東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2012年度 | 2013年度 | 2014年度
 医学部 医学科 内科学講座 神経内科学分野(大森)
 Division of Neurology, Department of Internal Medicine (Omori)

教授:
  岩崎 泰雄
准教授:
  池田 憲
講師:
  狩野 修
  川邉 清一
助教:
  伊藤 裕乃
  村田 貴代子
  高澤 隆紀
  平山 剛久
■ 概要
医局概要
内科学講座(大森)に神経内科が平成15年4月に創設された。スタッフは岩崎泰雄(教授)、池田憲(准教授)、川辺清一(講師)、狩野修(講師)、伊藤裕乃(助教)、村田貴代子(助教)、高澤隆紀(助教)平山剛久(助教)、で、教育、診療、研究に従事している。当科には専門に試験の中でもっとも難関とされている神経内科専門医が8名常勤しており、日本神経学会より神経内科専門医の教育施設として認定を受けている。
代表的な神経変性疾患である筋萎縮性側索硬化症、パーキンソン病、脊髄小脳変性症などに関しては岩崎、池田、川辺を中心として研究を行っており、培養系を用いてのin vitroにおける研究のみならず、軸索損傷などのin vivoに対する研究も行っている。臨床においても上記疾患にたいする治験を行っており各地から参加していただいている。また、Guillain-Barrè症候群、重症筋無力症、多発性硬化症、慢性炎症性脱髄性多発神経炎などの免疫神経疾患に対しても岩崎、池田、川辺を中心として研究を行っており、動物を用いて免疫応答に関する研究を行い積極的に学外での発表活動なども行っている。顔面痙攣などの不随意運動は難治性のものが少なくなく、これらの不随意運動に対しては狩野を中心に積極的な薬物療法がトライアルされている。
外部との交流も積極的に行っており、国外では本学出身者である三本 博先生が主任教授を務めるコロンビア大学神経内科、アメリカベイラー医科大学神経内科、ペンシルバニア大学神経内科、トマス・ジェファーソン大学神経内科、ノッティンガム大学神経内科などがあげられる。同大学は海外留学の受け入れ先としても高い評価を受けており海外留学を行うことによって神経内科の発展に寄与している。
国内では近隣の東京労災病院、順天堂大学、三宿病院などに出向しており、昭和大学、東京労災病院、横浜労災病院、荏原病院と積極的に神経放射線など難治症例についての検討会を定期的に行っている。東京都臨床研究所では神経病理学研修および基礎的な動物実験に関して交流を行っている。
■ Keywords
神経内科, 筋萎縮性側索硬化症, パーキンソン病, アルツハイマー病, 神経変性疾患, Guillain-Barrè症候群, 重症筋無力症, 多発性硬化症, 免疫性神経疾患, 脳血管障害, 視神経脊髄炎
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  基盤研究(C)  (研究課題番号:26430041)
 研究課題:神経回路から説明する網膜が行う高次視覚情報処理  (研究分担者:狩野 修)
 研究補助金:100000円  (分担)
■ 教授・准教授・講師の学会・研究会の役員
1.  岩崎 泰雄 :日本神経学会評議員、日本神経治療学会評議員、American Academy of Neurology(Corresponding fellow),American Society of Neuroimaging(active member),World Federation of Neurology(member of ALS/MND), World Federation of Neurology(member of therapeutic trial of ALS/MND),International Brain Research Organization(member),New York Academy of Science(active member)
2.  池田 憲 :日本脳ドック学会評議員、日本神経治療学会評議員、日本神経学会評議員、日本頭痛学会評議員、日本脳卒中学会評議員
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















岩崎 泰雄   教授
  1  6   2       
 21
(1)
 
 3
(2)
 
 1
池田 憲   准教授
 1  3 4  2 1       5
 15
(1)
 
 3
(2)
 1
 
狩野 修   講師
 3 2 3 1  2        3
(1)
 9
 2
 2
(1)
 
 
川邉 清一   講師
  1  8   1       3
(1)
 9
 2
(2)
 1
 
 1
伊藤 裕乃   助教
              
 
 
 
 
 
髙澤 隆紀   助教
  1  3          1
 11
(2)
 
 2
(1)
 
 1
平山 剛久   助教
    3          
 13
 
 2
(1)
 
 1
村田 貴代子   助教
  1  2          
 6
 
 
 
