prospective observational study.  BMJ Open  7 (6) :e014427 , 2017
4. Nishikawa M, Isshiki T, Kimura T, Ogawa H, Yokoi H, Miyazaki S, Ikeda Y, Nakamura M, Tanaka Y, Saito S:  Risk of bleeding and repeated bleeding events in prasugrel-treated patients: a review of data from the Japanese PRASFIT studies.  Cardiovascular Intervention and Therapeutics  32 (2) :93 -105 , 2017
5. Ogawa Y, Yokoi H, Ohki T, Kichikawa K, Nakamura M, Komori K, Nanto S, Erin E. O'Leary, Aron E. Lottes, Alan T. Saunders, Michael D. Dake:  Impact of Chronic Renal Failure on Safety and Effectiveness of Paclitaxel-Eluting Stents for Femoropopliteal Artery Disease: Subgroup Analysis from Zilver PTX Post-Market Surveillance Study in Japan.  Cardiovascular and interventional radiology  :1 -9 , 2017
6. Tanaka N, Nakamura M, Akasaka T, Kadota K, Uemura S, Amano T, Shiode N, Morino Y, Fujii K, Hikichi Y; CVIT-DEFER Registry Investigators.:  One-Year Outcome of Fractional Flow Reserve-Based Coronary Intervention in Japanese Daily Practice - CVIT-DEFER Registry.  Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society  81 (9) :1301 -1306 , 2017
7. Funatsu A, Nakamura S, Inoue N, Nanto S, Nakamura M, Iwabuchi M, Ando K, Asano R, Habara S, Saito S, Kozuma K, Mitsudo K:  A multicenter randomized comparison of paclitaxel-coated
balloon with plain balloon angioplasty in patients with small vessel
disease.  Clinical research in cardiology : official journal of the German Cardiac Society  :1 -9 , 2017
8. Iijima R, Ndrepepa G, Kujath V, Harada Y, Kufner S, Schunkert H, Nakamura M, Kastrati A:  A pan-coronary artery angiographic study of the association between diabetes mellitus and progression or regression of coronary atherosclerosis.  Heart and Vessels  32 (4) :376 -384 , 2017
9. Nakamura M, Iijima R, Ako J, Shinke T, Okada H, Ito Y, Ando K, Anzai H, Tanaka H, Ueda Y, Takiuchi S, Nishida Y, Ohira H, Kawaguchi K, Kadotani M, Niinuma H, Omiya K, Morita T, Zen K, Yasaka Y, Inoue K, Ishiwata S, Ochiai M, Hamasaki T, Yokoi H, on behalf of the NIPPON Investigators:  Dual Antiplatelet Therapy for 6 Versus 18 Months After Biodegradable Polymer Drug-Eluting Stent Implantation.  JACC:Cardiovascular Interventions  10 (12) :1189 -1198 , 2017
10. Nakamura M, Kougame N, Iijima R, Ono T, Ikeda N, Tokue M, Hayashi F, Watanabe M, Takenaka H, Fukui R, Hara H:  Individualized antiplatelet therapy after drug-eluting stent deployment: Implication of clinical trials of different durations of dual antiplatelet therapy.  Journal of Cardiology  :ahead of print , 2017
11. Uzu K, Shinke T, Otake H, Takaya T, Osue T, Iwasaki M, Kinutani H, Konishi A, Kuroda M, Takahashi H, Terashita D, Hirata KI, Saito S, Nakamura M, Shite J, Akasaka T:  Morphological and pharmacological determinants of peri-procedural myocardial infarction following elective stent implantation: Optical coherence tomography sub-analysis of the PRASFIT-Elective study.  Journal of Cardiology  :ahead of print , 2017
12. Shirai Y, Enomoto Y, Harada T, Asai K, Ashizuka S, Ikegami M, Takahashi K, Shimizu N, Sekine T:  Solid pseudopapillary neoplasm expresses inhibin-α and Tcf-3.  Pathology international  :まだ -まだ , 2017
