東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2012年度 | 2013年度 | 2014年度
 医学部 医学科 外科学講座 心臓血管外科学分野(大森)
 Division of Cardiovascular Surgery, Department of Surgery (Omori)

教授:
  渡邉 善則
准教授:
  小澤 司
  塩野 則次
  藤井 毅郎
講師:
  益原 大志
■ 概要
基礎研究
①平成21年度私立大学戦略的研究基盤形成支援事業の補助金を得、先進医療技術開発センタ-の感染症・免疫難病の先進医療技術開発プロジェクトとして、人工素材を用いた心臓血管手術における感染免疫応答の研究を行っている。現在は術前術後のヘルパ-T細胞分画の推移と術後感染症の発病との関連を調査し、免疫応答の個体差と術後感染症の関連性を研究している。
②平成24年度科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金):基盤研究(C)人工血管感染機序に関する研究を得て、人工血管感染機序の解明と感染抵抗性人工血管の開発に関する研究を、本学微生物・感染症学講座と連携して行っている。
③平成24年度科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金):基盤研究(C)動脈硬化病変進行・大動脈瘤増大のメカニズムと歯周囲疾患の関与を得て、本学口腔外科学と連携し研究している。
臨床研究
1)虚血性心疾患に対する外科治療
①冠動脈バイパス手術
臨床研究として手術の低侵襲化の研究を行っており、人工心肺を用いず心拍動下で行うOPCAB(オフポンプCABG)を1997年より導入し、技術的な研究が進み今日ではほぼ全例に施行可能となった。2003年より中枢側自動吻合器を導入し、OPCABとの相乗作用で手術侵襲が著しく低減され、重篤な基礎疾患を有する症例や80歳以上の高齢者にも施行可能となった。
②虚血性心不全に対する手術
虚血性心筋症や左心室瘤に対しては、MRIや心筋シンチグラフィ-等の先進的検査による虚血心筋の正確な評価を行い、冠動脈バイパス手術、左室縮小手術、僧帽弁形成手術を適切に組み合わせ良好な成績を得ている。また、血行再建の困難な心筋に対して、血管新生療法の臨床導入に向け準備を整えている。

2)大動脈疾患
大動脈解離や大動脈瘤に対しては、可能な限り循環停止を回避した低体温・持続灌流による人工心肺を行 い、良好な手術成績を収めている。また、より低侵襲なステントグラフト内挿術(Endovascular surgery)を導入し、疾患によってはバイパス術併用hybrid手術も行っている。臨床研究としては、高齢者における弓部大動脈瘤に対するTotal debranch法、大動脈瘤患者における動脈硬化病変進行・大動脈瘤増大のメカニズムと歯周囲疾患の関与について研究している。

3)弁膜症
経食道超音波検査を積極的に用い、弁の状態を正確に評価し適切な弁膜症手術を行っている。大動脈弁に対し ては、人工弁、生体弁、ステントレス生体弁を症例に合わせ適応し、僧帽弁に対しては、可能な限り弁形成手術
を適応し、人工弁置換の場合においても自己弁組織を一部残し、左室形態の温存を試みている。臨床研究として、 左室心筋重量等による長期遠隔成績を研究している。

4)先天性心疾患(小児および成人)
先天性小児心疾患に対しては、胸部小切開法、無輸血手術、人工心肺容量削減などの低侵襲心臓手術 (MICS)を積極的に行い、抗炎症戦略に関する臨床研究を行っている。さらに様々な小児複雑先天性心疾患に対しても新生児期より積極的に外科治療を行い良好な成果を上げている。また、成人先天性心疾患についても、循環器内科・小児科との密接な連携のもと、数多くの手術を行っている。

