東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2015年度 | 2016年度 | 2017年度
 医学部 医学科 病院病理学講座(佐倉)
 Department of Surgical Pathology (Sakura)

准教授:
  蛭田 啓之
講師:
  徳山 宣
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















蛭田 啓之   准教授
  1  3          2
(1)
 5
(2)
 
 
 
 
徳山 宣   講師
              
 4
(1)
 
 
 
 
笹井 大督   助教
              
 3
(1)
 
 
 
 
 0 0  0 0  0  2
(1)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. 清水直美, 吉田 正, 松澤康雄, 渡邉康弘, 蛭田啓之, 中世古知昭, 龍野一郎:  der(1;7)(q10;p10)を含む複雑染色体核型を呈した骨盤異形症候群併存下での肺神経内分泌大細胞癌治療の経験.  臨床病理  65 (4) :406 -412 , 2017
2. Hashimoto1 R, Jiang M, Shiba T, Hiruta N, Takahashi M, Higashi M, Hori Y, Bujo H, Maeno T:  Soluble form of LR11 is highly increased in the vitreous fluids of patients with idiopathic epiretinal membrane.  Graefes Arch Clin Exp Ophthalmol.  255 (5) :885 -891 , 2017
3. Kobayashi T, Nakagawa O, Shirai S, Shimoyama E, Hiruta N, Uchida Y:  Fluoresent angioscopic imaging of calcium phosphate tibasic:precursor of hydroxyapatite,the major calcium deposit in human coronary plaques.  Int J Cardiovasc Imaging  :DOI 10.1007 -/s10554-017-1142-y , 2017
その他
1. Ota Y, Ishikawa F, Sato T, Hiruta N, Kitamura M, Ikemiyagi Y, Bujo H, Fujiwara M, Suzuki M:  A case of refractory chronic rhinosinusitis with anti-desmoglein 3 IgG4 autoantibody.  Allergology International  66 :1 -3 , 2017
■ 学会発表
国内学会
1. ◎蛭田啓之, 稲岡 努, 笹井大督, 徳山 宣, 粕谷秀輔, 寺田一志, 岩佐亮太, 土谷一晃: 診断に苦慮した多発性骨髄腫の1例.  第50回日本整形外科学会 骨・軟部腫瘍学術集会,  東京,  2017/07
2. ◎佐々木泉、高島明子、石田洋昭、長岡理大、安達知弘、横川桂、竹下直樹、木下俊彦、笹井大督、蛭田啓之: 傍卵巣嚢腫による卵管捻転の1例.  第133回関東連合産科婦人科学会総会・学術集会,  東京,  2017/06
3. ◎蛭田啓之, 野島孝之, 廣瀬隆則, 長谷川匡, 山口岳彦, 小田義直, 久岡正典, 石川雄一, 阿江啓介: 悪性骨・軟部腫瘍の組織学的治療効果判定.  第106回日本病理学会総会,  東京,  2017/04
4. ◎橋本りゅう也, 武城英明, 柴友明, 蛭田啓之, 高橋真生, 堀裕一, 前野貴俊: 特発性黄斑前膜において増加する硝子体可溶型LR11の病的意義の検討.  第121回日本眼科学会総会,  東京,  2017/04
5. ◎蛭田啓之, 稲岡 努, 岩佐亮太, 笹井大督, 徳山 宣, 粕谷秀輔, 寺田一志: 診断に難渋した多発性骨腫瘍の1例.  第45回日本病理学会関東支部千葉地区集会,  千葉,  2017/04
  :Corresponding Author
  :本学研究者