 1
 4 6  4 0  0  12
(2)
 4
(2)
 1
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Ikeda K, Yanagihashi M, Sawada M, Hanashiro S, Kawabe K, Iwasaki Y:  Donepezil-induced cervical dystonia in Alzheimer's disease: a case report and literature review of dystonia due to cholinesterase inhibitors.  Internal Medicine  53 (9) :1007 -1010 , 2014
2. Vilisaar J, Kawabe K, Braitch M, Aram J, Furtun Y, Fahey AJ, Chopra M, Tanasescu R, Tighe PJ, Gran B, Pothoulakis C, Constantinescu CS.:  Reciprocal Regulation of Substance P and IL-12/IL-23 and the Associated Cytokines, IFNγ/IL-17: A Perspective on the Relevance of This Interaction to Multiple Sclerosis.  J Neuroimmune Pharmacol.  1 (1) :1 -6 , 2015
3. Akihiko Morita, Satoshi Kamei, Masayuki Minami, Kazuto Yoshida, Satoshi Kawabata, Hiroshi Kuroda, Yasushi Suzuki, Nobuo Araki, Yasuo Iwasaki✝, Rei Kobayashi, Naoki Hayashi, Tetsuyuki Hirayama, Jun Ochiai, Miki Ueda, Yuka Yamagishi, Jun-ichi Niwa, Katsuro Shindo, Yoshihisa Fukushima, Tomohiro Takita, Takayuki Sato, Shigeru Sato, Hiroshige Mikamo, Satoshi Iwata:  Open-label study to evaluate the pharmacodynamics, clinical efficacy, and safety of meropenem for adult bacterial meningitis in Japan.  Journal of Infection and Chemotherapy  20 (9) :535 , 2014
4. Nagasawa J, Kiyozuka T, Ikeda K:  Prevalence and clinicoradiological analyses of patients with Alzheimer's disease coexisting multiple microbleeds.  Journal of Stroke and Cerebrovascular Diseases  23 (9) :2444 -2449 , 2014
5. Kano O✝, Yoshioka M, Nagayama H, Hamada S, Maeda T, Hasegawa T, Kadowaki T, Sengoku R, Terashi H, Hatano T, Nomoto N, Inoue M, Shimura H, Takahashi T, Uchiyama T, Watanabe H, Kaneko S, Takahashi T, Baba Y, Kubo SI:  Rhinorrhea in Parkinson's disease: A consecutive multicenter study in Japan.  Journal of the neurological sciences  343 :88 -90 , 2014
6. Yanagihashi M, Kawabe K, Ikeda K:  Ibudilast inhibits Th17 cell differentiation from naïve human T cells.  Toho Journal of Medicine  1 (1) :2 -6 , 2015
総説及び解説
1. 狩野 修✝:  筋萎縮性側索硬化症の診断と治療におけるpitfall.  神経治療学  31 (5) :561 -561 , 2014
2. 狩野 修✝:  筋萎縮性側索硬化症の診断と治療におけるpitfall.  神経治療学  32 (2) :161 -164 , 2015
症例報告
1. Katagiri S, Hayashi T, Takeuchi T, Yamada H, Gekka T, Kawabe K, Kurita A, Tsuneoka H.:  Somatic instability of expanded CAG repeats of ATXN7 in Japanese patients with spinocerebellar ataxia type 7.  Documenta Ophthalmologica  130 (3) :189 -195 , 2014