5)末消血管
特に末梢動脈疾患に対しては低侵襲血管エコー評価を行い、重症下肢虚血を回避するために積極的に血管内治療を行っている。
■ Keywords
OPCAB, 低侵襲心臓手術, Endovascular Surgery, 弁形成術, 感染免疫応答
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  平成26年度科学研究費助成事業  (研究課題番号:24592073)
 研究課題:人工血管感染機序に関する研究  (研究代表者:渡邉善則)
 研究補助金:1300000円  (代表)
2.  平成26年度科学研究費助成事業
 研究課題:動脈硬化病変進行・大動脈瘤増大のメカニズムと歯周囲疾患の関与に関する研究  (研究代表者:塩野則次)
 研究補助金:1200000円  (代表)
■ 教授・准教授・講師の公的役職
1.  渡邉善則 :社会保険診療報酬支払基金東京支部審査委員
■ 教授・准教授・講師の学会・研究会の役員
1.  渡邉善則 :日本心臓血管外科学会、 評議員日本血管学会評議員、 日本脈管学会評議員、 日本冠動脈外科学会評議員、 日本冠疾患学会監事、 日本冠疾患学会評議員、 日本血管内治療学会評議員、 日本Advanced Heart & Vascular Surgery/OPCAB研究会世話人、 血管外科症例検討会幹事、 日本胸部外科学会関東甲信越地方会幹事、 日本血管外科学会関東甲信越地方会幹事、 アジア胸部心臓血管外科学会正会員 Annals of Thoracic and Cardiovascular Surgery Editor、 日本胸部外科学会会誌編集委員会委員、 日本冠疾患学会編集委員会委員、 日本冠疾患学会保険対策委員会副委員長、 心臓血管外科専門医認定機構2014年試験問題作成委員会委員
2.  塩野則次 :日本心臓血管外科手術データベース(JACVSD) Site Visit委員、再生心臓血管外科治療研究会幹事、アジア心臓血管外科国際会員
3.  小澤司 :日本小児循環器学会評議員、アジア心臓血管外科国際会員、日本心臓血管外科学会評議員
4.  藤井毅郎 :日本血管外科学会評議員、日本血管内治療学会評議員、日本脈管学会評議員、日本脈管学会倫理委員会委員、血管外科症例検討会幹事、千葉県PAD研究会世話人、アジア心臓血管外科国際会員,大動脈ステントグラフト研究会世話人、日本Advanced Heart & Vascular Surgery/OPCAB研究会幹事
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















渡邉 善則   教授
  1  3          1
(1)
 24
(15)
 
 3
(3)
 1
(1)
 
小澤 司   准教授
    1  1  1      2
(2)
 16
(10)
 
 1
(1)
 
 
塩野 則次   准教授
    2          2
 19
(13)
 1
(1)
 2
(2)
 
 
藤井 毅郎   准教授
    2          1
(1)
 20
(13)
 
 3
(3)
 2
(2)
 
大熊 新之介   助教
   1 1          2
(1)
 15
(11)
 
 3
(3)
 1
(1)
 
片柳 智之   助教
   1 2          3
(3)
 14
(9)
 1
(1)
 2
(2)
 
 
片山 雄三   助教
 1             3
(3)
 14
(9)
 
 
 
 
佐々木 雄毅   助教
  1 2 1          2
(1)
 14
(11)
 
 3
(3)
 