13. Furuhashi T, Moroi M:  Cardiovascular prognosis in patients with preserved left ventricular ejection fraction and no significant ischemia.  Research Reports in Clinical Cardiology  8 :41 -48 , 2017
14. Niikura H, Iijima R, Anzai H, Kogame N, Fukui R, Takenaka H, Kobayashi N:  Clinical utility of early use of tolvaptan in very elderly patients with acute decompensated heart failure.  The Anatolian Journal of Cardiology  :ahead of print , 2017
総説及び解説
1. 原英彦:  なぜ脳梗塞予防に循環器系の心血管インターベンションなのか.  Coronary Intervention  13 (4) :13 -15 , 2017
2. 橋本剛:  PFOの解剖・診断・臨床意義.  Coronary Intervention  13 (4) :69 -74 , 2017
3. 新倉寛輝,中村正人:  透析患者の足病重症化予防加算について.  Heart View  21 (11) :20 -23 , 2017
4. 宇都宮誠:  わが国のCLI患者の特徴は?諸外国とは何が違うのか?.  Heart View  21 (11) :24 -27 , 2017
5. 新倉寛輝, 中村正人:  冠動脈ステントの歴史は冠動脈インターベンション治療の歴史である
~薬剤溶出性ステントと新たに登場した薬剤溶出性バルーンを中心に.  医学のあゆみ  別冊 :133 -140 , 2017
6. 渡邉真規, 中村正人:  家族性高コレステロール血症と冠動脈疾患について.  循環器内科  82 (3) :213 -218 , 2017
7. 渡邉真規, 中村正人:  家族性高コレステロール血症と冠動脈疾患について.  循環器内科  82 (3) :213 -218 , 2017
8. 原英彦:  selection3小児循環器専門医の視点から見た成人先天性心疾患

Catheter Interventionで治療できる成人先天性疾患.  心臓  49 (4) :342 -347 , 2017
症例報告
1. Tokue M, Hara H, Kurosawa K, Nakamura M:  Fulminant myocardial bleeding: another clinical course of vascular Ehlers-Danlos Syndrome.  BMJ Case Reports  :1 -3 , 2017
2. Niikra H, Anzai H, Kobayashi N, Nakamura M:  The Successful Removal of Two Retrievable Inferior Vena Cava (IVC) Filters after 67 Days in a Patient with a Double IVC.  Internal Medicine  56 (13) :1667 -1671 , 2017
3. Nakamura Y, Tokuhisa J, Asai K, Enomoto T, Watanabe M, Enomoto Y, Kikuchi Y, Saida Y, Shimada H, Kusachi S:  Pericardial effusion-induced subcutaneous edema in the trunk and lower limbs after percutaneous drainage for carcinomatous pericarditis: report of a case.  International Cancer Conference Journal  :Online first , 2017
4. Awaya T, Kin S, Hiroe S, Yamamoto M, Okazaki O, Hara H, Hiroi Y, Moroi M:  Coronary neovascularity and coronary fistula formation associated with left ventricular thrombus following subacute myocardial infarction.  Japanese Journal of Diagnostic Imaging  35 (2) :125 -129 , 2017
その他
1. 中村正人:  ーインターベンション医のプロフェッショナル・オートノミーとは何かー

専門医集団の考えるインターベンションの「自立」とは.  Coronary Intervention  13 (5) :42 -46 , 2017
■ 著書
1. 中村正人(編集):    DVDと症例で学ぶ
心血管インターベンション治療ベストプラクティス  1-155.  ㈱南江堂,  東京, 2017
2. 小野剛, 中村正人:  糖尿病患者のPADの病態・診断・治療.  最新医学 別冊診断と治療のABC 124

糖尿病合併症  147-154.  最新医学社,  大阪, 2017
3. 原英彦:  労作時の息切れを主訴に来院した40歳代女性.  New専門医を目指すケース・メソッドアプローチー  循環器疾患  249-260.  日本医事新報社,  東京, 2017
4. 中村正人:  肺水腫を繰り返した70歳代男性.  New専門医を目指すケース・メソッドアプローチー  循環器疾患  305-313.  日本医事新報社,  東京, 2017
5. 林典行, 中村正人:  バージャー病.  私の治療 2017-2018年度版  318-319.  日本医事新報社,  東京, 2017
■ 学会発表
国内学会
1. ◎橋本剛: PVL の病態、評価方法.  ストラクチャークラブジャパンライブデモンストレーション2017,  福岡,  2017/11
2. ◎原英彦: PVL の治療:ガイドライン、オーバービュー.  ストラクチャークラブジャパンライブデモンストレーション2017,  福岡,  2017/11
3. ◎原英彦: LAAO とは 適応.  ストラクチャークラブジャパンライブデモンストレーション2017,  福岡,  2017/11
4. ◎池田長生, 德江政英, 飯島雷輔, 原英彦, 中村正人: CTEPH へのBPA と血糖変動に関する検討.  ストラクチャークラブジャパンライブデモンストレーション2017,  福岡,  2017/11
5. ◎田尻勇太, 原英彦, 橋本剛, 小野剛, 飯島雷輔, 山本雅人, 中村正人: 反復性心タンポナーデに対する心膜開窓術.  ストラクチャークラブジャパンライブデモンストレーション2017,  福岡,  2017/11
6. 高橋啓, 二瓶浩一, 鮎沢衛, 小林徹, 須田憲治, 中村常之, 池田和幸, 加藤太一, 大原関利章, 原英彦, 中村正人: 成人期に達した川崎病既往患者に対するPCIに関するアンケート調査結果報告.  第37回日本川崎病学会・学術集会,  東京都,  2017/10
