東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2015年度 | 2016年度 | 2017年度
 医学部 医学科 形成外科学講座(大森・大橋・佐倉)
 Department of Plastic and Reconstructive Surgery (Omori,Ohashi,Sakura)

教授:
  大西 清
  林 明照
臨床教授:
  井上 健夫
准教授:
  岡田 恵美
講師:
  荻野 晶弘
■ 概要
概要
QOLを重視する形成外科の取り扱う分野は多岐にわたり、研究対象も年々拡大している。Journal Citation Reportsの Impact Factor による刊行論文業績評価を、当該年度の教室自己点検、自己評価および今後の教室発展の指針のひとつとしている。
皮弁移植
新しい皮弁の開発や新たな応用を常に追求している。基礎的には、皮弁血管解剖、超音波ドプラ検査による血行動態の解析など、皮弁による修復法を血行概念別に整理してきた。臨床的には、四肢、体幹、頭頚部など部位別、応用別特殊性を加味した各種皮弁を開発・応用している。また低侵襲手術の概念を提唱し、主要血管を温存した皮弁や移植法の開発、必要構成成分のみの組織移動法の開発、Unit原理の皮弁外科への応用など、質の高い再建を行っている。
マイクロサ-ジャリ-
遊離皮弁移植による各種悪性腫瘍切除後再建、切断肢(指)再接着手術などを行うなかで、新しい再建法の開発、手技の工夫を行っている。超音波カラードプラを用いた皮弁栄養血管の評価、さらに内視鏡を導入した血行モニタリングや、2次元・3次元顕微鏡下でのマイクロサ-ジャリ-などの臨床応用への基礎的検討を重ねている。
頭蓋顎顔面外科
先天異常、悪性腫瘍切除後・外傷後変形、頭蓋底再建手術などに対し、ナビゲーションシステム導入による硬組織再建を行い、成績の向上をはかっている。自家骨犠牲を軽減すべく、血管柄付骨膜弁・人工骨を用いた新しい再建法を開発し、臨床応用もふまえた基礎的研究を重ねている。陳旧性顔面神経麻痺に対し、新たな開発により笑いの一期的再建を行い、治療成績の向上をはかり、神経再支配に関しても基礎的研究を行っている。眼瞼下垂症では、術後の肩こり等の身体症状改善に着目し、定量評価を行っている。顔面の再建では、機能・整容の両面を考慮したsubunit, miniunitを提唱、具現化している。解剖学的知見に加え、コンピュータ解析、3次元実体モデルなどを駆使して形態の再現やシミュレ-ション評価を行い、機能面のみならず整容面での改善にも取り組んでいる。
低侵襲手術
第1回形成外科内視鏡手術研究会を発足、主催し、Less invasive surgery の概念のもと、全国に先駆け形成外科に鏡視下手術を導入した。低侵襲皮膚・皮下手術、血管内手術に努めている。
先天異常
唇顎口蓋裂、手足の異常をはじめとする各種先天異常に対し、関連各科との協力体制のもとにチーム医療にあたり、実績を伸ばしている。その病因論的研究はもとより、unit理論を応用した新しい手術法の開発と患者生涯にわたる総合的治療を目指している。
境界領域
漏斗胸、髄膜瘤、胸骨縦隔炎、各種悪性腫瘍切除後欠損等に対し、根治性と低侵襲のバランスを兼ね備えたより良い再建法を常に模索し、それらの長期フォローも多角的に行っている。また、関連学会等を通してチームアプローチの重要性に言及しその普及に努めている。近年、高齢化や生活習慣の変化により褥瘡、難治性潰瘍や下肢虚血症例が増加し、その治療が注目されている。当教室においても、フットケア外来の開設、チーム医療による下肢救済や、多血小板血漿療法の臨床応用および基礎的研究による集学的治療に取り組んでいる。
Tissue expansion
本邦で初めてTissue expander法を行った当科では、これまでの基礎研究、豊富な臨床デ-タの分析からmultiple expansionやsubacute/rapid tissue expansion法などを開発し、さらに安定した結果を得ている。
ケロイド・肥厚性瘢痕
ケロイド、肥厚性瘢痕の予防および治療はもとより、アポト-シス、マトリックス分解酵素発現性などにつき、免疫組織学的検討解析を介し、病態究明に関する研究を病院病理・病理学講座、医学研究科先端医科学研究センターと共同で行っている。分子レベルでの解明により、瘢痕組織の増殖拡大を人為的に制御する基礎的実験系の確立、さらにはその臨床応用が期待され、今後の発展が望まれる。
レーザー治療
Q-swアレキサンドライトレーザー、Q-swルビーレーザーなどによる皮膚良性色素性疾患(太田母斑、外傷性色素沈着、扁平母斑など),Vbeam色素レーザーによる血管病変(単純性血管種、苺状血管種、毛細血管拡張症など)の治療とその臨床検討を行っている。
再生医学
骨膜弁とハイドロキシアパタイトによるcustom-madeハイブリット型人工骨の開発・臨床応用・基礎的研究を行っている。今後長期的な組織学的検討、新生骨の三次元的解析、強度の評価、骨新生に関する免疫組織学的・分子生物学的検討、遺伝子レベルでの解明、蛍光抗体法や、抗STRO-1抗体を用いた骨膜由来骨細胞の検出、証明などについての検討も念頭に開発を進めていく予定である。
美容形成外科
顔面のanti-aging、しわ、しみ、たるみ、眼瞼下垂などに対する評価と美容外科形成術を行っている。高齢化社会を控え、QOLの向上を目指すレーザー治療や、ケミカルピーリング、軟膏等による形成手技的anti-agingのみでなく、ロングパルスアレキサンドライトレ-ザ-(GentleLASE)による医療用脱毛も、年々需要が高まっている。
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















