東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2013年度 | 2014年度 | 2015年度
 医学部 医学科 心身医学講座(大森)
 Department of Psychosomatic Medicine (Omori)

教授:
    端詰 勝敬
准教授:
    竹内 武昭
■ 概要
1.摂食障害におけるNIRSの検討
摂食障害における光トポグラフィーの特徴に関して外来および入院の摂食障害患者を対象に研究を行っている。
2.片頭痛における痛みの維持・悪化メカニズムに関する検討
痛みの維持・悪化メカニズムにおいて、痛みの捉え方や対処行動が大きな要因とされている。本研究においては、片頭痛患者を対象として、痛みの捉え方やQOLなどの調査を行い、メカニズムの解明を行っている。
3.うつ病における性格傾向、認知機能に関する検討
うつ病の認知機能について、表情認知や性格傾向との関連を検討している。
4.抗うつ薬の服薬感に関する検討
当科通院中の不安・抑うつを呈する患者に対しSSRI・SNRI・NaSSAを服薬した際の服薬感ならびに症状の変化を検討している。
5.心療内科実習における共感度に関する検討
医学生の共感度は学年を追うごとに低下するとされている。医学生の共感度の変化をJSPEを用い実習前後の患者に対する共感度の変化を検討する。
6.頭痛における身体感覚増幅に関する検討
心身症のなかには身体感覚が増幅するものが知られているが、頭痛については明らかではない。そこで質問紙を用い頭痛と身体感覚の関連について検討を行い、破局的思考など様々な観点から分析を行う。
7.薬剤乱用頭痛のストレス対処行動に関する検討
薬剤乱用頭痛は難治例が多く改善しても再発しやすいとされている。薬剤乱用頭痛に関する研究は本邦では十分とは言えない状況である。薬剤乱用頭痛患者のストレス対処行動に関する調査を行うことで非薬物療法的アプローチにつなげていきたい。
■ Keywords
片頭痛, 摂食障害, うつ病質問紙, 社会不安障害, パニック障害, 行動医学
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















坪井 康次   教授
 1 4     1       
 5
 
 1
(1)
 
 
中野 弘一   教授
              
 
 
 
 
 
端詰 勝敬   教授
 2 8  1  2        
 17
(2)
 
 2
(1)
 
 8
(1)
天野 雄一   助教
 1 1            
 10
(1)
 