7. ◎三宅渉, 岡崎徹, 工藤綾子, 岩間健太郎, 葉山裕真, 石井梨奈, 中村友妃子, 久保田修司, 粟屋徹, 中川堯, 山本正也, 岡崎修, 原久男, 廣井透雄: PCPSにて救命に成功した冠動脈解離の一例.  第51回日本心血管インターベンション治療学会関東甲信越地方会(関東甲信越CVIT),  東京,  2017/10
8. ◎中村正人: 最新のDAPTの現状.  第51回日本心血管インターベンション治療学会関東甲信越地方会(関東甲信越CVIT),  東京,  2017/10
9. ◎武田道寛, 佐原尚彦, 雨宮勝嗣, 長島義宜, 根本尚彦, 安西均, 篠崎悠: 周産期心筋症の2例.  内科学会 第636回関東地方会,  東京,  2017/10
10. ◎中村正人: 抗血栓療法の新しい展開.  第51回日本心血管インターベンション治療学会関東甲信越地方会(関東甲信越CVIT),  東京,  2017/10
11. ◎能戸辰徳, 高江州悟, 矢口知征, 佐原尚彦, 雨宮勝嗣, 長嶋義宜, 根本尚彦, 安斎均, 小林延行: optional IVC filter留置後の深部静脈血栓症に対しカテーテル血栓溶解療法が有効であった1例.  第51回日本心血管インターベンション治療学会関東甲信越地方会(関東甲信越CVIT),  東京,  2017/10
12. ◎矢口知征, 能戸辰徳, 佐原尚彦, 雨宮勝嗣, 根本尚彦, 安斉均, 小林延行: 腹部大動脈瘤ステントグラフト挿入術中に生じた様々な合併症に対し血管内治療により治癒し得た一例.  第65回日本心臓病学会学術集会,  大阪,  2017/10
13. ◎宇都宮誠: EVT後の足関節以下の血流評価法.  第65回日本心臓病学会学術集会,  大阪,  2017/09
14. ◎久保田修司, 村上宗弘, 葉山裕真, 山本正也, 岡崎修, 原久男, 木内英, 菊池嘉, 岡慎一, 廣井透雄: 当院のヒト免疫不全ウイルス感染患者における虚血性心疾患の現状と特有のリスク因子についての考察.  第65回日本心臓病学会学術集会,  大阪,  2017/09
15. ◎池田長生, 飯島雷輔, 原英彦, 廣井透雄, 中村正人: 1,5-anhydro-d-glucitolの心血管イベント予測能は重症冠動脈病変患者ほど顕著となる.  第65回日本心臓病学会学術集会,  大阪,  2017/09
16. ◎徳江政英, 池田長生, 飯島雷輔, 原英彦, 諸井雅男, 中村正人: 急性期のβブロッカー療法がST上昇型急性心筋梗塞患者の血糖変動を減少させる.  第65回日本心臓病学会学術集会,  大阪,  2017/09
17. ◎雨宮勝嗣, 根本尚彦, 佐原尚彦, 長島義宜, 安斉均, 小林延行: 急性冠症候群患者における尿たんぱくと造影剤腎症の組み合わせと長期予後の関係.  第65回日本心臓病学会学術集会,  大阪,  2017/09
18. ◎根本尚彦, 長島義宜, 安斉均: 変化する三尖弁逆流症重症度の頻度とその予測因子.  第65回日本心臓病学会学術集会,  大阪,  2017/09
19. ◎小宮山浩大, 中村正人, 田邊健吾, 藤本肇, 及川恵子, 代田浩之, 山本剛, 長尾健, 高山守正: GRACEリスクスコアによるハイリスク急性冠症候群の検討~東京都CCUネットワークデータからの解析~.  第65回日本心臓病学会学術集会,  大阪,  2017/09
20. ◎小野剛, 飯島雷輔, 原英彦, 諸井雅男, 中村正人: 慢性血栓塞栓性肺高血圧症に対するバルーン肺動脈形成術後の呼気終末二酸化炭素分画(FETCO2)の変化による治療効果の検討.  第65回日本心臓病学会学術集会,  大阪,  2017/09
21. ◎中村正人: 冠動脈疾患を合併する心房細動患者の抗血栓療法を考える
―リバーロキサバンエビデンス構築への期待―.  第65回日本心臓病学会学術集会,  大阪,  2017/09
22. ◎遠井悟, 横内到, 山崎健司, 佐藤学, 豊田康豪, 熊谷賢太, 西崎光宏, 杉薫: 短期間に2回の発作を認めた特発性冠動脈解離が疑われたACSの一例.  日本循環器学会 第245回関東甲信越地方会,  東京,  2017/09
23. ◎清水貴之, 中村啓二郎, 橋本晃, 浅見雅子, 高木高人, 原英彦, 諸井雅男, 中村正人: EnSite Arrayでbreakout siteとearly activation siteとの解離を認めたRVOTのVTの一例.  日本循環器学会 第245回関東甲信越地方会,  東京,  2017/09
24. ◎中村正人: OMTとしての抗血小板療法を考える.  第24回日本心血管インターベンション治療学会中国四国地方会,  岡山市,  2017/09
25. ◎宇都宮誠: 難渋症例下でのJADEの有用性.  TOPIC2017,  東京,  2017/07
26. ◎中村正人: 1st European DES in Japan:Orsiro DES.  TOPIC2017,  東京,  2017/07
27. ◎長島義宜: Catheter Directed Thrombolysis.  TOPIC2017,  東京,  2017/07
28. ◎雨宮勝嗣: 帝王切開術後に重症HITT を合併した急性下肢動脈閉塞の一例.  TOPIC 2017,  東京,  2017/07
29. ◎宇都宮誠: 創周囲血流を評価する.  TOPIC2017,  東京,  2017/07
30. ◎中村正人: 僧帽弁に対する経カテーテル治療の現状と今後の展望.  第8回日本経カテーテル心臓弁治療学会,  東京,  2017/07
31. ◎池田長生, 武中宏樹, 久保田修司, 高亀則博, 原英彦, 廣井透雄, 中村正人: 肺動脈圧などの血行動態ではなく、病変形態こそがバルーン肺動脈形成術の合併症の予測因子である.  第26回日本心血管インターベンション治療学会(CVIT2017),  京都市,  2017/07
32. ◎中村正人: 今、何故Standardized PCI.  第26回日本心血管インターベンション治療学会(CVIT2017),  京都市,  2017/07
33. ◎中村正人: 日本におけるPCIと抗血小板療法のReal World Evidence ~PENDULUMへの期待~.  第26回日本心血管インターベンション治療学会(CVIT2017),  京都市,  2017/07
34. ◎原英彦: 循環器内科施設における川崎病患者の診療実態.  第26回日本心血管インターベンション治療学会(CVIT2017),  京都市,  2017/07
35. ◎山内靖隆, 新谷嘉章, 飯田修, 山本義人, 宮本明, 中村正人: 腸骨動脈病変に対するStent留置術の現況.  第26回日本心血管インターベンション治療学会(CVIT2017),  京都市,  2017/07
36. ◎橋本晃, 中村啓二郎, 清水貴之, 石井梨奈, 豊田康豪, 浅見雅子, 高木高人, 佐原尚彦, 楢林ゆり子, 榎本善成, 久次米真吾, 酒井毅, 熊谷賢太, 坂田隆夫, 野呂眞人, 杉薫: EnSite Arrayでbreakout siteとearly activation siteとの解離を認めたRVOTのVTの一例.  カテーテルアブレーション関連大会2017,  札幌,  2017/07