 
 1 4  1 1  0  16
(12)
 2
(2)
 4
(4)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. 中村元泰,関東裕美,福田裕子,大橋則夫,渡邊善則,佐々木雄毅,藤本進一郎,高村和久,石河晃:  下腿の硬結として初発したOsler結節から診断に至った感染性心内膜炎の1例.  臨床皮膚科  68 (9) :725 -730 , 2014
2. katayanagi T:  Nasal Methicillin-Resistant S.Aureus is a Major Risk for Mediastinitis in Pediatric Cardiac Surgery.  Ann Thorac Cardiovasc Surg  21 (1) :37 -44 , 2015
症例報告
1. 片山雄三、郷田素彦、鈴木伸一、磯松幸尚、軽部義久、内田敬二、井元清隆、益田宗孝:  先天性大動脈弁狭窄症に対する弁輪拡大術の治療成績.  日本心臓血管外科学会誌  43 (2) :37 -42 , 2014
2. Okuma S,Fujii T,Sasaki Y,katayanagi T,Shiono N,Hara M,Watanabe Y:  Endovascular Abdominal Aortic Aneurysm Repair in patients with Renal Transplants : Reports of two cases.  Ann Thorac Cardiovasc Surg  Sup (I) :809 -812 , 2014
3. ◎Sasaki Y:  The in vitro research of bacterial invasion into prosthetic vascular grafts: Comparison of elastomer-sealed and gelatin-coated Dacron vascular grafts.  Surgery Today  44 (8) :1542 -1547 , 2014
4. Sasaki Y, Fujii T, Shiono N, Katayanagi T, Okuma S, Wakayama M, Shibuya K, Watanabe Y:  Interrupted Aortic Arch With Massive Saccular Collateral Aneurysm in an Adult.  The Annals of Thoracic Surgery  98 (1) :316 -318 , 2014
■ 著書
1. 小澤司,吉原克則:  先天性心疾患の外科術式-人名のついた手術法-.  先天性心疾患  45-58.  MEDICAL VIEW社,  東京,日本, 2014
2. Ozawa T:  (Listed profile) Ozawa Tsukasa.  「Who's Who in the World 2014」  1819-1819.  Marquis Who's Who LLC,  NJ, USA, 2014
■ 学会発表
国内学会
1. ◎小澤司、片山雄三、塩野則次、片柳智之、佐々木雄毅、大熊新之介、益原大志、藤井毅郎、渡邉善則: 螺旋リング・カフ付きPTFEグラフトを用いた4点スクエア固定法によるRV-PA shunt-Norwood手術連続3例の経験.  第167回日本胸部外科学会関東甲信越地方会,  東京,  2015/03
2. ◎藤井毅郎、佐々木雄毅、片柳智之、大熊新之介、亀田徹、片山雄三、小澤司、益原大志、塩野則次、渡部善則: Elephant trunk周囲に膿瘍を形成した遅発性人工血管感染の1例.  第167回日本胸部外科学会関東甲信越地方会,  東京,  2015/03
3. ◎日根幸太郎,水書教雄,直井和之,池原聡,高月晋一,中山智孝,佐地勉,小澤司,片山雄三,与田仁志: 胎児期にPVOが強く疑われ、出生後早期の修復術が可能であったTAPVCⅠbの一例.  第21回日本胎児心臓病学会,  東京,  2015/02
4. ◎脇田浩正, 水書教雄, 萩原佐江子, 荒井博子, 川瀬泰浩, 池原聡, 高月晋一, 中山智考, 佐地勉, 片山雄三, 小澤司, 与田仁志: 胎児期からフォローしえたC型大動脈弓離断症の一例.  第21回日本胎児心臓病学会,  東京,  2015/02
5. ◎小澤司、片山雄三、塩野則次、亀田徹、布井啓雄、大熊新之介、片柳智之、佐々木雄毅、益原大志、藤井毅郎、直井和之、池原聡、高月晋一、中山智孝、渡邉善則: 小児心臓外科におけるGA処理自己心膜片を用いた高圧系・低圧系ルート再建の工夫.  第45回日本心臓血管外科学会総会,  京都,  2015/02
