東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2013年度 | 2014年度 | 2015年度
 医学部 医学科 総合診療・救急医学講座(大森)
 Faculty of Medicine, Department of General Medicine and Emergency Care (Omori)

教授:
  瓜田 純久
  中嶋 均
臨床教授:
  島田 長人
  吉原 克則
准教授:
  本多 満
講師:
  財 裕明
  横室 浩樹
  吉澤 定子
■ 概要
教育については、問診能力の向上、臨床推論を行う思考回路の構築を大きな目標としています。「臓器は繋がっている」ことを意識し、ガイドラインやアルゴリズムの習得だけではなく、基礎医学まで立ち返って考えられるように努めています。論文作成は最大の自己反省の場であり、臨床重視の総合診療にとっては欠かせません。研修医教育においても、学会発表は重要と考えており、日本病院総合診療医学会、日本内科学会地方会を中心に、多くの初期研修医が学会発表を行っています。また,レジデントの時期は基礎研究の扉を開ける重要な時期であり,動物実験,in vitro研究への第一歩を踏み出すチャンスを与えることを目標としています。脳機能,糖代謝,アルコール代謝,高血圧,癌代謝を中心に基礎実験が5系列進行しています。 数理モデルを用いた病態解析を行い,逆流性食道炎,脳梗塞,頸動脈プラーク形態,肺気腫の進展,拡大内視鏡形態,癌リンパ節転移様式を研究している.
東邦大学総合診療・救急医学講座の大学における役割は明確です。大きな視野で物事をとらえ、自分の役割を認識し、非生産的な主張は自重し、自らの時間を進んでヒトのために提供し、余ったわずかな時間で大きな研究成果を上げることです。大きな心と強い意志をもち、専門内科が専門領域の診療に専念できるように、最も大人の診療科でありたいと考えています。
地域の先生方にご指導頂きながら,社会に貢献できる医療を目指しています。
新たに基幹18学会(内科、外科、小児科など)の19番目の専門医として「総合診療専門医」が位置づけられ、総合医の育成は社会の要請と思われます。「50人以上の地域で半径4km以内に医療機関がなく、容易に医療機関に受診できない」とする本来の定義にもとづく無医地区は平成21年の調査では13万人以上の方が住んでいます。自治体病院は再編成が行われ、病床削減、無床診療所への転換などで対応しているため、1病院がカバーする地域は広くなっています。専門医はさらに偏在し、疾患単位ではカバーしなければならない地域は広がり、総合医が初期対応をして、高次医療機関へ搬送することが多い。高齢化が進み、多くの疾患を抱える症例が増加しています。故郷への愛着が強く、最善の医療にこだわらず、次善の治療であっても生まれ育った町で治療を受けたいと希望する患者も少なくありません。高齢化社会で多様化する患者の希望に対して、広い守備範囲をもち、複数の疾患に粘り強く対応できる総合診療を目指しています。
救急救命センターでは、DIC治療を研究の柱とし、抗サイトカイン治療の確立を目指しています。重症心不全に対する補助循環、低体温療法なども積極的に取り入れ、救命率向上を目指して研究に取り組んでいます。災害医療についても重要な役割を担っており、災害シミュレーショントレーニングを行っています。
さらに,日本内科学会ICLSコースJMECCに,積極的に取り組んでいます.インストラクター3名がトレーニングを行っています.
■ Keywords
総合診療医学, 感染症,救急医学, 急性腹症, プライマリケア, 癌診療, 心身医学, 東洋医学, 臨床推論, 予防医学,災害医学, メタボリック症候群, 呼気試験, 機能性疾患,動物実験 ,数理モデル
■ 教授・准教授・講師の公的役職
1.  瓜田 純久 :厚生労働省医道審議会委員
2.  吉原 克則 :東京消防庁指導医, 東京都地域災害コーディネーター, 東京メディカルコントロール協議会委員
3.  本多 満 :東京消防庁指導医, 東京都社会保険診療報酬請求書審査委員会審査委員東京都地域災害, サブコーディネーター
4.  横室 浩樹 :東京消防庁指導医
■ 教授・准教授・講師の学会・研究会の役員
1.  瓜田純久 :日本消化器内視鏡学会評議員, 日本消化吸収学会副理事長, 日本消化器病学会総会評議員, 日本大腸検査学会理事, 日本平滑筋学会理事, 東京UGI研究会世話人, 潰瘍病態研究会世話人, 日本神経消化器病学会評議員, 日本安定同位体・生体ガス医学応用学会理事, 日本内科学会救急検討委員, 東京消化管機能研究会世話人, 日本病院総合診療医学会理事, 日本プライマリケア連合学会代議員, 日本高齢消化器病学会監事, 東京プライマリケア研究会幹事,日本臨床生理学会評議員,日本アルコール薬物医学会評議員,
2.  中嶋 均 :日本大腸肛門病学会評議員, 日本消化器病学会評議員, 日本消化器内視鏡学会評議員, 日本高齢消化器病学会評議員,日本安定同位体・生体ガス医学応用学会評議員
3.  島田 長人 :日本臨床外科学会評議員, 日本腹部救急医学会評議員, 日本ヘルニア学会理事・評議員, 城南地区周術期感染・管理懇話会幹事, 日本病院総合診療医学会評議員 Tokyo Hernia Academy世話人
4.  吉原 克則 :日本小児循環器学会評議員, 日本救急医学会関東甲信越地方会評議員
5.  本多 満 :日本救急医学会関東地方会幹事,日本脳神経外科学会評議員,日本救急医学会評議員,脳死臓器組織移植委員,ICLSコース企画運営委員,日本臨床救急医学会,教育研修委員・意識障害に関するERにおける標準化(ACEC)委員,日本集中治療学会評議員,日本脳神経外科救急学会評議員・幹事, 日本神経救急学会評議員,日本脳低温療法学会幹事, JPTEC(Japan Prehospital Trauma Evaluation and Care )東京世話人, 日本早期認知症学会評議員, 日本臨床脳電位学会副理事長
6.  財 裕明 :日本神経消化器病学会評議員,日本安定同位体・生体ガス医学応用学会評議員,胃病態機能研究会世話人
7.  吉澤 定子 :日本環境感染学会評議員, ICD連携の会幹事, 東京ICネットワーク研究会世話人, 東京感染制御カンファレンス世話人, 感染症治療戦略会議コアメンバー, JAID/JSC感染症治療ガイド2014, 骨髄炎ワーキンググループ委員, 城南呼吸器感染症研究会世話
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