37. ◎清水貴之, 中村啓二郎, 橋本晃, 浅見雅子, 佐原尚彦, 高木高人, 諸井雅男, 中村正人, 野呂眞人, 杉薫: 左房前壁と冠静脈洞入口部を起源とする運動誘発性の心房頻拍に対してカテーテルアブレーションを行った若年女性の一例.  カテーテルアブレーション関連大会2017,  札幌,  2017/07
38. ◎新谷嘉章, 山内靖隆, 飯田修, 山本義人, 川崎大三, 横井宏佳, 菅野晃靖, 藤原昌彦, 全完, 上月周, 椿本忠則, 土井尻達紀, 佐々木伸也, 宇都宮誠, 安斎均, 安藤弘, 関秀一, 川崎友裕, 中村正人: 大動脈腸骨動脈病変に合併する全身動脈硬化疾患率 - OMOTENASHI レジストリ―より-.  第26回日本心血管インターベンション治療学会(CVIT2017),  京都市,  2017/07
39. ◎中村正人: 冠動脈疾患を合併する心房細動患者の抗血栓療法を考えるーリバーロキサバンエビデンス構築への期待ー.  第26回日本心血管インターベンション治療学会(CVIT2017),  京都,  2017/07
40. ◎宇都宮誠: CLIに対するカテーテル治療の現状と将来の展望.  第26回日本心血管インターベンション治療学会(CVIT2017),  京都市,  2017/07
41. ◎宇都宮誠: 膝下動脈重症虚血肢治療における薬物塗布バルーンに対する期待.  第26回日本心血管インターベンション治療学会(CVIT2017),  京都市,  2017/07
42. ◎原英彦: 左心耳閉鎖deviceの現状と今後の展開.  第26回日本心血管インターベンション治療学会(CVIT2017),  京都市,  2017/07
43. ◎原英彦, 新倉寛輝, 山﨑健司, 長島義宜,矢﨑義行, 林典行, 徳江政英, 小野剛, 池田長生, 渡邉真規, 高亀則博, 武中宏樹, 遠井悟, 横内到, 根本尚彦, 雨宮勝嗣, 福井遼, 安斎均, 小林延行, 飯島雷輔, 中村正人: MEGUROレジストリー:急性冠症候群における経皮的ビソプロロール貼付剤のPCI術前投与に関する多施設共同レジストリー.  第26回日本心血管インターベンション治療学会(CVIT2017),  京都市,  2017/07
44. ◎根本尚彦, 佐原尚彦, 雨宮勝嗣, 福井遼, 長島義宜, 安斎均, 小林延行, 中村正人: 急性冠症候群における尿たんぱくを伴う造影剤腎症患者の予後.  第26回日本心血管インターベンション治療学会(CVIT2017),  京都市,  2017/07
45. ◎小野剛, 武中宏樹, 高亀則博, 渡邉真規, 矢﨑義行, 新倉寛輝, 林典行, 徳江政英, 池田長生, 飯島雷輔, 原英彦, 中村正人: 急性冠症候群患者の心肺運動負荷試験における周期性呼吸変動発症因子について.  第26回日本心血管インターベンション治療学会(CVIT2017),  京都市,  2017/07
46. ◎仲間達也, 山本義人, 松井朗裕, 土井尻達紀, 藤原昌彦, 早川直樹, 丹通直, 尾崎俊介, 椿本忠則, 宇都宮誠, 鴨井大典, 伊元裕樹, 木村雅喜, 安斎均, 大野祐司, 杉原充, 藤村直樹, 安藤弘, 浦澤一史, 横井良明, 柴田剛徳: 大腿膝窩動脈に対する「表パン」は、標準手技として確立されたのか?REVERSideレジストリーの結果より

.  第26回日本心血管インターベンション治療学会(CVIT2017),  京都市,  2017/07
47. ◎田尻勇太, 原英彦, 牧野邦彦, 小野剛, 飯島雷輔, 高木拓郎, 李哲雄, 諸井雅男, 中村正人: 遅延発症型HITによるconsumptive coagulopathyを呈した一例.  第26回日本心血管インターベンション治療学会(CVIT2017),  京都市,  2017/07
48. ◎渡邉真規, 飯島雷輔, 林典行, 新倉寛輝, 矢﨑義行, 徳江政英, 池田長生, 小野剛, 原英彦, 中村正人: ACS患者におけるPCSK9高値と冠動脈の点状石灰化についての検討.  第26回日本心血管インターベンション治療学会(CVIT2017),  京都市,  2017/07
49. ◎東谷迪昭, 水野篤, 松井朗裕, 宇都宮誠, 尾崎俊介, 飛田一樹, 金子喜仁, 大井田史継, 田中梯史, 高橋保裕, 登坂淳, 山口徹雄, 鈴木健之, 土井尻達紀, 平田直己, 松野俊介, 児玉隆秀, 藤本陽, 重城健太郎, 森口暁, 安斎均: 本邦の血管内治療を行った末梢血管疾患患者の治療の現状と予後に関する検討ーToma Code レジストリーより.  第26回日本心血管インターベンション治療学会(CVIT2017),  京都市,  2017/07
50. ◎飯島雷輔, 中村正人: ステント留置に適さない病変に対する薬物コーティングバルーンの効果.  第26回日本心血管インターベンション治療学会(CVIT2017),  京都市,  2017/07
51. ◎富田一彦, 上原英夫, 中村正人, 飯島雷輔: QFRの当院での使用経験とFFRとの比較.  第26回日本心血管インターベンション治療学会(CVIT2017),  京都市,  2017/07
52. ◎有田武史, 橋本剛, 原英彦: Paravalvular leakage:本邦におけるParavalvular leakageの治療の実際.  第26回日本心血管インターベンション治療学会(CVIT2017),  京都市,  2017/07
53. ◎林典行, 飯島雷輔, 武中宏樹, 高亀則博, 渡邉真規, 新倉寛輝, 矢﨑義行, 徳江政英, 池田長生, 小野剛, 原英彦, 中村正人: 重症下肢虚血を発症した患者での全身性動脈硬化性疾患の頻度と影響.  第26回日本心血管インターベンション治療学会(CVIT2017),  京都市,  2017/07
54. ◎中村正人: Closing Remarks.  第26回日本心血管インターベンション治療学会(CVIT2017),  京都市,  2017/07
55. ◎中村正人, 宮内克己, 平山篤志, 阿古潤哉, 斯波真理子, 野原淳, 荒井秀典, 宇野希世子, 尾崎明日香, 代田浩之: PACIFICからEXPLORE-J : 日本におけるACS患者の昔と今.  第26回日本心血管インターベンション治療学会(CVIT2017),  京都市,  2017/07
56. ◎佐原尚彦, 雨宮勝嗣, 福井遼, 長島義宣, 根本尚彦, 安斉均, 小林延行: トリガーとなるPVCに対するカテーテルアブレーションによりelectrical stormを脱した1例.  第244回日本循環器学会関東甲信越地方会,  東京,  2017/06
57. ◎松田剛, 山本雅人, 堀真規, 田尻勇太: 突然の激しい胸痛を呈した心臓腫瘍破裂の一例.  第244回日本循環器学会関東甲信越地方会,  東京,  2017/06
58. ◎清水貴之, 原英彦, 新倉寛輝, 橋本剛, 渡邉真規, 矢崎義行, 林典行, 徳江政英, 池田長生, 小野剛, 飯島雷輔, 原英彦, 諸井雅男, 中村正人: 繰り返す心嚢液貯留に対し経皮的心膜開窓術を施行した一例.  第244回日本循環器学会関東甲信越地方会,  東京,  2017/06