2. Fujita H, Kokubun N, Sada T, Nagashima T, Komagamine T, Kawabe K, Hirata K::  Demyelinating hypertrophic inferior alveolar nerve mimicking a nerve tumor.  Internal Medicine  54 (9) :1109 -1111 , 2014
その他
1. 繁田雅弘, 井関栄三, 本井ゆみ子, 飯塚友道, 榎本睦郎, 狩野 修✝, 斉藤史明, 津本 学, 古田 光, 松村美由紀:  最適な薬物療法提供のための治療戦略について.  Expertise Discussion Series  :6 -6 , 2014
2. 狩野 修✝:  神経治療最前線 25th International Symposium on ALS/MND.  神経治療学  32 (1) :59 -59 , 2015
3. 池田 憲,村田貴代子,狩野 修,川辺清一,岩崎泰雄:  椎骨動脈解離による頸髄梗塞.  臨床神経学  54 :831 -832 , 2014
4. Kano O, Takazawa T, Hirayama T, Yanagihashi M, Ishikawa Y, Miura K, Hanashiro S, Sawada M, Kawabe K, Ikeda K, Iwasaki Y:  Timing of the introduction of noninvasive ventilation and mechanically assisted coughing in patients with amyotrophic lateral sclerosis.  Amyotroph Lateral Scler Frontotemporal Degener  15 (suppl 1) :103 , 2014
5. Ikeda K, Sawada M, Hanashiro S, Yanagihashi M, Ishikawa Y, Hirayama T, Takazawa T, Murata K, Kawabe K, Iwasaki Y.:  Prevalence and clinical profile of headache after intravenous immunoglobulin treatment in patients with Guillain-Barré syndrome.  Headache  54 (Suppl 1) :61 -62 , 2014
6. Kano O✝, Ikeda K✝, Iwasaki Y✝:  Evolution of mild cognitive impairment in Parkinson disease.  Neurology  82 :1384 , 2014
7. Ikeda K, Hirayama T, Takazawa T, Kiyozuka T, Yanagihashi M, Ishikawa Y, Murata K, Kawabe K, Kano O, Iwasaki Y:  Prevalence and clinicoradiological profile of Japanese patients with Alzheimer disease coexisting multiple microbleeds.  Stroke; a journal of cerebral circulation  45 :ATP362 , 2015
■ 著書
1. 狩野 修,池田 憲,岩崎泰雄:  脳腫瘍によるパーキンソニズム.  神経症候群  155-158.  日本臨床,  東京, 2014
2. 池田 憲:  多発血管炎性肉芽腫症(Wegener肉芽腫症).  神経症候群  639-643.  日本臨床,  東京, 2014
3. 池田 憲:  一次性労作性頭痛(一次性運動時頭痛).  神経症候群  740-743.  日本臨床,  東京, 2014
4. 狩野 修✝, 柳橋 優✝、川辺清一✝, 岩崎泰雄✝:  浸透圧性髄鞘崩壊症.  神経症候群(第2版)  847-850.  日本臨牀社,  大阪, 2014
■ 学会発表
国内学会
1. ◎花城里依,川邉清一,柳橋 優,平山剛久,藤尾夏樹,村岡 成,池田 憲,岩崎泰雄: SLE治療経過中にParkinson症状を呈した30歳代女性例.  第212回日本神経学会関東・甲信越地方会,  東京,  2015/03
2. ◎池田 憲,清塚鉄人,澤田雅裕,花城里依,石川裕一,三浦 健,柳橋 優,平山剛久,川辺清一,岩崎泰雄: 呼吸障害を発症した延髄梗塞患者の臨床放射線学的特徴.  第39回日本脳卒中学会,  広島,  2015/03
3. ◎田原由利子, 増岡正太郎, 川添麻衣, 進藤恵実子, 佐藤洋志, 鹿野孝太郎, 藤尾夏樹, 鏑木 誠, 村岡 成, 田中菜穂子, 山本竜大, 蓮沼智子, 川合眞一, 高澤隆紀: 広範な脊髄病変を呈し、インフリキシマブが有効であった神経ベーチェット病の一例.  第25回日本リウマチ学会関東支部学術集会,  横浜,  2014/12
4. ◎花城 里依✝, 狩野 修✝, 村田 貴代子✝, 澤田雅裕✝, 柳橋 優✝, 池田 憲✝, 岩崎 泰雄✝: 胃切除後に片頭痛発作を繰り返した65歳女性例.  第211回日本神経学会関東・甲信越地方会,  東京,  2014/11
5. ◎山田立子,長澤潤平,仲村敬和,岩本康之介,池田 憲,岩崎泰雄,宮坂信雄,清塚鉄人: 東日本大震災を契機にペラグラを発症した54歳,男性例.  第211回日本神経学会関東地方会,  東京,  2014/11