 2
(1)
 1
 3
 4 0  2 0  0  0
(0)
 0
(0)
 1
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. 菅さくら,端詰勝敬,藤田欣也,坪井康次::  心療内科通院患者の双極スペクトラムの併存に関するスクリーニング調査,.  心身医学  55 (8) :967 -974 , 2015
2. 河合恒, 清野諭, 西真理子, 谷口優, 大渕修一, 新開省二, 吉田英世, 藤原佳典, 平野浩彦, 金憲経, 石崎達郎, 高橋龍太郎, 鈴木隆雄, 古名丈人, 岩佐一, 熊谷修, 渡辺修一郎, 西澤哲, 吉田裕人, 湯川晴美, 藤田幸司, 内藤隆弘, 井原一成, 端詰勝敬, 小島基永, 福典之, 新名正弥, 吉田祐子, 天野秀紀, 深谷太郎, 村山洋史, 成田美紀, 小川貴志子, 大場宏美, 小宇佐陽子, 清水由美子, 野藤悠, 松尾恵理, 小原由紀, 増井幸恵, 宇良千秋, 三木明子, 石神明人, 小島成実, TMIG-LISA研究グループ:  大規模コホートデータによる地域高齢者の体力評価シートの作成.  体力科学  64 (2) :261 -271 , 2015
3. 藤田欣也,端詰勝敬,石川大樹,佐々木啓吾,中村祐三,天野雄一,坪井康次::  不眠に焦点を当てることで行動変容をもたらした疼痛性障害の一例,.  不眠研究  2015 :73 -78 , 2015
4. Takeaki Takeuchi, Masahiro Hashizume::  Behavioral medicine in Teikyo University and Toho University,.  BioPsychoSocial Medicine  10 (4) :1 -5 , 2016
総説及び解説
1. 天野雄一,端詰勝敬::  不眠・不安,.  Medical Practice  32 (8) :1299 -1305 , 2015
2. 天野雄一,端詰勝敬::  慢性頭痛とバイオフィードバック,.  バイオフィードバック研究  42 (2) :109 -112 , 2015
3. 竹内武昭::  女性と心身症・臨床医学の視点から,.  女性心身医学  20 (2) :171 -177 , 2015
4. 坪井康次::  再創生への第一歩,.  心身医学  55 (4) :309 -310 , 2015
5. 竹内武昭::  帝京大学での行動医学教育の実践例,.  心身医学  56 (1) :34 -39 , 2016
6. 坊裕美::  心療内科における兼科対応の現状,.  心身医学  56 (1) :46 -51 , 2016
7. 端詰勝敬,中村祐三,都田淳::  慢性頭痛の診療ガイドライン,.  心身医学  56 (2) :127 -133 , 2016
8. 中村祐三,端詰勝敬,天野雄一::  心因性精神疾患によるめまい,.  診断と治療  104 (1) :67 -71 , 2016
9. 都田淳,坪井康次::  第6章 精神科、心療内科領域の痛み(心因性疼痛など)の薬物治療と治療薬へ臨床のニーズ,.  痛みのメカニズムとこれからの治療薬・治療法の開発  初版 :489 -494 , 2015
10. 都田淳,佐野仁子,端詰勝敬::  二次性頭痛 精神疾患と頭痛,.  内科  155 (5) :793 -796 , 2015
11. 端詰勝敬,藤田欣也,中村祐三::  精神疾患と頭痛,.  日本医師会雑誌  144 (5) :981 -983 , 2015
12. 坊裕美,坪井康次::  医学教育における行動医学の現状,.  日本心療内科学会誌  19 (2) :99 -104 , 2015
13. 端詰勝敬::  心療内科医はどのように頭痛をとらえているのか,.  日本頭痛学会雑誌  42 (1) :76 -77 , 2015
14. Mutsuhiro Nakao, Takeaki Takeuchi::  Clinical characteristics and referral patterns of outpatients visiting a Japanese psychosomatic medicine clinic. International Journal of Behavioral Medicine,.  International journal of behavioral medicine  :1 -9 , 2015
15. Hirokazu Furukawa, Takeaki Takeuchi , Eiji Yano, Shinsuke Muto::  Factors Influencing Psychological Distress After the Great East Japan Earthquake and Tsunami,.  Journal of community psychology  43 (5) :521 -526 , 2015