59. ◎塚崎祥平, 松田剛, 堀真規, 鮎澤慶一, 川合明彦, 田尻勇太, 山本雅人: 肋骨異形成を背景に、夜間就寝時姿位による胸郭出口症候群から発症した右鎖骨下動脈塞栓症の一例.  第244回日本循環器学会関東甲信越地方会,  東京,  2017/06
60. ◎島村元章, 笠尾昌史, 豊田康豪, 丹下徹彦, 金子光伸, 新田宗也, 白井徹郎: 心筋障害およびDICを合併した重症髄膜炎菌性髄膜炎の1例.  第244回日本循環器学会関東甲信越地方会,  東京,  2017/06
61. ◎朱欣, 中村啓二郎, 周雪, 野呂眞人: 深層学習による心電図の自動解析プログラムに関する研究:一次報告.  第32回心電情報処理ワークショップ,  東京,  2017/06
62. ◎清水貴之, 浅見雅子, 中村啓二郎, 橋本晃, 豊田康豪, 石井梨奈, 高木高人, 楢林ゆり子, 佐原尚彦, 榎本義成, 野呂眞人, 杉薫: 押し当て式イベントレコーダーによる心房細動の管理.  第32回心電情報処理ワークショップ,  東京,  2017/06
63. ◎石井梨奈, 中村啓二郎, 岡崎脩, 原久男, 廣井透雄, 野呂眞人, 杉薫: ループレコーダーにより客観的な治療効果を判定しえた神経調節性失神の1例.  第37回 日本ホルター・ノンインベンシブ心電学研究会,  東京,  2017/06
64. ◎矢口知征, 雨宮勝嗣, 佐原尚彦, 福井遼, 長島義宜, 根本尚彦, 安齋均, 小林延行: 右房内血栓を有する肺動脈血栓塞栓症の1例.  日本内科学会 第633回関東地方会,  東京,  2017/06
65. ◎矢嶋尚生, 根本尚彦, 佐原尚彦, 雨宮勝嗣, 福井遼, 長島義宜, 安斉均, 小林延行: 悪性腫瘍に合併する深部静脈血栓症に対しカテーテル的血栓溶解療法を行い退院しえた1例.  日本内科学会 第633回関東地方会,  東京,  2017/06
66. ◎下山渉太, 小田部哲夫, 貫井勇介, 亀谷純, 保坂美梨亜, 小野剛, 伊豆蔵英明, 武者芳朗: 高齢心不全リハビリ患者のGNRIを用いた栄養評価と自宅退院率の関係.  第54回日本リハビリテーション医学会学術集会,  岡山,  2017/06
67. ◎井出志穂   その他まだ確認: 当院循環器内科外来でフォローを行う川崎病既往患者の特徴と問題点.  第41回Advanced Cardiovascular Symposium,  東京, 大森,  2017/05
68. ◎浦部昭子, 宇都宮誠, 浅原敏之, 久次米真吾, 山下雄司: 重症菓子虚血(CLI)の患者の初回入院における下痢はCLIの予後因子となりうる.  第9回日本下肢救済・足病学会学術集会,  福岡市,  2017/05
69. ◎行光望, 宇都宮誠: カテーテル治療後の重症下肢虚血における創傷治療に対する睡眠時無呼吸症候群の影響.  第9回日本下肢救済・足病学会学術集会,  福岡市,  2017/05
70. ◎山下郁香, 小泉麻美, 宇都宮誠: 下肢切断を受け入れられない患者との関わりーコーンの危機・障害受容モデルを用いて振り返るー.  第9回日本下肢救済・足病学会学術集会,  福岡市,  2017/05
71. ◎中村正人: 末梢動脈疾患患者に対する抗血小板治療の現状.  第9回日本下肢救済・足病学会学術集会,  福岡市,  2017/05
72. ◎橋本剛, 鈴木真事, 葉山裕真, 牧野健治, 山下裕正, 飯島雷輔, 原英彦, 尾崎重之, 諸井雅男, 中村正人: unroofed coronary sinus ASD の診断に3 次元経食道心エコー検査が有用であった一例.  日本超音波医学会 第90回学術集会,  栃木,  2017/05
73. ◎原田昌彦, 煙草敏, 寶田雄一, 林京子, 原文彦, 鈴木真事: 正常例の肺体血流量比(Qp/Qs)計測による精度評価.  日本超音波医学会 第90回学術集会,  栃木,  2017/05
74. ◎牧野健治, 鈴木真事, 葉山裕真,橋本剛,山下裕正,飯島雷輔,原英彦,尾崎重之,諸井雅男,中村正人: 心血管内異物の診断にX-plane 法を用いた超音波検査が有用であった2 例.  日本超音波医学会 第90回学術集会,  栃木,  2017/05
75. ◎池田長生, 久保田修司, 武中宏樹, 高亀則博, 岡﨑徹, 原英彦, 廣井透雄, 中村正人: バルーン肺動脈形成術の合併症と病変形態の検討.  第2回日本肺高血圧循環器学会,  札幌,  2017/05
76. ◎中村正人: 治療の適正化、標準化.  第9回日本下肢救済・足病学会学術集会,  福岡市,  2017/05
77. ◎中村正人: Olive Registryとは.  第9回日本下肢救済・足病学会学術集会,  福岡市,  2017/05
78. ◎中村正人: 血管内治療の立場から.  第9回日本下肢救済・足病学会学術集会,  福岡市,  2017/05
79. ◎工藤綾子, 岡崎徹, 上村宗弘, 久保田修司, 粟屋徹, 中川尭, 山本正也, 岡崎修, 原久男, 廣井透雄: Lotus root-like appearance に対するPCI でCutting balloon とDCB を用いて側枝保護に成功
した一例.  第50回日本心血管インターベンション治療学会関東甲信越地方会,  東京,  2017/05
80. ◎清水貴之, 原英彦, 武中宏樹, 高亀則博, 渡邉真規, 矢崎義行, 新倉寛輝, 林典行, 徳江政英, 池田長生, 小野剛, 飯島雷輔, 諸井雅男, 中村正人: 難治性心不全患者に対して緊急経皮的ASD 閉鎖術を施行した一例.  第50回日本心血管インターベンション治療学会関東甲信越地方会,  東京,  2017/05
81. ◎中村正人: 米国AUC改定においての基本的考え方は何か?.  第50回日本心血管インターベンション治療学会関東甲信越地方会,  東京,  2017/05
82. ◎橋本剛, 鈴木真事, 葉山裕真, 牧野健治, 池田長生, 小野剛, 飯島雷輔, 原英彦, 諸井雅男, 中村正人: 非弁膜症性心房細動患者における心原性塞栓症の予測因子として3次元左心耳駆出率は有用である.  第28回日本心エコー図学会学術集会,  名古屋市,  2017/04
83. ◎清水貴之, 鈴木真事, 橋本剛, 葉山裕真, 牧野健治, 高亀則博, 矢崎義行, 池田長生, 小野剛, 飯島雷輔, 原英彦, 諸井雅男, 中村正人: 難治性心不全患者に対して緊急経皮的ASD 閉鎖術を施行した一例.  日本心エコー図学会 第28回学術集会,  名古屋,  2017/04
84. ◎牧野健治, 鈴木真事, 葉山裕真, 橋本剛, 吉川尚男, 大塚健紀, 伊勢亀友季子, 小野剛, 飯島雷輔, 原英彦, 諸井雅男, 中村正人: 経皮的心房中隔欠損症計測術が両心機能に与える影響.  日本心エコー図学会第28回学術集会,  名古屋,  2017/04
85. ◎葉山裕真, 鈴木真事, 工藤綾子, 岩間健太郎, 石井梨奈, 中村友妃子, 久保田修司, 粟屋徹, 中川堯, 岡崎徹, 上村宗弘, 山本正也, 岡崎修, 原久男, 廣井透雄: 先天性三尖弁閉鎖不全症を合併したmesocardiaの一例.  日本心エコー図学会第28回学術集会,  名古屋,  2017/04