大西 清   教授
 1 8  5  4 1       
 26
(2)
 
 3
(1)
 
 
林 明照   教授
  3     1       4
(2)
 11
 1
(1)
 
 1
 
井上 健夫   臨床教授
              
 
 
 
 
 
岡田 恵美   准教授
 2 2  1  1        
 16
(1)
 
 1
(1)
 
 
荻野 晶弘   講師
 4 2 3 1  3        7
(1)
 11
(1)
 
 1
(1)
 
 
岩倉 敬   助教
              
 
 
 
 
 
王子 富登   助教
              
 
 
 
 
 
中道 美保   助教
 1 2  3          1
 15
(2)
 
 1
 1
(1)
 
縄田 麻友   助教
              
 
 
 
 
 
平田 晶子   助教
              
 
 
 
 
 
 8 3  8 0  0  12
(3)
 1
(1)
 2
(1)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. 大西 清:  形成外科珠玉のオペ -背側中手皮弁による手部再建-.  形成外科  60 (増刊) :S179 -S185 , 2017
2. 岡田恵美、大西 清:  形成外科珠玉のオペ -外鼻のユニット再建-.  形成外科  60 (増刊) :S86 -S93 , 2017
3. 岡田恵美、大西 清:  【特集】 顔面の代表的局所皮弁-ポイントと作成のコツ- Paramedian forehead flap.  形成外科  61 (2) :1 -10 , 2018
4. 荻野晶弘, 大西 清, 林 明照:  【特集 :奥義を語る『指尖部再建』】Step V-Y前進皮弁による指尖・指腹部の再建.  創傷  8 (2) :43 -48 , 2017
5. 荻野晶弘、大西 清、中道美保、岡根谷哲哉、関口昌之、中村卓司:  人工膝関節置換術後感染創に対する腓腹筋弁(内側頭)移行術.  創傷  8 (3) :91 -96 , 2017
6. 荻野晶弘、大西 清、岡根谷哲哉、中道美保、岡田恵美:  磁場式ナビゲーションシステムを用いた鼻骨骨折整復評価の試み.  日本シミュレーション外科学会会誌  24 (2) :51 -56 , 2017
7. 今泉りさ、大西 清、岡田恵美、荻野晶弘、根本匡章、林 明照:  実体モデルによる術前シミュレーションを行った舟状頭蓋の治療経験.  日本シミュレーション外科学会会誌  24 (3.4) :11 -14 , 2017
8. 中道美保、大西 清:  外鼻欠損にエピテーゼを適用した1例.  日本頭蓋顎顔面外科学会誌  33 (2) :57 -61 , 2017
9. 荻野晶弘、大西 清、岡根谷哲哉、林 明照、一林 亮:  骨露出を伴う肩部熱傷の治療経験.  熱傷  43 (3) :134 -137 , 2017
10. Bandoh T, Shiraishi N, Yamashita Y, Terachi T, Hashizume M, Akira S, Morikawa T, Kitagawa Y, Yanaga K, Endo S, Onishi K, Takiguchi S, Tamaki Y, Hasegawa T, Mimata H, Tabata M, Yozu R, Inomata M, Matsumoto S, Kitano S, Watanabe M.:  Endoscopic surgery in Japan: The 12th national survey(2012-2013) by the Japan Society for Endoscopic Surgery.  Asian Journal of Endoscopic Surgery  10 (4) :345 -353 , 2017