その他
1. 長部ひとみ,丸山志保,大森美湖,竹内武昭,金岩理香,石井彰::  大学生の喘息有病率、アウトグロー,.  CAMPUS HEALTH  53 (1) :231 -233 , 2016
■ 著書
1. 吉田 勝明::  脳いきいきで認知症予防,.  タウンニュース,  1.  株式会社タウンニュース社,  神奈川,, 2015
2. 吉田 勝明::  職員全員で「こころの治療」を,.  タウンニュース,  1.  株式会社タウンニュース社,  神奈川, 2015
3. 吉田 勝明::  スマホで子供の心を傷つけない対処法,.  女性自身  58.  株式会社光文社,  東京,, 2015
4. 吉田 勝明::  こころの病気・・ 教えてドクター,.  リベルタ,  1.  株式会社神奈川中央新聞社,  神奈川, 2015
5. 吉田 勝明::  脳いきいきで認知症予防,.  リベルタ,  1.  株式会社神奈川中央新聞社,,  神奈川,, 2015
6. 島田凉子:,江花昭一,篠﨑信之,島田凉子,細谷紀江:    エリック・バーンの交流分析  191.  実業之日本社,  東京, 2015
7. 坪井康次(編集)::    医学大辞典,  1-3101.  南山堂,  東京, 2015
8. 端詰勝敬(分担)::  心気症,.  医学大辞典,  1196.  南山堂,  東京, 2015
9. 端詰勝敬(分担)::  緊張型頭痛,.  医学大辞典,  592.  南山堂,  東京, 2015
■ 学会発表
国内学会
1. ◎橋本和明,竹内武昭,中村祐三,井原一成,吉田英世,大渕修一,平野浩彦,藤原佳典,河合恒,小島基永,端詰勝敬:: 高齢男性の抑うつ傾向へ同居人がもたらす影響と、行動医学的な観点からみた予防策,.  第23回日本行動医学会総会,  沖縄,  2016/03
2. ◎松岡美樹子,小田原幸,稲垣理佐子,溝口仁子,月間紗也,小山明子,端詰勝敬:: 行動変容プログラム作成の試み,.  第23回日本行動医学会総会,  沖縄,  2016/03
3. 〇吉田勝明:: がん患者と家族のメンタルヘルス,.  第56回 日本肺癌学会学術集会 市民公開講座,  神奈川,  2015/11
4. ○端詰勝敬:: 【教育講演】内科疾患におけるうつの関わり,.  第20回日本心療内科学会総会・学術大会,  岩手,  2015/11
5. ○都田淳,間中信也,端詰勝敬:: 片頭痛および緊張型頭痛における身体感覚増幅傾向についての検討,.  第20回日本心療内科学会総会・学術大会,  岩手,  2015/11
6. ○藤田欣也,天野雄一,端詰勝敬:: 若手の立場から考える心療内科医のあるべき姿とは,.  第20回日本心療内科学会総会・学術大会,  岩手,  2015/11
7. ○都田淳,間中信也,天野雄一,小田原幸,端詰勝敬:: 一次性頭痛における身体感覚増幅傾向についての検討,.  第43回日本頭痛学会総会,  東京,  2015/11
8. ○加藤明子,星野健,千葉太郎,細越みゆき:: 【シンポ】演者の産業医活動の実態と課題 ~ストレスチェック制度を中心に~,.  第20回日本心療内科学会総会・学術大会,  岩手,  2015/11
9. ○鈴木順,星野健,加藤明子,西國千春,齋藤小豊,秋山真親,斎藤恵子,板倉康太郎,水野紹夫,平野繁,千田恵美,菅原憲,斉藤紀先,岩城利充,赤坂徹,千葉太郎:: 岩手における心身医療啓蒙活動の軌跡,.  第20回日本心療内科学会総会・学術大会,  岩手,  2015/11
10. ○齋藤小豊,鈴木順,千葉太郎,星野健,加藤明子,水野紹夫,板倉康太郎,斎藤恵子,平野繁,千田恵美,石川浩二,村上典子,山内広平:: 高田診療所受診患者におけるこころの健康チャックシートの4年間の動向,.  第20回日本心療内科学会総会・学術大会,  岩手,  2015/11
11. ◎井原一成, 藤田欣也, 吉田英世, 小原由紀, 平野浩彦, 藤原佳典, 小島基永, 金憲経, 天野雄一, 端詰勝敬, 蜂須貢, 河合恒, 大渕修一: 地域高齢者における抗不安薬の投与頻度及び眠前投与と多剤投与の実態.  第74回日本公衆衛生学会総会,  長崎, 日本,  2015/11
12. ◎吉田英世, 井原一成, 端詰勝敬, 吉田祐子, 小島成実, 金美芝, 平野浩彦, 金憲経, 蜂須貢: 地域在住高齢者におけるフレイルとBDNF(脳由来神経栄養因)との関連性の検討.  第74回日本公衆衛生学会総会,  長崎, 日本,  2015/11
13. ◎江尻愛美 ,井原一成, 端詰勝敬, 河合恒, 吉田英世, 藤原佳典, 平野浩彦, 小島基永, 大渕修一: 地域在住高齢者の体力と抑うつ症状発症リスクの関連における性別の特徴の検討.  第74回日本公衆衛生学会総会,  長崎, 日本,  2015/11