86. ◎Yazaki Y: Evaluation of hemoconcentration based a multifrequency bioelectrical impedance analysis on admission is useful risk stratification in acute decompensated heart failure.  ESC2017 (European Society of Cardiology),  Barcelona, Spain,  2017/08
87. ◎Hara H: Closing remarks.  TOPIC2017,  東京,  2017/07
88. ◎Anzai H, Sahara N, Amemiya K, Fukui R, Nagashima Y, Nemoto N, Kobayashi N: Efficacy of catheter directed thrombolysis first-strategy for instent reocclusion in femoropopliteal artery in Chronic Period.  The 26th Annual Meeting of the Japanese Assiciation of Cardiovascular Intervention and Therapeutics,  Kyoto,  2017/07
89. ◎Tajiri Y, Hara H, Makino K, Ono T, Iijima R, Takagi T, Li T, Moroi M, Nakamura M: Geometry of Japanese Left Atrial Appendage Assessed with Multi-detector Cardiac Computed Tomography: Implications for Closure Devices.  The 26th Annual Meeting of the Japanese Assiciation of Cardiovascular Intervention and Therapeutics,  Kyoto,  2017/07
90. ◎Anzai H, Sahara N, Amemiya K, Fukui R, Nagashima Y, Nemoto N, Kobayashi N, Suzuki T, Muto M: Efficacy of jailed balloon kissing inflation technique for true bifurcation lesion: multicenter study.  The 26th Annual Meeting of the Japanese Assiciation of Cardiovascular Intervention and Therapeutics,  Kyoto,  2017/07
91. ◎Kogame N, Iijima R, Watanabe M, Niikura H, Hayashi F, Yazaki Y, Tokue M, Ikeda N, Ono T, Hara H, Nakamura M: Predictive Factors for High Platelet Reactivity in Patients Treated Drug-Eluting Stent Implantation.  The 26th Annual Meeting of the Japanese Assiciation of Cardiovascular Intervention and Therapeutics,  Kyoto,  2017/07
92. ◎徳江政英, 高木高人, 飯島雷輔, 原英彦, 諸井雅男, 中村正人: Nonsleepiness with cheyne-stokes respiration are associated with elevated C-reactive protein level in patients with coronary artery disease.  日本睡眠学会第42回定期学術集会,  横浜,  2017/06
国際学会
1. ◎Haraguchi K, Shintani Y, Kawasaki T, Nakamura M: Safety of Subintimal vs. Intraluminal Endovascular Technique for Aorto-Iliac Chronic Total Occlusion.  AHA 2017,  Anaheim, USA,  2017/11
2. ◎Ikeda N, Iijima R, Hara H, Hiroi Y, Nakamura M: Coronary Lesion Severity and the Predictive Value of Serum 1,5-anhydro-d-glucitol Level for Major Adverse Cardiac and Cerebrovascular Events.  AHA 2017,  Anaheim, USA,  2017/11
3. ◎Shiba M, Minakawa M, Nakamura M: Syntax-Score II Based Assessment of Percutaneous Coronary Intervention for Patients With Chronic Total Occlusion.  AHA 2017,  Anaheim, USA,  2017/11
4. ◎Shinke T, Nakamura M, Iijima R, Ako J, Okada H, Ito Y, Ando K, Anzai H, Tanaka H, Ueda Y, Takiuchi S, Nishida Y, Ohira H, Kawaguchi K, Kadotani M, Niinuma H, Omiya K, Morita T, Zen K, Yasaka Y, Inoue K, Ishiwata S, Ochiai M, Hamasaki T, Yokoi H: Higher Incidence of Ischemic and Bleeding Events in Pre-specified Registry Subset of Nobori Dual Antiplatelet Therapy as Appropriate Duration (NIPPON) Randomized Trial.  AHA 2017,  Anahiem, USA,  2017/11
5. ◎Nakamura M: Dose Adjustment of Prasugrel for PCI for Japanese Patient.  TCT2017,  Colorado, USA,  2017/10
6. ◎Hidehiko H: A nightmare case of PVL closure using occlutech PLD.  APHRS 2017,  Hong Kong,  2017/10
7. ◎Hara H: Device erosion: What is the matter ?.  ENCORE SEOUL 2017,  Seoul, Korea,  2017/09
