東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2015年度 | 2016年度 | 2017年度
 医学部 医学科 精神神経医学講座(大森・大橋)
 Department of Neuropsychiatry (Omori,Ohashi)

教授:
  水野 雅文
准教授:
  根本 隆洋
講師:
  辻野 尚久
■ 概要
医学部精神神経医学講座は本学医学部における精神医学の研究・教育・診療の中心として機能するべく、精神医学が対象とする生物・心理
・社会・倫理の各視点にバランスのとれた専門教育と研究の進展をめざしている。
本年度の構成は教授1、准教授1,講師1,助教8、ほか大学院生、シニアレジデント、レジデント、客員教授、客員講師数名であった。
診療は、本学医療センター大森病院メンタルヘルスセンター、大橋病院心の診療科を担当している。大森には精神科指定病床36床(閉鎖
18床、保護室2床)を、また急性期リハビリテーション施設としてイル ボスコを有する。

研究面では、臨床に根ざした成果を治療場面に還元できる研究をめざしている。予防精神医学、精神科リハビリテーション、社会精神医学
、児童思春期精神医学、産業精神医学、臨床精神薬理学、脳神経画像医学などが主たる領域である。
■ Keywords
精神医学, 統合失調症, 予防, イルボスコ
■ 教授・准教授・講師の公的役職
1.  水野雅文 :東京都地方精神保健福祉審議会委員, 東京都地方精神保健福祉審議会精神科地域医療部会長, 医道審議会医師分科会精神保健指定医資格審 査部会委員, NPO法人みなとネット 21副理事長, 全国精神障害者家族会新宿家族会顧問,東京都精神保健福祉協議会理事長  External Examiner, Li Ka Shing Faculty of Medicine, Department of Psychiatry, The University of Hong Kong、公益財団法人日本精神衛生会理事、公益財団法人日本学校保健会現代的な健康課題対応委員会委員、社会保険審査会医療専門研究会委員,
2.  根本隆洋 :社会保険診療報酬支払基金医科審査委員、NPO法人みなとネット21理事
■ 教授・准教授・講師の学会・研究会の役員
1.  水野雅文 :President, International Early Psychosis Association; Vice-President, The Asian Network for Early Psychosis; Honorary Fellow, World Association for Social Psychiatry, 日本精神保健・予防学会理事長, 一般社団法人日本社会精神医学会副理事長, 公益社団法人日本精神神経学会理事, 日本森田療法学会常任 理事, 副編集委員長,一般社団法人日本高次脳 機能障害学会評議員, 日本統合失調症学会評議員, 一般社団法人日本老年精神医学会評議員, 日本内観医学会理事, 日伊医学協会幹事長, Editorial Board Member: Bahavioural Neurology, Early Intervention in Psychiatry, Clinical Psychopharmacology and Neuroscience, Psychiatry and Clinical Neuroscience, International Psychiatry and Behavioral Neurosciences YEAR BOOK, East Asian Archives of Psychiatry,
2.  根本隆洋 :日本社会精神医学会評議員、日本精神科診断学会評議員
3.  辻野尚久 :日本神経精神薬理学会 評議員 日本総合病院精神医学会 評議員
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















水野 雅文   教授
    2          
 
 
 
 
 
根本 隆洋   准教授
    2          
 
 
 
 
 
辻野 尚久   講師
              
 
 
 
 
 
相川 さやか   助教
              
 
 
 
 
 
池田 竜   助教
              
 
 
 
 
 
片桐 直之   助教
    2          
 
 
 
 
 
蓮舎 寛子   助教
              
 
 
 
 
 
舩渡川 智之   助教
              
 
 
 
 
 
松本 裕史   助教
              
 
 
 
 
 
山口 大樹   助教
    2          
 
 
 
 
 
 0 0  0 0  0  0
(0)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Sekizaki R, Nemoto T, Tsujino N, Takano C, Yoshida C, Yamaguchi T, Katagiri N, Ono Y, Mizuno M.:  School mental healthcare services using internet-based cognitive behaviour therapy for young male athletes in Japan.  Early Intervention in Psychiatry  epubahead :1 , 2017
2. Saito J, Hori M, Nemoto T, Katagiri N, Shimoji K, Ito S, Tsujino N, Yamaguchi T, Shiraga N, Aoki S, Mizuno M.:  Longitudinal study examining abnormal white matter integrity using a tract-specific analysis in individuals with a high risk for psychosis.  Psychiatry and Clinical Neurosciences  71 (8) :530 -541 , 2017
  :Corresponding Author
  :本学研究者