14. ○藤田欣也,端詰勝敬,中村祐三,都田淳,臼井幸治,天野雄一,坪井康次:: NIRSを用いて併存疾患の評価を行うことで治療的展開が得られた摂食障害患者の二例,.  第19回日本摂食障害学会学術集会,  福岡,  2015/10
15. ○天野雄一,端詰勝敬:: 禁止令への気づきが治療展開に寄与した気分変調症の一例,.  日本交流分析学会第40回大会/日本自律訓練学会第38回大会,  東京,  2015/10
16. ○都田淳,端詰勝敬:: 心身症の治療におけるバイオフィードバック療法の実践,.  日本心理医療諸学会連合第28回大会,  東京,  2015/09
17. ○臼井幸治,端詰勝敬,齊藤友里香,吉田寿美子,中村祐三,都田淳,藤田欣也,天野雄一:: 併存疾患の評価を行うことで治療的展開が得られた摂食障害患者の一例,.  第44回日本女性心身医学会学術集会,  東京,  2015/07
18. ◎藤田欣也, 端詰勝敬, 小原由紀, 平野浩彦, 吉田英世, 小島基永, 井原一成, 天野雄一, 坪井康次: 地域在住高齢者における抗不安薬の服薬状況について.  第56回日本心身医学会総会,  東京, 日本,  2015/06
19. ○臼井幸治:: 片頭痛による日常生活支障度の検討,.  第56回日本心身医学会総会ならびに学術講演会,  東京,  2015/06
20. ○天野雄一,端詰勝敬,坪井康次:: 医学教育におけるパラレルチャートの有用性に関する検討,.  第56回日本心身医学会総会ならびに学術講演会,  東京,  2015/06
21. ○中村祐三,端詰勝敬,坊裕美,天野雄一,坪井康次:: 当院臨床実習における医学生の共感的態度についての検討,.  第56回日本心身医学会総会ならびに学術講演会,  東京,  2015/06
22. ○藤田欣也,端詰勝敬,小原由紀,平野浩彦,吉田英世,小島基永,井原一成,天野雄一,坪井康次:: 地域在住高齢者における抗不安薬の服薬状況について,.  第56回日本心身医学会総会ならびに学術講演会,  東京,  2015/06
国際学会
1. ◎Ihara K, Iida H, Hashizume M, Suzuki Y, Ishijima H, Hasegawa C, Amano Y, Yoshida H: Physical and biological risk factors for major and minor depressive disorders identified in a 6-year cohort of elderly women.  The 15th International Congress of the IFPE,  Bergen, Norway,  2015/10
2. ○Nakamura Yuzo,Hashizume Masahiro,Bou Yumi,Fujita Kinya,Amano Yuichi,Tsuboi Koji:: Tendency of Anorexia Nervosa inpatient in our hospital,.  23rd world congress on PSYCHOSOMATIC MEDICINE GLASGOW 2015,  GLASGOW,UK,  2015/08
その他
1. ○久我原明朗:: NLPと臨床コーチング、技と心の融合を目指して,.  北海道臨床コーチング研究会 モチベーションを学ぶ会,  北海道,  2016/03
2. 〇吉田勝明:: へ~え、知って得する認知症の知識,.  神奈川県病院協会主催 精神保健医療研修会,  神奈川,  2016/02
3. 〇吉田勝明:: 素敵な職場を作るには メンタルヘルス管理監督者セミナー,.  日本下水道施設管理業協会 職員メンタルヘルスセミナー,  福岡,  2016/02
4. 〇吉田勝明:: 教職員のメンタルヘルス,.  成城学園初等学校 教職員メンタルヘルスセミナー,  東京,  2016/02
5. ○小山明子,都田淳,天野雄一,間中信也,端詰勝敬:: 薬物乱用頭痛におけるストレス対処行動に関する検討,.  第127回日本心身医学会関東地方会,  東京,  2016/02
6. ◎中村祐三,天野雄一,小田原幸,稲垣理佐子,池原聡,端詰勝敬: スタッフへの働きかけにより症状改善した過呼吸発作を伴う特発性肺高血圧症の一症例,.  第127回日本心身医学会関東地方会,  東京,  2016/02
7. ○都築怜,天野雄一,都田淳,臼井幸治,端詰勝敬:: 対象喪失を契機に健康不安が顕在化したパニック発作の一例,.  第8回日本不安症学会学術大会,  千葉,  2016/02
8. ○端詰勝敬:: 【特別講演】心療内科医からみた痛みへのアプローチ,.  千葉リウマチトータルマネージメントフォーラム,  千葉,  2016/01
9. 〇吉田勝明:: 気分障害の理解                              ~昨今話題のうつ病ケアの実際~,.  日本精神科看護協会精神科医療従事者セミナー,  神奈川,  2016/01