8. ◎Nakamura M: IVUS uses for successful wiring.  ENCORE SEOUL 2017,  Seoul, Korea,  2017/09
9. ◎Hashimoto H, Nakamura K, Shimizu T, Ishii R, Toyoda Y, Asami M, Takagi T, Sahara N, Enomoto Y, Kujime S, Sakai T, Kumagai K, Sakata T, Noro M, Sugi K: Validation of RVOT VT that allowed dissociation between breakout site and early activation site with EnSite Array systems.  APHRS 2017,  Yokohama,  2017/09
10. ◎Kujime S, Nakamura K, Yamashita Y, Utsunomiya M, Asahara T, Yoshitama T, Noro M, Moroi M, Nakamura M, Sugi K: A Case of the Pacing Failure with the Incomplete Disconnection of Pacemaker Lead Which Was Only Detected by the Manual Pacemaker Check.  APHRS 2017,  Yokohama,  2017/09
11. ◎Nakamura K, Xin Zhu, Hashimoto H, Asami M, Takagi T, Sahara N, Shimizu T, Toyoda Y, Moroi M, Nakamura M, Sakai T, Sugi K: Implant Lead Position Characteristics was Associated with High DFTS and Myocardial Injury in S-ICD Patients. Computer Simulation Study.  APHRS 2017,  Yokohama,  2017/09
12. ◎Shimizu T, Nakamura K, Hashimoto H, Toyoda Y, Ishii R, Asami M, Sahara N, Takagi T, Hashimoto G, Moroi M, Nakamura M, Suzuki M, Noro M, Sugi K, Hayashi M, Iwabuchi S: The Investigation of Clinical Characteristics in ESUS Patients with and without Recurrence.  APHRS 2017,  Yokohama,  2017/09
13. ◎Ishii R, Okazaki O, Hara H, Hiroi Y, Nakamura K, Noro M, Sugi K,: An Effective Case of NMS with ILR for Assessment of Objective Response to Therapy.  APHRS 2017,  Yokohama,  2017/09
14. ◎Nakamura K, Noro M, Hashimoto H, Asami M, Takagi T, Ishii R, Moroi M, Nakamura M, Sugi K: The Clinical Usefulness and Feasibility of His Bundle Pacing in Patients with AV Block.  APHRS 2017,  Yokohama,  2017/09
15. ◎Nakamura K, Noro m, Shimizu T, Hashimoto H, Sahara N, Asami M, Ishii R, Toyoda Y, Sakai T, Sugi K, Nakamura M: The Evaluation of Defibrillation Safety in Subcutaneous Implantable Cardioverter-Defibrillator.  APHRS 2017,  Yokohama,  2017/09
16. ◎Ikeda N, Takenaka H, Kogame N, Kubota S, Okazaki T, Iijima R, Hara H, Hiroi Y, Nakamura M: Lesion morphology, not hemodynamic parameters, is an independent predictor of complications of balloon pulmonary angioplasty.  ESC 2017 (European Society of Cardiology ),  Barcelona, Spain,  2017/08
17. ◎Niikura H: Influence of weather condition on the occurrence of unstable angina pectoris in japan (from the tokyo cardiovascular care unit network).  ESC 2017 (European Society of Cardiology ),  Barcelona, Spain,  2017/08
18. ◎Iijima R: Benefit of optimal medical therapy in patients with polyvascular disease undergoing drug-eluting stent implantation.  ESC 2017 (European Society of Cardiology ),  Barcelona, Spain,  2017/08
19. ◎Nakamura M: The long-term efficacy and safety of short dual antiplatelet therapy.  ESC 2017 (European Society of Cardiology ),  Barcelona, Spain,  2017/08
20. ◎Tokue M, Hara H, Iijima R, Moroi M, Nakamura M: endothelial vasomotor function reversibly improves after transcatheter secundum atrial septal defect closure among elderly patients.  ESC 2017 (European Society of Cardiology ),  Barcelona, Spain,  2017/08
21. ◎Hayama H: Leaflet thrombosis after aortic valve reconstruction surgery using autologous pericardium.  ESC 2017 (European Society of Cardiology ),  Barcelona, Spain,  2017/08