瓜田 純久   教授
 16 9 1 7  8 2       8
(2)
 52
(4)
 3
 2
 3
(2)
 4
中嶋 均   教授
 1 5  4   3       2
 38
(3)
 2
 3
 
 1
島田 長人   臨床教授
  4     9       2
(1)
 34
(3)
 
 1
 
 
吉原 克則   臨床教授
              
 12
(2)
 
 1
 
 
本多 満   准教授
 1 2  2   4       16
(1)
 11
(2)
 
 1
 1
 1
(1)
財 裕明   講師
  2     2       
 32
(2)
 
 4
 
 1
横室 浩樹   講師
              2
(1)
 10
(2)
 
 
 
 
吉澤 定子   講師
  1 1 1          2
(1)
 8
(3)
 
 
 1
 
石井 孝政   助教
  5  1   4       4
 29
(1)
 
 5
 
 2
一林 亮   助教
       2       2
 11
(3)
 
 1
 
 
大津 秀一   助教
  1    1        
 1
 
 
 
 
城戸 秀倫   助教
  1     1       
 21
 
 1
 2
 
佐々木 陽典   助教
 6 3 3 5   5       12
(1)
 25
 
 5
 1
(1)
 6
菅澤 康幸   助教
       1       
 9
 
 2
 
 
豊田 幸樹年   助教
              
 7
(1)
 
 
 
 
原 規子   助教
  2            
 19
 
 
 
 
本田 善子   助教
 1 3     5       5
(2)
 21
(2)
 
 1
 
 
前田 正   助教
  4 1 1   4       2
 35
(2)
 
 5
 
 4
宮崎 泰斗   助教
  3  1   2       1
 36
(2)
 
 5
 
 
渡邉 利泰   助教
  6  2   5       3
 29
(1)
 
