東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2013年度 | 2014年度
 医学部 医学科 東洋医学研究室(大森)
 Department of Traditional Medicine (Omori)
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















田中 耕一郎   講師
 14 8 1           2
 4
 3
(1)
 1
 
 
奈良 和彦   助教
 1             1
 1
 
 2
 
 
 15 1  0 0  0  3
(0)
 3
(1)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. 松岡尚則、別府正志、田中耕一郎、中田英之、並木隆雄:  千葉古方のルーツ..  漢方の臨床  62 (3) :421 -435 , 2015
2. 笛木司,松岡尚則、別府正志、田中耕一郎、中田英之、頼建守、並木隆雄:  『宋版傷寒論』の権衡の検討.  東洋医学会雑誌  65 (2) :61 -72 , 2014
総説及び解説
1. 田中耕一郎:  漢方薬と身近な植物 日本の土壌と文化のルーツ ⑧檳榔子.:6.4.199-202,2014.  医と食  6 (4) :199 -202 , 2014
2. 田中耕一郎:  漢方薬と身近な植物 日本の土壌と文化のルーツ ⑨冬虫夏草.  医と食  6 (5) :265 -268 , 2014
3. 田中耕一郎:  漢方薬と身近な植物 日本の土壌と文化のルーツ ⑩植物分類学と東洋医学.  医と食  6 (6) :322 -325 , 2014
4. 田中耕一郎:  漢方薬と身近な植物 日本の土壌と文化のルーツ ⑪冬の養生法..  医と食  7 (1) :36 -39 , 2015
5. 田中耕一郎:  漢方薬と身近な植物 日本の土壌と文化のルーツ 香辛料 胡椒 生姜⑥.医と食:6.1.38-41,2014.  医と食:  6 (2) :92 -94 , 2014
6. 田中耕一郎:  漢方薬と身近な植物 日本の土壌と文化のルーツ 竜眼肉 荔枝(らいち)⑦..  医と食:6.3.92-94,2014  6 (3) :92 -94 , 2014
7. 田中耕一郎:  小児熱中症に対する石膏の効果.  漢方と最新治療  23 (2) :109 -113 , 2014
8. 田中耕一郎, 三浦於菟:  植物分類学より見た生薬についての考察⑭-aショウガ科..  漢方の臨床  61 (5) :839 -844 , 2014
9. 田中耕一郎;:  現代医学、東洋医学にみるシャーマニズム..  漢方の臨床  61 (8) :1249 -1258 , 2014
10. 田中耕一郎:  アイヌ民族の生薬と東洋医学(1)トリカブト.62.2:343-352,2015.  漢方の臨床  62 (2) :343 -352 , 2015
11. 田中耕一郎:  アイヌ民族の生薬と東洋医学(2)アイヌの補剤.62.3:542-547,2015.  漢方の臨床  62 (3) :542 -547 , 2015
12. 塚原美穂子、田中耕一郎、 橋口玲子、 橋口亮、 三浦於菟:  抑肝散加陳皮半夏の昨今(Ⅲ)..  漢方研究  6 :16 -25 , 2014
13. 塚原美穂子、田中耕一郎、 橋口玲子、 橋口亮、 三浦於菟:  抑肝散加陳皮半夏の昨今(Ⅳ).  漢方研究  7 :14 -20 , 2014
14. 塚原美穂子、田中耕一郎、 橋口玲子、 橋口亮、 三浦於菟:  抑肝散加陳皮半夏の昨今(Ⅰ)..  漢方研究:12-17,2014.4  :12 -17 , 2014
15. 塚原美穂子、田中耕一郎、 橋口玲子、 橋口亮、 三浦於菟:  抑肝散加陳皮半夏の昨今(Ⅱ)..  漢方研究:9-19,2014.5  :9 -19 , 2014
16. 奈良和彦,田中耕一郎,三浦 於菟:  産婦人科における漢方の理論と実践 冷え症に対する漢方.  産科と婦人科  81 (11) :1309 -1313 , 2014
17. 田中耕一郎, 三浦於菟:  生薬探しの叡智とその探求 XII 風土と植物と人間の体質..  伝統と医療  20 (3) :24 -28 , 2014
18. 田中耕一郎, 三浦於菟:  生薬探しの叡智とその探求Ⅺ 香辛料..  伝統と医療20.2:28-32,2014  20 (2) :28 -32 , 2014
19. Koichiro Tanaka:  Herbal Pleiotropy-The Scientific Investigation May Advance Medicine, 6, 7, 2014,.  International Journal of Pharmacy and Pharmaceutical Science  6 (7) :1 -4 , 2014
症例報告
1. 田中耕一郎, 三浦於菟:  植物分類学より見た生薬についての考察⑭-bショウガ科..  漢方の臨床  61 (6) :1002 -1015 , 2014