22. ◎Utsunomiya M, Tomita M, Kinoshita M, Ohura N, Nakamura M: Prognostic factor of diabetic and ischemic foot ulcer, multi-center, multi department observational study.  ESC 2017 (European Society of Cardiology ),  Barcelona, Spain,  2017/08
23. ◎Hashimoto G: Left atrial appendage ejection fraction assessed by three dimensional transesophageal echocardiography predicts cardiogenic embolization in patients with nonvalvular atrial fibrillation.  ESC 2017 (European Society of Cardiology ),  Barcelona, Spain,  2017/08
24. ◎Nakamura K: The impact of neural remodeling following myocardial infarction on ventricular arrhythmia in porcine model.  EHRA EUROPACE - CARDIOSTIM 2017,  Vienna , Austria,  2017/07
25. ◎Hashimoto H: The investigation of myocardial injury after subcutaneous icd implantation with defibrillation test in computer simulation model and clinical cases.  EHRA EUROPACE-CARDIOSTIM 2017,  Vienna , Austria,  2017/07
26. ◎Hara H: Crumpled sheath dilator caused catastrophic event during paravalvular leakage closure after TAVR with tortuous aorta.  CSI 2017,  Frankfurt, Germany,  2017/07
27. ◎Hashimoto G, Suzuki M, Hayama H, Makino K, Otsuka T, Ono T, Iijima R, Hara H, Moroi M, Nakamura M: Left Atrial Appendage Ejection Fraction Assessed by Three Dimensional Transesophageal Echocardiography Predicts Cardiogenic Embolization in Patients with Nonvalvular Atrial Fibrillation.  ASE 2017 The American Society Of Echocardiography,  Baltimore, U.S.A,  2017/06
28. ◎Enomoto Y, J.S. Koruth, Iwasawa J, Choudry S, Miller M.A, Whang W, Dukkipati S.R., Reddy V.Y.: Safety and Feasibility of a Needle Equipped with Real Time Pressure Monitoring for Epicardial Access- Single Center Experience.  HEART RHYTHM SCIENTIFIC SESSION 2017,  Chicago, U.S.A.,  2017/05
29. ◎Enomoto Y, J.S. Koruth, Iwasawa J, Choudry S, Miller M.A, Whang W, Dukkipati S.R., Reddy V.Y.: Successful Ablation of Post Cardiac Transplant Atrial Fibrillation and Flutter: Importance of Recipient to Donor Conduction.  HEART RHYTHM SCIENTIFIC SESSION 2017,  Chicago, U.S.A.,  2017/05
その他
1. ◎平野庸介: 若年発症のLeriche症候群の一例.  第6回大橋カルディオロジー,  東京,渋谷,  2017/11
2. ◎原英彦: ASD レクチャー:高齢者への対応.  ストラクチャークラブジャパンライブデモンストレーション2017,  福岡,  2017/11
3. ◎武中宏樹,池田長生, 福井遼, 橋本剛, 諸井雅男, 中村正人: 妊娠希望の若年発症特発性CTEPHの一例.  ストラクチャークラブジャパンライブデモンストレーション2017,  福岡,  2017/11
4. ◎徳江政英: 血糖変動と心血管イベントの関連性.  循環器・糖尿病セミナーin大橋,  大橋、東京,  2017/10
5. ◎原英彦: 循環器領域におけるPCI後の抗血栓療法と消化管出血.  これからの循環器診療を考える会,  東京,目黒,  2017/10
6. ◎原英彦: 抗血栓療法と出血リスク

~出血させない新たな治療をめざして~.  Total Care Seminar,  東京,目黒,  2017/09
7. ◎原英彦: 循環器領域におけるPCI後の抗血栓療法と消化管出血~心房細動に対する新たなアプローチを含めて~.  Web講演会 Otsuka&Takeda Premium Channel,  東京,  2017/09
8. ◎橋本剛: 経皮的ASD閉鎖術に適した症例と適さない症例とは.  第21回心筋会,  東京,  2017/07
9. ◎原英彦: ASD device closureの実際と今後のSHD治療の展望.  第21回心筋会,  東京,  2017/07
10. ◎牧野健治, 鈴木真事, 葉山裕真, 橋本剛, 吉川尚男, 大塚健紀, 伊勢亀友季子, 小野剛, 飯島雷輔, 原英彦, 諸井雅男, 中村正人: 経皮的心房中隔欠損症閉鎖術が両心機能に与える影響.  第21回心筋会,  東京,  2017/07
11. ◎鳥居俊介: 当院におけるSGLT2阻害薬の使用経験.  第5回大橋カルディオロジー,  渋谷,  2017/06
12. ◎長島義宜, 佐原尚彦, 根本尚彦, 福井遼, 雨宮勝嗣, 安齋均, 小林延行: CAG で左冠動脈主幹部に解離所見を認め、術中所見から感染性心内膜炎による左冠動脈洞破裂
と左冠動脈主幹部穿孔と診断した一例.  第50回日本心血管インターベンション治療学会関東甲信越地方会,  東京,  2017/05
  :Corresponding Author
  :本学研究者