6. ◎塩野則次、奥田誠、名取一彦、小原明: 急性冠動脈症候群(ACS)における輸血およびTACO.  第139回日本輸血際病治療学会 関東甲信越支部例会,  東京,  2015/02
7. ◎片柳智之、藤井毅郎、佐々木雄毅、大熊新之介、布井啓雄、亀田徹、塩野則次、小澤司、片山雄三、川﨑宗泰、徳弘圭一、渡邉善則: 当院における虚血性心筋症に対するEVCPPの予後決定因子は何か?.  第45回日本心臓血管外科学会,  京都,  2015/02
8. ◎片山雄三、小澤司、亀田徹、布井啓雄、大熊新之介、片柳智之、佐々木雄毅、益原大志、藤井毅郎、塩野則次、渡邉善則: 脈波伝搬時間は小児心臓外科周術期における新たなモニタリングとなり得るか?.  第45回日本心臓血管外科学会総会,  京都,  2015/02
9. ◎塩野則次: 循環器疾患におけるTACOと適正輸血.  第63回日本輸血・細胞治療学会総会,  東京,  2015/02
10. ◎亀田徹、藤井毅郎、片柳智之、佐々木雄毅、大熊新之介、布井啓雄、片山雄三、小澤司、益原大志、塩野則次、渡邉善則: 左室内血栓に対し経左房内視鏡下血除去を施行した一例.  第166回日本胸部外科学会関東甲信越地方会,  高崎,  2014/11
11. ◎渡邉善則: 外科医の技術評価はどうあるべきか~心臓外科医の立場から~.  第76回日本臨床外科学会総会,  郡山市,  2014/11
12. ◎益原大志、粕谷秀輔、飯塚卓夫藤井毅郎、大熊新之介、片柳智之、佐々木雄毅、塩野則次、渡邉善則: 段階的に治療した胸部大動脈に右冠動脈瘤を合併した一例.  第55回日本脈管学会総会,  倉敷,  2014/10
13. ◎藤井崇博, 原 文彦, 五十嵐裕美, 若倉真吾, 池田隆徳, 佐々木雄毅, 渡邊善則, 石綿誉郎, 渋谷和俊, 原田昌彦: 大動脈弁および大動脈基部に腫瘤が疑われた一例.  日本超音波医学会関東甲信越地方会第26回学術集会,  東京,  2014/10
14. ◎片山雄三、小澤司、渡邉善則: 一升付き右室流周路再建の弁尖に用いる素材はファロー四徴症の遠隔期予後に影響するか?.  第52回日本人工臓器学会学術総会,  札幌,  2014/10
15. ◎佐々木雄毅、藤井毅郎、片柳智之、亀田徹、布井啓雄、大熊新之介、片山雄三、小澤司、塩野則次、渡邉善則: 対側大腿動脈から腓骨動脈にバイパスした重症虚血肢の1例.  第22回日本血管外科学会関東甲信越地方会,  東京,  2014/10
16. ◎大熊新之介、藤井毅郎、塩野則次、佐々木雄毅、片柳智之、布井啓雄、亀田徹、小澤司、片山雄三、川﨑宗泰、徳弘圭一、渡邉善則: TAVR時代の単独SAVR,SAVR+CABG,PTAVの検討.  第67回日本胸部外科学会定期学術集会,  福岡,  2014/10
17. ◎吉澤 定子, 青木 弘太郎, 佐藤 高広, 福井 悠人, 前田 正, 宮崎 泰斗, 石井 良和, 舘田 一博, 大熊 新之介, 藤井 毅郎, 渡邉 善則: 治療経過中にダプトマイシン耐性化が認められたMRSA術後感染の1例.  第63回日本感染症学会東日本地方会総会学術集会,  東京,  2014/10
18. ◎片柳智之、藤井毅郎、大熊新之介、佐々木雄毅、布井啓雄、亀田徹、益原大志、塩野則次、小澤司、片山雄三、川﨑宗泰、徳弘圭一、渡邉善則: IFU 外緊急EVAR術後Endoleakによる瘤破裂に対し人工血管置換術を施行した1例.  第55回日本脈管学会総会,  倉敷,  2014/10
19. ◎片山雄三、小澤司、川田幸太、亀田徹、布井啓雄、大熊新之介、片柳智之、佐々木雄毅、藤井毅郎、塩野則次、渡邉善則: 1弁付き右室流出路再建に用いる素材はファロー四徴症の遠隔期予後に影響するか?.  第67回日本胸部外科学会学術総会,  福岡,  2014/09
20. ◎片柳智之、藤井毅郎、佐々木雄毅、大熊新之介、布井啓雄、塩野則次、片山雄三、小澤司、亀田徹、渡邉善則: 重症虚血性心疾患に対するEVCPPの遠隔期成績.  第19回日本冠動脈外科学会,  東京,  2014/07
21. ◎岡 崇, 久武真二, 鈴木健也, 野口晃司, 秋津克哉, 原 文彦, 五十嵐裕美, 大久保 亮, 池田隆徳, 山﨑純一, 渡邉善則, 藤井毅郎, 大久保陽一郎, 澁谷和俊: 左室内の前乳頭筋より発生した乳頭状弾性線維腫の1例.  第232回日本循環器学会関東甲信越地方会,  東京,  2014/06
22. ◎益原大志, 粕谷秀輔, 藤井毅郎, 渡邉善則: 片側腸骨動脈閉塞病変を合併する腹部大動脈瘤に対するアプローチを工夫したステントグラフト内挿術の経験.  第20回日本血管治療学会総会,  和歌山,  2014/06