10. ○久我原明朗:: 不安障害、社会不安障害の診療、レクサプロの使用経験,.  持田製薬株式会社社内研修会,  北海道,  2016/01
11. ○小山明子:: 心療内科外来に通院中の摂食障害患者における睡眠薬の使用状況,.  不眠研究会第31回研究発表会,  東京,  2015/12
12. ○久我原明朗:: メンタルヘルスについて、チェック制度の話題、いきいきと働ける職場づくり,.  三菱製鋼特殊鋼室蘭・吉川工業,  北海道,  2015/11
13. ○久我原明朗:: メンタルヘルスについて、チェック制度の話題、いきいきと働ける職場づくり,.  三菱製鋼特殊鋼室蘭・吉川工業,  北海道,  2015/11
14. ○臼井幸治:: 摂食障害と発達の偏りについて,.  第52回城南地区心身症研究会,  東京,  2015/11
15. ○久我原明朗:: アドラー心理学を取り入れた臨床コーチング,.  北海道臨床コーチング研究会,  北海道,  2015/11
16. 〇吉田勝明:: ようこそ反抗期!思春期、こころの風景~10000件のカウンセリングから診えたこと~,.  学校法人 桐蔭学園中学校女子部 保護者会,  神奈川,  2015/10
17. ○久我原明朗:: 糖尿病ケアに活かせる心理療法のエッセンスーコーチングとカウンセリングの話題ー,.  糖尿病療養指導マリアージュの会,  北海道,  2015/10
18. ○端詰勝敬:: 慢性頭痛の診療ガイドライン2013,.  第38回診療に役立つガイドラインセミナー,  東京,  2015/10
19. ○久我原明朗:: メンタルヘルスについて、チェック制度の話題、いきいきと働ける職場づくり,.  北海道電力室蘭支店,  北海道,  2015/10
20. ○端詰勝敬:: Missing Ring を探して-Limbic Painとしての片頭痛,.  MCSS2015,  東京,  2015/10
21. 〇吉田勝明:: 認知症の正しい理解と支援を考える~入院中のケアと退院に向けた支援~,.  神奈川県保険福祉局福祉部高齢社会課医療従事者研修セミナー,  神奈川,  2015/10
22. 〇吉田勝明:: リーダーに必要な医療安全とメンタルケア,.  神奈川県病院協会 平成27年度 病院管理研修,  神奈川,  2015/09
23. 〇吉田勝明:: 働く仲間のメンタルヘルス  楽しい雰囲気で美味しい給食を作るには!,.  大和市教育委員会 メンタルヘルス研修講座,  神奈川,  2015/08
24. ○端詰勝敬:: めまい疾患の診断学の向上と治療学の擁立,.  日本めまい平衡医学会 平成27年夏期セミナー「EBMに基づいためまいの薬物投与について」,  東京,  2015/07
25. 〇吉田勝明:: 教職員のメンタルヘルス ~セルフケアと環境づくり~,.  大和市教育委員会 教職員のメンタルヘルス研修講座,  神奈川,  2015/07
26. ○久我原明朗:: 糖尿病ケアに活かせる心理療法のエッセンスーコーチングとカウンセリングの話題ー,.  持田製薬株式会社社内研修会,  北海道,  2015/07
27. ○久我原明朗:: 糖尿病ケアに活かせる心理療法のエッセンスーコーチングとカウンセリングの話題ー,.  持田製薬株式会社社内研修会,  北海道,  2015/07
28. ○中村祐三,: 低髄圧症候群の既往を持つ摂食障害の一例,.  TKK3大学合同カンファレンス,  東京,  2015/06
29. 〇吉田勝明:: 名医よりも良医を!,.  金沢医科大学 金沢医科大学医学セミナー,  石川,  2015/06
30. ○端詰勝敬:: プライマリケアで診る不安症とうつのポイント-こうなったら、専門医へ紹介するタイミング-,.  Depression Forum,  東京,  2015/05
31. ○天野雄一:: 抑うつ状態と不安への治療対応,.  Depression Forum,  東京,  2015/05
32. ○吉田勝明:: 自己のメンタルヘルスとゲートキーパー,.  綾瀬市 主任児童委員制度創設20周年記念全体研修会,  神奈川,  2015/05
33. ○久我原明朗:: 糖尿病ケアに活かせる心理療法のエッセンスーコーチングとカウンセリングの話題ー,.  苫小牧ハートケアカンファレンス,  北海道,  2015/04
34. ○久我原明朗:: かくれ糖尿病、臨床コーチング、ポジティブメンタルヘルスの話題,.  北興工業株式会社および協力会合同安全衛生大会,  北海道,  2015/04
35. 〇吉田勝明:: 医療安全対策  ~医事紛争にならないために~,.  神奈川県医師会平成27年度 臨床研修総合オリエンテーション,  神奈川,  2015/04
  :Corresponding Author
  :本学研究者