東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2015年度 | 2016年度 | 2017年度
 医学部 医学科 産科婦人科学講座(佐倉)
 Department of Obstetrics and Gynecology (Sakura)

教授:
  木下 俊彦
准教授:
  竹下 直樹
講師:
  高島 明子
助教;
  石田洋昭
  萬来めぐみ
■ 概要
東邦大学医療センター佐倉産婦人科
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















木下 俊彦   教授
    2          1
(1)
 8
(6)
 
 4
 
 1
(1)
竹下 直樹   准教授
   1 1          
 10
(7)
 1
 3
 
 1
(1)
高島 明子   講師
   1 1          3
(2)
 7
(5)
 1
 2
 
 1
(1)
石田 洋昭   助教
    1          1
(1)
 6
(4)
 
 1
 
 1
(1)
萬来 めぐみ   助教
    2          2
(2)
 7
(6)
 
 1
 
 1
(1)
 0 2  0 0  0  7
(6)
 2
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Akiko Takashima, Naoki Takeshita, Toshihiko Kinoshita:  Pregnancy outcomes after assisted reproductive procedures with embryos that had been derived from affected and unaffected ovaries among women with unilateral endometriomas.  Reproductive Medicine and Biology  16 :152 -156 , 2017
症例報告
1. Naoki Takeshita, Akiko Takashima、Hiroaki Ishida, Megumi Manrai, Toshihiko Kinoshita:  Pyoderma gangrenosum in a pregnant patient: A case report and literature review.  The Journal of Obstetrics and Gynaecology Research  43 :775 -778 , 2017
■ 学会発表
国内学会
1. ◎安達知弘, 石田洋昭, 田杭千穂, 長岡理大, 船登 泉, 横川 桂, 萬来めぐみ, 高島明子, 竹下直樹, 木下俊彦, 蛭田啓之, 徳山 宣: 妊娠後期に卵巣境界悪性腫瘍を発症した一例.  第134回関東連合産婦人科学会総会・学術集会,  栃木,  2017/12
2. 〇横川桂、竹下直樹、安達知弘、船登泉,萬来めぐみ,長岡理大,田杭千穂,石田洋昭、高島明子、木下俊彦: 塩酸リトドリンの長期使用後の帝王切開術後に肺水腫を発症しICU 管理となった1 例.  第11回日本早産学会,  東京,  2017/10
3. ◎木下俊彦、本間誠次郎、石田洋昭、高島明子、竹下直樹: 脂肪組織での性ステロイドホルモン.  第8回テストステロン研究会,  東京,  2017/10
4. ◎高島明子、大高究、内出一郎、安達知弘、船登泉,横川桂,萬来めぐみ,石田洋昭、竹下直樹,木下俊彦: 腹腔鏡下子宮内膜症性嚢胞摘出術後の再発予防の検討
―LEPを術後の予防投薬期間1年とした場合、長期的に再発率低下に有効であるかー.  第57回日本産科婦人科内視鏡学会学術講演会,  岡山,  2017/09
5. ◎横川桂,高島明子,竹下直樹,長岡理大,安達知弘,佐々木泉,萬来めぐみ,瓜田麻由美,木下俊彦: 塩酸リトドリン点滴を長期使用し緊急帝王切開術後肺水腫の診断でICU管理となった一例.  第53回日本周産期・新生児医学会学術集会,  横浜,  2017/07
6. ◎石田洋昭、長岡理大,高島明子,安達知弘,佐々木泉,横川桂,萬来めぐみ,竹下直樹,徳山宣,蛭田啓之,木下俊彦: 子宮内膜症性嚢胞に対してジェノゲスト投与中に卵巣明細胞癌を発症した一例.  第59回日本婦人科腫瘍学会学術講演会,  熊本,  2017/07
7. ◎佐々木泉、高島明子、石田洋昭、長岡理大、安達知弘、横川桂、竹下直樹、木下俊彦、笹井大督、蛭田啓之: 傍卵巣嚢腫による卵管捻転の1例.  第133回関東連合産科婦人科学会総会・学術集会,  東京,  2017/06
8. 高島明子: 子宮と卵巣の良性腫瘍に対する温存療法.  君津木更津産婦人科医会学術講演会,  千葉県木更津市,  2017/05
9. ◎長岡理大、高島明子、石田洋昭、安達知弘、佐々木泉、横川桂、瓜田麻由美、横山安哉美、竹下直樹、木下俊彦: 卵子提供によるIVF-ET後妊娠11週で瘢痕性子宮破裂を発症した1例、日本産科婦人科学会第69回学術講演会,広島,2017.4.  日本産科婦人科学会第69回学術講演会,  広島,  2017/04
10. Akiko Takashima, Naoki Takeshita, Mayumi Urita, Tomohiro Adachi, Izumi Sasaki, Kei Yokokawa, Ayami Yokoyama and Toshihiko Kinoshita.: Comparison of the effectiveness of clomiphene citrate versus letrozole for mild IVF in poor respoders.  第69回日本産科婦人科学会,  広島,  2017/04
国際学会
1. ◎Akiko Takashima, Naoki Takeshita, Toshihiko Kinoshita: Pregnancy outcomes after assisted reproductive procedures of embryos derived from affected and unaffected ovaries among women with small unilateral endometriomas.  73rd ASRM Scientific Congress& Expo,  San Antonio, Texas,  2017/10
2. ◉Akiko Takashima, Naoki Takeshita, Toshihiko Kinoshita: pregnancy outcome after assisted reproductive procedures of embryos derived from affected and unaffected ovaries among women with small unilateral endometriomas.  71th Annual Meeting American Society for Reproductive medicine 71th Annual Meeting,  Oakland、USA,  2017/10
3. ○Akiko Takashima, Kiwamu Otaka, Naoki Takeshita, Toshihiko Kinoshita
Department of Obstetrics and Gynecology, Toho University Medical center Sakura Hospital: Long-term prognosis of treatment with 1 year cyclic low-dose monophasic oral contraceptive after laparoscopic ovarian endometrial cyst excision surgery.  18th APAGE Annual Congress,  岡山,  2017/09
4. ◎Naoki Takeshita, Izumi Funato, Akiko Takashima, Masahiro Nagaoka, Chiho Tagui, Megumi Manrai, Hiroaki Ishida , Ayami Yokokawa, Tomohiro Adachi, Kei Yokokawa, and Toshihiko Kinoshita: A case of Placental Mesenchymal Dysplasia. 21st International Conference on Prenatal Diagnosis and Therapy.  21st International Conference on Prenatal Diagnosis and Therapy,  San Diego USA,  2017/07
その他
1. ◎安達知弘、石田洋昭、高島明子、船登泉、横川桂,萬来めぐみ,長岡理大,田杭千穂,竹下直樹,木下俊彦: 卵巣癌術後の妊娠経過中に境界悪性腫瘍を発症した一例.  第21回日医・東邦・印旛市郡産婦人科臨床研究会,  千葉,  2017/06
  :Corresponding Author
  :本学研究者