東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2015年度 | 2016年度 | 2017年度
 医学部 医学科 放射線医学講座(大橋)
 Department of Radiology (Ohashi)

教授:
  五味 達哉
臨床教授:
  関口 隆三
講師:
  長基 雅司
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















五味 達哉   教授
 1 2  2     1     
 4
 
 3
 1
(1)
 
関口 隆三   臨床教授
 1             3
 1
 
 3
 
 
長基 雅司   講師
  1  1          
 1
 
 3
 
 
江戸 博美   助教
 1 1  2          
 1
 2
 1
 
 
杉山 三紀   助教
              
 
 
 
 
 
角尾 美果   助教
              
 
 
 1
 
 
長谷川 誠   助教
 1 1 1     1      
 1
 
 1
 
 
村田 望   助教
    1          
 1
 
 2
 
 
 4 1  0 1  0  3
(0)
 2
(0)
 1
(1)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Hasegawa M , Sugiyama M, Murata N, Nagamoto M, Gomi T:  FLAIR in Gd-EOB-DTPA Enhanced MRI: Does It Make a Difference?.  Open Journal of Radiology  7 :130 -142 , 2017
2. Akio Horiguchi, Hiromi Edo, Shigeyoshi Soga, Masayuki Shinchi, Ayako Masunaga, Keiichi Ito, Tomohiko Asano, Hiroshi Shinmoto, Ryuichi Azuma:  Pubourethral Stump Angle Measured on Preoperative Magnetic Resonance Imaging Predicts Urethroplasty Type for Pelvic Fracture Urethral Injury Repair.  Urology  2017 Nov 20. pii: S0090-4295(17)31199-8. doi: 10.1016/j.urology.2017.09.038. :Epub ahead of print -Epub ahead of print , 2017
総説及び解説
1. 関口隆三、長基雅司、藤崎 純:  カラードプラとパワードプラの使用法のコツ.  超音波医学  44 (3) :229 -233 , 2017
2. 江戸博美, 長谷川誠, 五味達哉:  肝病変(主に腫瘤性病変)
造影パターン.  臨床画像  33 (10) :98 -109 , 2017
3. 長谷川 誠 ,江戸博美,五味達哉:  腹部・骨盤部 肝病変(主に腫瘤性病変) 造影パターン.  臨床画像  33 :84 -97 , 2017
症例報告
1. Akiko Kajiyama, Hiromi Edo, Chiaki Takeya, Kaneyuki Kubushiro, Toshiaki Oharaseki, Tatsuya Gomi:  Spontaneously Ruptured Paraovarian Tumor of Borderline Malignancy with Extremely Elevated Serum Carbohydrate Antigen 125 (CA125) Levels: A Comparison of the Imaging and Pathological Features.  American Journal of Case Reports  18 :919 -925 , 2017
その他
1. 五味達哉:  副腎腫瘍の画像診断.  間脳・下垂体・副腎系研究会記録集  28 :34 -36 , 2017
■ 著書
1. Hasegawa M, Gomi T:  Radiological contrast agents.  Side effects of drugs  483-489.  Elsevier,  Amsterdam, Netherlands, 2017
■ 学会発表
国内学会
1. ◎林盛人, 岩間淳哉, 藤田聡, 石井匡, 平元侑, 平井希, 齋藤紀彦, 中山晴雄, 櫻井貴敏, 伊藤圭介, 青木和哉, 服部尚史, 八木高伸, 岩渕聡: 頚動脈プラーク内出血の発生における数値流体力学(CFD).  日本脳神経外科学会第76回学術総会,  名古屋,  2017/10
2. ◎服部尚史,中野晃枝,杉江秀信,稲田峰輝,東海芽生,五味達哉: ガドキセト酸ナトリウムの後押し生理食塩水の注入条件の検討.  第33回日本診療放射線技師学術大会,  函館,  2017/09
3. ◎東海芽生,中野晃枝,服部尚史,五味達哉: マルチエコー型GREを用いたT2*mapの撮像条件の検討.  第33回日本診療放射線技師学術大会,  函館,  2017/09
4. ◎服部尚史,中野晃枝,杉江秀信,稲田峰木,東海芽衣,長谷川誠,江戸博美,村田 望,長基雅司,五味達哉: 残留造影剤量の観点から検討したガドキセト酸ナトリウム造影における後押し生理食塩水の注入方法.  第45回日本磁気共鳴医学会大会,  宇都宮,  2017/09
5. ◎関口隆三: 胆のう、見逃してはいけない所見.  第56回日本消化器がん検診学会総会,  Tsukuba, Ibaraki, Japan,  2017/06
6. ◎関口隆三、神田泰一、板垣信生: 超音波検診における膵の描出程度に影響する因子の検討.  第56回日本消化器がん検診学会総会,  Tsukuba, Ibaraki, Japan,  2017/06
7. ◎神田泰一、板垣信生、関口隆三: 当センターにおける現場対応-超音波-.  第56回日本消化器がん検診学会総会,  Tsukuba, Ibaraki, Japan,  2017/06
8. ◎関口隆三: 健診領域の実績審査レポートに望むこと.  日本超音波医学会 第90回学術集会,  宇都宮、栃木,  2017/05
9. ◎服部尚史,中野晃枝,杉江秀信,稲田峰輝,五味達哉: EOB の生理食塩液の後押しに関わる研究.  第22回 TCEL MR meeting,  東京,  2017/05
国際学会
1. ◎Edo Hiromi, Gomi Tatsuya, Kajiyama Akiko, Murata Nozomi, Nagamoto masashi, Sekiguchi Ryuzo: The utility of the liver T2-star (T2*) value for the evaluation of hepatic cirrhosis.  European Congress of Radiology 2018,  Vienna, Austria,  2018/02
2. ◎Edo Hiromi, Sekiguchi Ryuzo, Kajiyama Akiko, Murata Nozomu, Nagamoto Masashi, Gomi Tatsuya: Confluence patterns of bile ducts from the caudate lobe and variations in the right and left hepatic ducts: an analysis using multi-detector row computed tomography cholangiography.  European Congress of Radiology 2018,  Vienna, Austriaenna, Austriae,  2018/02
3. ◎Kajiyama A , Gomi T , Yamasaki Y , Edo H , Tsunoo M , Hasegawa M , Nagamoto M , Sekiguchi R , Sekido N , Takahashi K: Misdiagnosed cases of small (<4cm) renal solid tumors without macroscopic fat; review of the CT imaging.  The 6th Asian conress of abdominal radiology,  Busan, Korea,  2017/04
その他
1. ◎五味達哉: 放射線科医による CT・MRI における読影のポイント.  MRI・CT フォーラム,  東京,  2018/03
  :Corresponding Author
  :本学研究者