11. Ogino A、Okaneya T、Onishi K:  Reconstruction of abdominal wall defects using extended trilobed rectus abdominis musculocutaneous flap.  Europian Journal of Plastic Surgery  :1 -4 , 2018
12. Ogino A, Onishi K, Nakamichi M, Okaneya T:  Navigation-assisted nasal bone osteotomy for malunited fracture.  Journal of Craniofacial Surgery  29 (1) :156 -158 , 2018
13. Ogino A, Onishi K, Okada E, Nakamichi M:  Medial canthal reconstruction with multiple local flaps.  Journal of plastic reconstructive aesthetic surgery open acces  :JPRA 138 , 2017
症例報告
1. 長嶋康雄, 船橋公彦, 荻野晶弘, 根本哲生, 佐藤行彦:  拡大腹直筋皮弁と大腿筋膜を用いて腹壁再建した腹壁浸潤上行結腸癌の1例.  臨床外科  73 (1) :109 -113 , 2018
2. Okaneya T, Ogino A, Nakamichi M, Onishi K:  Cauliflower-Like Shaped Osteoma.  Journal of Craniofacial Surgery  28 (5) :e447 -e449 , 2017
■ 著書
1. 大西 清、岡田恵美:  第5章 皮弁:軸走型皮弁・筋膜皮弁 2.前額皮弁.  形成外科治療手技全書 Ⅱ 形成外科の基本手技2 第1版  134-139.  克誠堂出版,  東京, 2017
2. 林 明照:  第5章 皮弁:軸走型皮弁・筋膜皮弁 7.膝周辺に作成される皮弁.  形成外科治療手技全書 Ⅱ 形成外科の基本手技2 第1版  162-166.  克誠堂出版,  東京, 2017
3. 大西 清、荻野晶弘:  第5章 皮弁:軸走型皮弁・筋膜皮弁 4.大腿筋膜張筋皮弁.  形成外科治療手技全書 Ⅱ 形成外科の基本手技2 第1版  207-210.  克誠堂出版,  東京, 2017
4. 荻野晶弘、大西 清:  3.手背.  局所皮弁 第2巻 上肢・手指  56-73.  克誠堂出版,  東京, 日本, 2017
5. 大西 清、荻野晶弘:  2.手の外傷―診断と初期治療 2)深部組織まで及ぶ場合の初期対応.  外科系医師が知っておくべき創傷治療のすべて  101-105.  南江堂,  東京, 日本, 2017
6. 大西 清:  Ⅲ植皮術 C.皮弁.  TEXT形成外科学 改訂3版  85-95.  南山堂,  東京, 2017
■ 学会発表
国内学会
1. ◎荻野晶弘, 大西 清, 岡田恵美, 中道美保, 岡根谷哲哉: 耳下腺被膜を用いたFry症候群の予防.  第23回日本形成外科手術手技学会,  兵庫,  2018/02
2. ◎縄田麻友、平田晶子、望月聖太、大西 清、佐瀬道郎: Nasolabial Rotation Flapによる上口唇外側部再建の経験.  第23回日本形成外科手術手技学会,  兵庫,  2018/02
3. ◎平田晶子、林 明照、王子富登、石井龍之、岡田恵美、大西 清: 島状側頭筋移行術と眼窩外側前頭骨膜弁による下眼瞼挙上.  第23回日本形成外科手術手技学会,  兵庫,  2018/02
4. ◎荻野晶弘、大西 清、中道美保、岡根谷哲哉、林 明照: 汎用超音波画像診断装置(Venue40)による遊離皮弁移植後の血流評価.  第44回日本マイクロサージャリー学会学術集会,  宮崎,  2017/12
5. ◎林 明照、王子富登、荻野晶弘、大西 清: 顔面神経麻痺再建術後の笑いの経時的変化から見る脳の可塑性に関する検討(シンポジウム1 神経再建術後に脳の可塑性はあるか?).  第44回日本マイクロサージャリー学会学術集会,  宮崎,  2017/12