 5
 
 1
 25 6  9 0  0  61
(9)
 5
(0)
 8
(3)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. 中嶋均, 瓜田純久, 佐藤真司, 住野泰清, 小池淳一, 藤岡俊樹:  高山における消化管機能の変化.  登山医学  35 :77 -82 , 2015
2. 佐々木陽典, 瓜田純久:  ビタミンB12欠乏症を早期に鑑別するには?.  日本医事新報  (4783) :63 -64 , 2015
3. Kainuma M, Furusyo N, Urita Y, Nagata M, Ihara T, Oji T, Nakaguchi T, Namiki T, Hayashi J:  The association between objective tongue color and endoscopic findings: results from the Kyushu and Okinawa population study (KOPS).  BMC Complement Altern Med  (15) :372 , 2015
4. Furuya K, Sasaki Y, Takeuchi T, Urita Y:  Characteristics of 22q 11.2 deletion syndrome undiagnosed until adulthood: an example suggesting the importance of psychiatric manifestations.  BMJ Case Rep  2015 :bcr-2014-208903 , 2015
5. Furuya K, Nakajima H, Sasaki Y, Urita Y:  An examination of co-infection in acute gastroenteritis and histo-blood group antigens leading to viral infection susceptibility.  Biomed Rep  (4) :331 -334 , 2016
6. ◎Kenta Furuya, Hitoshi Nakajima, Yousuke Sasaki, Yoshihisa Urita.:  An examination of co-infection in acute gastroenteritis and histo-blood group antigens leading to viral infection susceptibility.  Biomedical Report  4 (3) :331 -334 , 2016
7. ◎Kenta Furuya, Hitoshi Nakajima, Yousuke Sasaki, Yoshihisa Urita.:  An examination of co-infection in acute gastroenteritis and histo-blood group antigens leading to viral infection susceptibility.  Biomedical Report  4 (3) :331 -334 , 2016
8. Urita Y, Watanabe T, Kawagoe N, Sasaki Y, Ishii T, Tonouchi H, Uchida M, Yamaji T, Sasaki H, Kashimura j, Goto M, Nakajima H, Kaneko H:  Oxidation and Absorption of Glucose and Fructose Component Ingested as a Low Glycemic Sucrose Isomer Isomaltulose(Palationse) in Human.  Indian Journal of Applied Research  5 (4) :406 -410 , 2015
9. Sawada M,Takazawa T,Miura K,Kiyozuka T,Ikeda K:  Prevalence and clinicoradiological profiles of respiratory dysfunction in patients with medullary infarction: retrospective case study and review of literature.  Journal of Advances in Medical and Pharmaceutical Sciences  6 (3) :1 -9 , 2016
10. Miura K, Ikeda K, Kawabe K, Sawada M, Hanashiro S, Ito H, Iwasaki Y:  Brain images in ornithine transcarbamylase deficiency.  Neurology and Clinical Neuroscience  4 (1) :36 , 2016
11. Tanaka H, Urita Y, Kawagoe N, Sasaki Y, Watanabe T, Kawaguchi T:  A mathematical model of the pathophysiology of reflux esophagitis.  Toho J Med  2 (1) :8 -15 , 2016
総説及び解説
1. 本多満:  ICP、SjO2.  Emergency Care  28 (10) :40 -43 , 2015
2. 本多満:  NIHSS.  Emergency Care  28 (10) :44 -45 , 2015
3. 本多満:  CTによる脳出血(血腫)量の推定.  Emergency Care  28 (10) :48 -49 , 2015