6. 五十嵐愛, 内昌之, 岩波裕治, 大国生幸, 平山剛久, 三浦健, 海老原覚: 意識障害を伴った急性散在性脳脊髄炎に対し早期より理学療法を開始し復職に至った若年成人の一症例.  第23回日本私立医科大学理学療法研究会学術集会,  東京,  2014/11
7. ◎狩野 修✝, 高澤隆紀✝, 平山剛久✝, 柳橋優✝, 石川裕一✝, 三浦 健✝, 花城里依✝, 澤田雅裕✝, 川邉清一✝, 池田 憲✝, 岩崎泰雄✝: 筋萎縮性側索硬化症における非侵襲的陽圧換気療法と器械的咳補助導入時期の検討.  第32回日本神経治療学会総会,  東京,  2014/11
8. ◎川辺清一,花城里依,柳橋 優,石川裕一,三浦 健,平山剛久,高澤隆紀,狩野 修,池田 憲,岩崎泰雄: クリニカルパスを用いた fingolimod 導入例の検討.  第32回日本神経治療学会総会,  東京,  2014/11
9. ◎狩野 修✝: 筋萎縮性側索硬化症の診断と治療におけるpitfall.  第32回日本神経治療学会総会,  東京,  2014/11
10. ◎池田 憲,澤田雅裕,花城里依,柳橋 優,石川裕一,三浦 健,平山剛久,高澤隆紀,村田貴代子,川辺清一,狩野 修,岩崎泰雄: 早期パーキンソン病患者に対するzonisamide単独療法の検討.  第32回日本神経治療学会総会,  東京,  2014/11
11. ◎花城里依,池田 憲,石川裕一,岩本康之介,三浦 健,平山剛久,柳橋 優,高澤隆紀,川辺清一,岩崎泰雄: 左側の慢性頭痛を訴え,同側尾状核の海綿状血管腫が疑われた1例.  第42回日本頭痛学会総会,  下関,  2014/11
12. ◎池田 憲,柳橋 優,石川裕一,三浦 健,平山剛久,高澤隆紀,狩野 修,川辺清一,川合眞一,岩崎泰雄: 多発筋炎・皮膚筋炎患者における免疫グロブリン静注療法による頭痛の検討.  第42回日本頭痛学会総会,  下関,  2014/11
13. ◎澤田雅裕,長澤潤平,山田立子,仲村敬和,岩本康之介,清塚鉄人,池田 憲,岩崎泰雄: 脳静脈洞血栓と脳梗塞を併発した前兆のある片頭痛の一例.  第42回日本頭痛学会総会,  下関,  2014/11
14. ◎花城里依,高澤隆紀,柳橋 優,石川裕一,三浦 健,平山剛久,池田 憲,岩崎泰雄: 広範な脊髄病巣を繰り返した神経ベーチェット病の38歳男性例.  第210回日本神経学会関東・甲信越地方会,  東京,  2014/09
15. ◎長澤潤平,澤田雅裕,山田立子,仲村敬和,岩本康之介,清塚鉄人,池田 憲,岩崎泰雄: 脳静脈洞血栓症と片側の内包後脚に小梗塞を併発した片頭痛歴がある43歳男性例.  第210回日本神経学会関東・甲信越地方会,  東京,  2014/09
16. ◎柳橋 優✝, 川瀬裕士✝, 狩野 修✝, 花城里依✝, 澤田雅裕✝, 石川裕一✝, 池田 憲✝, 岩崎泰雄✝: 長大な脊髄病変を呈した晩発性腱黄色腫症の77歳男性例.  第209回日本神経学会関東・甲信越地方会,  東京,  2014/06
17. ◎池田 憲,澤田雅裕,花城里依,柳橋 優,平山剛久,高澤隆紀,村田貴代子,石川裕一,川辺清一,岩崎泰雄: 脳微小出血を有するアルツハイマー型認知症患者の頻度と特徴:臨床放射線学的意義.  第23回日本脳ドック学会総会,  下関,  2014/06
18. ◎熱田 直樹, 渡辺 はづき, 中村 亮一, 平川 晃弘, 中杤 昌弘, 渡辺 宏久, 伊藤 瑞規, 千田 譲, 和泉 唯信, 梶 龍兒, 森田 光哉, 富山 弘幸, 谷口 彰, 溝口 功一, 狩野 修✝, 阿部 康二, 中野 今治, 池川 志郎, 飯田 有俊, 祖父江 元: ALSの進行を規定する因子の探索同定.  第55回日本神経学会学術大会,  福岡,  2014/05
19. ◎渡辺 はづき, 熱田 直樹, 中村 亮一, 平川 晃弘, 渡辺 宏久, 伊藤 瑞規, 千田 譲, 和泉 唯信, 森田 光哉, 富山 弘幸, 谷口 彰, 溝口 功一, 狩野 修✝, 桑原 聡, 阿部 康二, 梶 龍兒, 中野 今治, 祖父江 元: ALS患者におけるADL低下と生存へ影響する因子の検討:多施設共同ALSコホートの解析から.  第55回日本神経学会学術大会,  福岡,  2014/05
20. 川邉清一、柳橋優, 石川裕一, 三浦健, 平山剛久、高澤隆紀、池田憲、岩崎泰雄: Ibudilast内服によるIL-17に対する影響.  日本神経学会総会,  博多,  2014/05
21. ◎高澤 隆紀✝, 池田 憲✝, 石川 裕一✝, 長岡 哲郎, 平山 剛久✝, 澤田 雅裕✝, 花城 里依✝, 柳橋 優✝, 村田 貴代子✝, 三浦 健✝, 川辺 清一✝, 狩野 修✝, 岩崎 泰雄✝: 呼吸機能障害を呈した延髄梗塞患者の臨床放射線学的検討.  第55回日本神経学会学術大会,  福岡,  2014/05
22. ◎清塚鉄人,長澤 潤平,仲村 敬和,佐藤 龍太,岩本 康之介,池田 憲,岩崎泰雄: MNA-SF を用いた急性期脳梗塞患者における栄養 評価と転帰の関係.  第55回日本神経学会学術大会,  福岡,  2014/05
23. ◎川辺清一,澤田雅裕,花城里依,柳橋 優,平山剛久,高澤隆紀,村田貴代子,石川裕一,三浦 健,池田 憲,岩崎泰雄: Ibudilast 内服による IL-17 に対する影響.  第55回日本神経学会学術大会,  福岡,  2014/05