6. ◎平田晶子、望月聖太、縄田麻友、井上健夫、大西 清、新山史朗、大原関利章: 大陰唇に生じた無色素性基底細胞癌の1例.  関東形成外科学会第289回地方会,  東京,  2017/12
7. ◎岩倉 敬、佐瀬道郎、武田 慶、望月聖太: 顔面骨手術におけるハイブリッド手術室の使用経験.  第13回福島県形成外科研究会,  福島,  2017/12
8. ◎岡根谷哲哉 中道美保 藤澤千恵 木村裕美 青木茂久 武田慶 荻野晶弘 岡田恵美 三上哲夫 大西清 赤坂喜清: 創傷治癒における肉芽組織細胞による管腔様構造の形成とbFGFの関与.  第47回日本創傷治癒学会,  京都 日本,  2017/11
9. ◎赤坂喜清 藤澤千恵 中道美保 岡根谷哲哉 深澤由里 大西清 三上哲夫: 創傷治癒の瘢痕線維化を制御するmicroRNAの探索と機能解析.  第47回日本創傷治癒学会,  京都 日本,  2017/11
10. ◎中道美保 岡根谷哲哉 藤澤千恵 深澤由里 三上哲夫 河越尚幸 今井常彦 瓜田純久 大西清 赤坂喜清: ラット隆起性皮膚病変における骨髄間葉系前駆細胞(Fibrocyte)の発現変化と血管新生.  第47回日本創傷治癒学会,  京都 日本,  2017/11
11. ◎王子富登、林 明照、岡田恵美、大西 清: より良い挙筋前転術のための我々の戦略.  第35回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会,  福岡,  2017/11
12. ◎荻野晶弘、大西 清、岡田恵美、中道美保、岡根谷哲哉: ウルトラメッシュプレートRを用いた上顎全摘後の再建.  第35回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会,  福岡,  2017/11
13. ◎武田 慶、中道美保、荻野晶弘、岡田恵美、大西 清、望月聖太、定本聡太、若松 恵、渋谷和俊: 皮角型を呈した巨大ケラトアカントーマの1例.  第35回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会,  福岡,  2017/11
14. ◎林 明照、王子富登、荻野晶弘、大西 清: 顔面神経麻痺動的再建における筋移行術・筋肉移植術の選択アルゴリズム(シンポジウムⅠ顔面神経麻痺の治療アルゴリズム:ベストプラクティス).  第35回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会,  福岡,  2017/11
15. ◎石井龍之、王子富登、林 明照: 外傷性橈骨仮性動脈瘤の1例.  第23回千葉県形成外科研究会,  千葉,  2017/11
16. ◎荻野晶弘、大西 清、岡田恵美、中道美保、岡根谷哲哉、林 明照: 鼻骨骨折変形治癒に対するナビゲーションガイド下骨切り手術の経験.  第27回日本シミュレーション外科学会,  横浜,  2017/11
17. ◎岡根谷哲哉、中道美保、藤澤千恵、青木茂久、武田 慶、荻野晶弘、岡田恵美、三上哲夫、大西 清、赤坂喜清: 創傷治癒における修復細胞による血管新生とbFGFの関与.  第26回日本形成外科学会基礎学術集会,  大阪,  2017/10
18. ◎小野田稔久, 古賀みどり, 安藤智子, 清藤友里絵, 真坂瓦, 瓜田裕, 樋口哲也, 林明照: 褥瘡の深さと栄養状態の現状.  第19回日本褥瘡学会学術集会,  盛岡市,  2017/09
19. ◎中道美保、荻野晶弘、望月聖太、武田 慶。岡田恵美、大西 清: 毛巣洞手術に対する局所陰圧閉鎖療法の応用.  第9回日本創傷外科学会総会・学術集会,  岐阜,  2017/07
20. ◎山田佳緒里、林 明照、王子富登、大西 清: 浅外陰部動脈VY進展皮弁と殿溝VY 進展皮弁により恥骨外陰部欠損再建を行った1例.  第9回日本創傷外科学会総会・学術集会,  岐阜,  2017/07
21. ◎武田 慶、中道美保、荻野晶弘、岡根谷哲哉、岡田恵美、大西 清: 閉経後に発症した陰唇癒着症の1例.  関東形成外科学会第288回東京地方会,  東京,  2017/07