4. 佐々木陽典:  意識.  月刊薬事  58 (5) :853 -857 , 2015
5. 瓜田純久,斉藤隆弘,鈴木健志,山田篤史,小松史哉,河越尚幸,貴島祥,田中英樹,佐々木陽典,城戸秀倫,前田正,石井孝政,渡辺利泰,宮崎泰斗,財裕明,中嶋均:  大学附属病院における総合診療の確率を目指して.  日本病院総合診療医学会雑誌  (10) :7 -11 , 2016
6. 佐々木陽典, 瓜田純久, 佐藤高広, 前田正, 石井孝政, 渡辺利泰, 宮崎泰斗, 原規子, 本田善子, 島田長人, 中嶋均:  大学病院総合診療科の診療実態〜大学病院総合診療科に求められるものは何か〜.  日本病院総合診療医学会雑誌  (9(1)) :1 -8 , 2015
7. 本田善子, 島田長人, 澤口悠子, 木村和孝, 吉田公彦, 松本悠, 竹山照明, 皆川輝彦, 島田英昭, 金子弘真, 瓜田純久:  嵌頓ヘルニアにおけるメッシュの適応-嵌頓ヘルニアにおけるメッシュ使用の現状.  日本腹部救急医学会雑誌  (36) :565 -569 , 2016
症例報告
1. 澤口悠子, 大嶋陽幸, 本田善子, 竹山照明, 鏡 哲, 久保田喜久, 片柳智之, 佐々木雄毅, 藤井毅朗, 大塚由一郎, 渡邉善則, 島田長人, 島田英昭, 金子弘真:  感染性腹部大動脈瘤十二指腸瘻に対し、消化管経路変更術を伴施した1例.  臨牀と研究  92 (4) :462 -464 , 2015
2. Sasaki Y, Nakata K, Suzuki K, Ando Y:  Pituitary apoplexy presenting with anorexia and hyponatraemia.  BMJ case reports  2015 :bcr-2014-209120 , 2015
3. Sasaki Y, Tanabe M, Koga K:  Chile improved with plasma exchange in
hypertriglyceridemic pancreatitis.  Fam Med Med Sci Res 4  :166 , 2015
4. Sasaki Y, Manda S, Sato T, Maeda T, Miyazaki T, Nakanisi K, Urita Y:  Chikungunya virus infection presenting with persistent arthralgia without fever.  General Medicine  (16(3)) :204 -207 , 2015
5. Maeda T, Yoshizawa S,Hirayama T,Saga T,Tateda K,Urita Y:  Neurosyphilis mimicking Ramsay-Hunt syndrome.  Journal of Nippon Medical School  (82) :254 -256 , 2015
その他
1. 瓜田純久:  何を選ぶ?どう食べる?効果的ヨーグルト生活とは.  クロワッサン  (7月25日) :34 -37 , 2015
2. 瓜田純久:  夏やせ,夏太り.  ターザン  (8月13日) :50 -51 , 2015
3. 瓜田純久:  大学病院で勧める腸活.  安心  (2016年1月) :42 -49 , 2016
4. 瓜田純久:  逆引き病気事典.  週刊現代  (10月24日) :140 , 2015
5. 瓜田純久:  ストレスからくる胃の負傷にビフィズス菌が効果アリ!.  女性自身  (4月7日) :148 -149 , 2015
6. 瓜田純久, 石井孝政:  大腸憩室症.  消化管疾患診療のギノン・シツモン・アンコモン(高橋信一,編)  :127 -130 , 2015
7. 瓜田純久, 佐々木陽典:  食欲不振.  消化管疾患診療のギノン・シツモン・アンコモン(高橋信一,編)  :4 -7 , 2015
8. 瓜田純久, 渡辺利泰:  他科(特に消化器外科)の医師との関係.  消化器研修ノート(永井良三,編)  :41 -42 , 2016
9. 瓜田純久, 渡辺利泰:  げっぷ障害.消化管の機能性疾患診療マニュアル(稲森正彦,中島淳,福土審,三輪洋人,編).  診断と治療社  :77 -82 , 2015
10. 瓜田純久:  名医に聞く,腸活テクニック.  壮快  (2015年6月) :162 -165 , 2015
11. 瓜田純久:  腸の悩み110番,ガス腹がみごとに解消する.  壮快  (2015年7月号) :70 -71 , 2015
12. 瓜田純久:  大学病院の腸活.  腸の毒出し  :60 -67 , 2016
13. 佐仲雅樹, 瓜田純久, 中嶋均:  「情動」を考慮した実践的な急性疾患症候学.  東邦医学会誌  (62) :173 -182 , 2015
14. 佐々木陽典、瓜田純久:  ビタミンB12欠乏症を早期に鑑別するには?.  日本医事新報  4783 :63 -64 , 2015
15. 佐々木陽典, 瓜田純久:  血清PGと貧血.胃炎をどうする?(三木一正,編).  日本医事新報社  :35 , 2015
16. 佐々木陽典, 瓜田純久, 佐藤高広, 前田 正, 石井孝政, 渡辺利泰, 宮崎泰斗, 原 規子, 本田善子, 島田長人, 中嶋均:  大学病院総合診療科の診療実態.  日本病院総合診療医学会雑誌  9 (1) :1 -8 , 2015
17. 瓜田純久, 河越尚幸, 貴島 祥, 佐々木陽典, 前田 正, 石井孝政, 渡辺利泰, 財 裕明, 中嶋 均:  新規呼気検査報の開発動向.  非侵襲的検体検査の最前線(槻木恵一,編)  :193 -199 , 2015
18. 瓜田純久:  加齢腸の悩みをスッキリ.  婦人公論  (9月8日) :80 -83 , 2015
19. 瓜田純久:  健康力,便秘.  文藝春秋  (3月) :なし , 2016