23. ◎布井啓雄、藤井毅郎、佐々木雄毅、大熊新之介、片柳智之、片山雄三、塩野則次、小澤司、石渡誉郎、澁谷和俊、渡邉善則: 脳梗塞を合併した大動脈弁乳頭状弾性線維腫の1例.  第165回日本胸部外科学会関東甲信越地方会,  横浜,  2014/06
24. ◎益原大志, 徳弘圭一, 粕谷秀輔, 藤井毅郎, 渡邊善則: 一側腸骨動脈CTO病変を有する腹部大動脈瘤に対してステントグラフト内挿入術を施行した1例.  第42回日本血管外科学会学術総会,  青森,  2014/05
25. ◎佐々木雄毅、藤井毅郎、大熊新之介、布井啓雄、片山雄三、片柳智之、小澤司、塩野則次、渡邉善則: 当院におけるEVAR導入後のAAA破裂に対する緊急手術の検討.  第42回日本血管外科学会学術総会,  青森,  2014/05
26. ◎新津勝士、川崎宗泰、徳弘圭一、片柳智之、大熊新之介、塩野則次、渡邉善則: 経橈骨動脈アプローチによる血管内治療(TR-EVT)の有用性についての検討.  第42回日本血管外科学会学術総会,  青森,  2014/05
27. ◎川崎宗泰、徳弘圭一、新津勝士、大熊新之介、片柳智之、佐々木雄毅、原真範、藤井毅郎、塩野則次、渡邉善則: アドバンタPTFEグラフトVXT・フレアエンドを用いた人工血管末梢吻合方法の工夫.  第42回日本血管外科学会学術総会,  青森,  2014/05
28. ◎大熊新之介、藤井毅郎、佐々木雄毅、片柳智之、布井啓雄、塩野則次、小澤司、片山雄三、川崎宗泰、徳弘圭一、渡邉善則: 腹部大動脈破裂に対する緊急EVAR後に発生した深部静脈血栓症の1例.  第42回日本血管外科学会学術総会,  青森,  2014/05
29. ◎奥田 誠, 遊佐貴志, 塩野則次, 小原 明: 輸血管理部門の管理業務 up-to-date 製剤管理(保管・転用、廃棄血削減、末梢血幹細胞などを含む).  第62回日本輸血・細胞治療学会総会,  奈良,  2014/05
30. ◎祖父江晃基, 奥田 誠, 町田 保, 加藤美穂, 山田由香里, 栗林智子, 日高陽子, 岡田圭子, 長根満春, 遊佐貴司, 五島 稔, 田中美里, 瀬崎晴美, 石橋瑞樹, 齋藤光平, 塩野則次, 小原 明: 不規則抗体検査における酵素法廃止前後の比較検討.  第62回日本輸血・細胞治療学会総会,  奈良,  2014/05
国際学会
1. ◎Katayanagi T,Shiono N,Fujii T,Nunoi Y,Sasaki Y,Okuma S,Sekiya H,Watanabe Y: The rerationship between the severity of periodontal disease and the aortic aneurysm.  The 22th Asian Society for Cardiovascular and Thoracic Surgery,  Istanbul,Turkey,  2014/04
2. ◎Shiono N, Katayanagi T, Fujii T, Okuma S, Sasaki Y, Kawasaki M, Ozawa T, Watanabe Y: The latest situation of the transfusion for cardiovascular surgery.  22nd Annual meeting of the Asian Society for Cardiovascular and Thoracic Surgery,  Istanbul,Turkey,  2014/04
3. ◎Kawasaki M, Shiono N, Fujii T, Hara M, Sasaki Y, Katayanagi T, Okuma S, Watanabe Y: Examination about the adaptation of vein graft in CABG.  22nd Annual meeting of the Asian Society for Cardiovascular and Thoracic Surgery,  Istanbul,Turkey,  2014/04
その他
1. ◎渡邉善則: 外科医の技術評価はどうあるべきか~心臓外科医の立場から~.  第18回参宮橋学術講演会,  東京都,  2014/11
2. ◎藤井毅郎: TAVRの適応に関して.  第141回心臓の会,  東京,  2014/07
3. ◎藤井毅郎: TAVR(経カテーテル大動脈弁植え込み術).  第141回心臓の会,  東京,  2014/07
4. ◎大熊新之介: SAVR(大動脈弁置換術).  第141回心臓の会,  東京,  2014/07
  :Corresponding Author
  :本学研究者