22. ◎王子富登、林 明照、荻野晶弘、岡田恵美、大西 清: メビウス症候群における笑いの再建~両側同時島状側頭筋移行術を中心に~.  第40回日本顔面神経学会,  埼玉,  2017/06
23. ◎岡根谷哲哉、林 明照、王子富登、中道美保、岡田恵美、大西 清: 笑いの再建の評価における鼻唇溝形態に関する検討.  第40回日本顔面神経学会,  埼玉,  2017/06
24. ◎荻野晶弘、大西 清、岡田恵美、中道美保、望月聖太、岡根谷哲哉: 骨露出を伴う肩部熱傷の治療経験.  第43回日本熱傷学会総会・学術集会,  東京,  2017/05
25. ◎林 明照、王子富登、中道美保、荻野晶弘、大西 清: 顔面神経麻痺再建術後の評価法 当科の取組・課題と今後の方向性(シンポ).  第60回日本形成外科学会総会・学術集会,  大阪,  2017/04
26. ◎林 明照: スコアリングによる新しい笑いの質的評価法 A New Evaluation Focusing on Smile Quality Employing Scoring(学術奨励賞受賞講演).  第60回日本形成外科学会総会・学術集会,  大阪,  2017/04
27. ◎王子富登、林 明照、山田佳緒里、岡田恵美、荻野晶弘、大西 清: 延長耳下腺切開による顔面に瘢痕を残さない島状側頭筋移行術.  第60回日本形成外科学会総会・学術集会,  大阪,  2017/04
28. ◎岡根谷哲哉、荻野晶弘、中道美保、岡田恵美、大西 清: フルニエ壊疽による会陰部欠損の再建.  第60回日本形成外科学会総会・学術集会,  大阪,  2017/04
29. ◎荻野晶弘、大西 清、岡田恵美、中道美保、望月聖太、岡根谷哲哉: 結腸癌腹壁浸潤欠損に対する拡大腹直筋三葉皮弁による再建.  第60回日本形成外科学会総会・学術集会,  大阪,  2017/04
30. ◎荻野晶弘、大西 清、平田晶子、林 明照: 「頭蓋顎顔面外科の最前線」ナビゲーションシステムを併用した顔面骨手術.  第60回日本形成外科学会総会・学術集会,  大阪,  2017/04
国際学会
1. ◎Akiteru Hayashi、Tomito Oji、Tatsuyuki Ishii、Emi Okada、Akihiro Ogino、Kiyoshi Onishi: Modified Lengthening Temporalis Myoplasty: An Anatomical Study and Clinical Apptications (PANEL).  13th International Facial Nerve Symposium,  Los Angels, USA,  2017/08
2. ◎Yoshikiyo Akasaka, Miho Nakamichi, Chie Fujisawa, Yuri Fukasawa, Naoko Honma, Kiyoshi Onishi, Tetuo Mikami: bFGF Enhances Vascular Formation through Induction of Angiogenic Properties of Fibrocytes
in Wounds.  The 106th Annual Meeting of the Japanese Society of Pathology,  Tokyo Japan,  2017/04
その他
1. ◎中道美保: Basic fibroblast growth factor induces angiogenic properties of fibrocytes to stimulate vascular formation during wound healing(平成29年度東邦医学会賞受賞記念講演).  第71回東邦医学会総会,  東京,  2017/11
2. ◎林 明照: フットケアと爪のケア -適応とピットフォール-.  第10回みんなの実践セミナー ~糖尿病とフットケア みんなで学べば怖くない~,  横浜,  2017/04
  :Corresponding Author
  :本学研究者