24. ◎長澤潤平,清塚 鉄人,仲村 敬和,佐藤 龍太,岩本 康之介,池田 憲,岩崎泰雄: 急性期脳卒中患者における経鼻胃管から半固形栄養剤投与の安全性に関する検討.  第55回日本神経学会学術大会,  福岡,  2014/05
25. ◎池田 憲,澤田雅裕,花城里依,柳橋 優,平山剛久,高澤隆紀,村田貴代子,石川裕一,三浦 健,川辺清一,狩野 修,岩崎泰雄: 多発性の脳葉型微小出血を呈したアルツハイマー病患者の有病率と臨床的特徴.  第55回日本神経学会総会,  福岡,  2014/05
26. ◎Osamu Kano✝, YJ-EXPANDS: Rhinorrhea in Parkinson's disease: a Multicenter Study in Japan.  第55回日本神経学会学術大会,  福岡,  2014/05
国際学会
1. Hazuki Watanabe, Naoki Atsuta, Ryoichi Nakamura, Akihiro Hirakawa, Hirohisa Watanabe, Mizuki Ito, Masahisa Katsuno, Yuishin Izumi, Mitsuya Morita, Hiroyuki Tomiyama, Akira Taniguchi, Koji Abe, Kouichi Mizoguchi, Osamu Kano✝, Satoshi Kuwabara, Takashi Imai, Masashi Aoki, Ryuji Kaji, Imaharu Nakano, Gen Sobue: Factors affecting longitudinal functional decline and survival in amyotrophic lateral sclerosis patients.  26th International Symposium on ALS/MND,  Brussels, Belgium,  2014/12
2. ◎Osamu Kano✝, Takanori Takazawa✝, Takehisa Hirayama✝, Masaru Yanagihashi✝, Yuichi Ishikawa✝, Ken Miura✝, Sayori Hanshiro✝, Masahiro Sawada✝, Kiyokazu Kawabe✝, Ken Ikeda✝, Yasuo Iwasaki✝: Timing of introduction of noninvasive ventilation and mechanically assisted coughing in patients with amyotrophic lateral sclerosis.  26th International Symposium on ALS/MND,  Brussels, Belgium,  2014/12
3. Kiyokazu Kawabe, Masaru Yanagihahi, Kano Osamu, Ken Ikeda, Yasuo Iwasaki.: Ibudilast inhibits Th17 differentiation. Mainz, Germany, 2014/11.  11th International Congress of Neuroimmunology.,  Mainz Germany,  2014/11
4. ◎Kiyokazu Kawabe, Osamu Kano, Masaru Yanagihashi Ken Miura, Yuichi Ishikawa, Takehisa Hirayama, Takanori Takazawa, Kiyoko Murata, Konosuke Iwamoto, Ken Ikeda, Yasuo Iwasaki: Is psychological Stress induced-salivary alpha-amylase secretion as a biomarker for Parkinson's disease?.  18th International Congress of Parkinson's Disease and Movement Disorders,  Stockholm, Sweden,  2014/06
5. ◎Osamu Kano✝: The frequency of rhinorrhea in Parkinson's disease: A multicenter study in Japan.  18TH INTERNATIONAL CONGRESS OF PARKINSON'S DISEASE AND MOVEMENT DISORDERS,  Stockholm, Sweden,  2014/06
その他
1. ◎Ikeda K, Sawada M, Hanashiro S, Yanagihashi M, Ishikawa Y, Hirayama T, Takazawa T, Murata K, Kawabe K, Iwasaki Y: Prevalence and clinical profile of headache after intravenous immunoglobulin treatment in patients with Guillain-Barré syndrome.  56th Scientific Annual Meeting of American Headache Society, Los Angeles, USA,  Los Angeles, USA,  2014/06
  :Corresponding Author
  :本学研究者