2. 田中耕一郎:  「怪病有痰」の治療経験.  中医臨床  36 (1) :40 -41 , 2015
■ 学会発表
国内学会
1. 松岡 尚則、田中耕一郎、並木隆雄: 医師国家試験における東洋医学・医史学と一般教養的知識.  日本医史学会関西支部会,  大阪,  2014/11
2. 田中耕一郎: リウマチの漢方臨床 肝鬱気滞への配慮等.  第4回日本中医学会学術総会,  東京,  2014/09
3. 西村 鉄也, 田中 耕一郎, 奈良 和彦, 芹澤 敬子, 河野 吉成, 板倉 英俊, 吉田 和裕, 入江 祥史, 橋口 亮, 松岡 尚則, 三浦 於菟: 機能性頭痛の母子に荊芥連翹湯を用いて奏功した症例.  第65回日本東洋医学会総会,  東京,  2014/07
4. 松岡 尚則, 別府 正志, 山口 秀敏, 田中 耕一郎, 板倉 英俊, 奈良 和彦, 芹澤 敬子, 植松 海雲, 河野 吉成, 頼 建守, 中田 英之, 秋葉 哲生, 三浦 於菟, 岡田 研吉, 牧角 和宏: 奥田光景の医療とその立脚点.  第65回日本東洋医学会総会,  東京,  2014/07
5. 奈良 和彦, 田中 耕一郎, 西村 鉄也, 芹澤 敬子, 吉田 和裕, 河野 吉成, 板倉 英俊, 塚田 心平, 桑名 一央, 三浦 於菟: きゅう帰調血飲および桂枝茯苓丸によって改善した下肢無力感の一例.  第65回日本東洋医学会総会,  東京,  2014/07
6. 松岡尚則、別府正志、田中耕一郎、山口秀敏、頼建守、中田英之、安倍郁子、並木隆雄、秋葉哲生、牧角和宏: 原南陽の医療とその立脚点.  第115回医史学会総会・学術大会,,  福岡,  2014/05
国際学会
1. Koichiro Tanaka, Kazuhiko Nara, Tetsuya Nishimura, Keiko Serizawa, Yoshinari Kono, Kodai Fujii , Hidetoshi Itakura, Takanori Matsuoka, Kazuhiro Yoshida, Shimpei Tsukada, Kazuo Kuwana, Makoto Hashiguchi, Oto Miura: Effective treatment of urticaria for a woman after abortion without anti-itching herbs.  17th international congress of oriental medicine,  Taiwan, Taipei,  2014/11
2. Koichiro Tanaka,Hiroshi,Uchino,Yoshifumi Irie,Kazuhiko Nara,Tetsuya,Nishimura,Keiko Serizawa,Takahisa Hirose,Yoshihisa Urita: The Japanese Herbal medicine Boiogito (Fang-Yi-Huang-Qi-Tang) Decelerates Postprandial Oxidation of Ingested Glucose in Women, 17th international congress of oriental medicine, Taipei, 2014.11.1-3.  17th international congress of oriental medicine,  Taipei, Taiwan,  2014/11
3. Tsukasa Fueki, Takanori MATSUOKA, Toshiaki MAKINO, Takao NAMIKI, Masashi BEPPU, Hidetoshi YAMAGUCHI, Hideyuki NAKATA, Kenshu RAI, Keisuke HAGIHARA, Koichiro TANAKA, Kazuhiko NAGASAKA, Takao SUNAGA, I-JUNG LEE, Kenkichi OKADA, Yusen IWAI, Kazuhiro MAKIZUMI:: The Weights in Ben Cao Jing Ji Zhu and the Volume of a Fang Cun Bi (one cun square spoon):Weights and Measures in the Period when Shan Han Lun was Written.  17th international congress of oriental medicine,  Taipei, Taiwan,  2014/11
4. Tanaka K: The developmental integration between phytotherapy and Oriental Medicine.  The 8th international conference on Natural Product for health and beauty,  Phuket, Thailand,  2014/05
  :Corresponding Author
  :本学研究者