20. 瓜田純久:  下剤も効かない50代以上の便秘.  夢 21  (2015年7月) :90 -96 , 2015
21. ◎Kudho C, Arita R, Honda M, Kishi T, Komatsu Y, Asou H, Mimura M:  Effect of ninjin'a Kampo(traditional Japanese)medicine,on cognitive mpairment and depression in patients with Alzheimer's disease.  2years of observation. Psychogeriatrics.  16 (2) :85 -92 , 2016
22. Sase S, Nakano H, Honda M:  CT scanning protocol in washin/washout method to reduce the effect of xenon-induced flow activation on xenon- enhanced computed tomography calculations: cerebral blood flow and partition coefficient.  OMICS Journal of Radiology 2015  4 :1000182 , 2015
23. Ikeda k, Sawada M, Morioka H, Nagasawa J, Miura K, Hanashiro S, Kyuzen M, Yanagihashi M, Ishikawa Y, Hirayama T, Takazawa T, Kawabe K, Kiyozuka T, Iwasaki Y:  Clinical and radiological features of respiratory dysfunction in patients with medullary infarction.  Stroke; a journal of cerebral circulation  47 :227 , 2016
■ 著書
1. 瓜田純久, 河越尚幸, 貴島 祥, 佐々木陽典, 前田 正, 石井孝政, 渡辺利泰, 財 裕明, 中嶋 均:  新規呼気検査報の開発動向.  非侵襲的検体検査の最前線(槻木恵一,編)  193-199.  CMC出版,  東京, 2015
2. 本多満:  急性意識障害のシナリオシミュレーションー脳ヘルニア.  PCECガイドブック2016  188-191.  へるす出版,  東京, 2015
3. 本多満:  主な病態の標準的対応ー脳ヘルニア.  PCECガイドブック2016  188-191.  へるす出版,  東京, 2015
4. 本多満:  脳ヘルニアとは.  PSLSガイドブック2015  92.  へるす出版,  東京, 2015
5. 島田長人:  腹痛診断の基本を学ぶ症例
右下腹部痛で来院した20歳男性.  Ceneralist Masters10 腹痛診療に自信がつく本  1-12.  カイ書林,  東京, 2015
6. 島田長人:    Generalist Masters10 腹痛診療に自信がつく本  1-354.  カイ書林,  日本, 2015
7. 本田善子:  腹痛診療の基本を学ぶ症例
食欲不振と嘔気・嘔吐で来院した87歳女性.  Ceneralist Masters10 腹痛診療に自信がつく本  109-118.  カイ書林,  東京, 2015
8. 高地良介:  腹痛診療の基本を学ぶ症例
上腹部痛と嘔吐で来院した開腹歴のない53歳男性.  Ceneralist Masters10 腹痛診療に自信がつく本  119-130.  カイ書林,  東京, 2015
9. 宮﨑泰斗:  腹部診療の基本を学ぶ症例
持続的な右下腹部痛で来院した45歳男性.  Ceneralist Masters10 腹痛診療に自信がつく本  13-24.  カイ書林,  東京, 2015
10. 皆川輝彦:  腹痛診療の基本を学ぶ症例
慢性経過の腹痛で来院した下腹部に腫瘤をふれる75歳女性.  Ceneralist Masters10 腹痛診療に自信がつく本  131-142.  カイ書林,  東京, 2015
11. 本田善子:  腹痛診療の基本を学ぶ症例
腹部膨満と腹部全体痛で来院した85歳男性.  Ceneralist Masters10 腹痛診療に自信がつく本  143-154.  カイ書林,  東京, 2015
12. 島田長人:  腹痛診療の基本を学ぶ症例
突然ののた打ち回るような腹痛で来院した46歳男性.  Ceneralist Masters10 腹痛診療に自信がつく本  155-166.  カイ書林,  東京, 2015
13. 瓜田純久:  稀ではあるが知っておくべき腹痛症例
咳嗽後の左下腹部痛で来院した59歳の透析患者.  腹痛診療に自信がつく本 Generalist Masters10  167-178.  カイ書林,  東京, 2015
14. 島田長人, 名波竜規:  稀ではあるが知っておくべき腹痛症例
右側腹部痛で来院した58歳男性.  腹痛診療に自信がつく本 Generalist Masters10  179-188.  カイ書林,  東京, 2015
15. 前田 正:  稀ではあるが知っておくべき腹痛症例
心窩部痛と口唇浮腫がみられた反復性腹痛の44歳女性.  腹痛診療に自信がつく本 Generalist Masters10  201-210.  カイ書林,  東京, 2015
16. 渡邉利泰:  稀ではあるが知っておくべき腹痛症例
放尿増加を伴う腹痛で来院した67歳女性.  腹痛診療に自信がつく本 Generalist Masters10  211-220.  カイ書林,  東京, 2015
17. 菅澤康幸:  稀ではあるが知っておくべき腹痛症例
突然の腹痛と発熱、下痢で来院した33歳女性.  腹痛診療に自信がつく本 Generalist Masters10  221-232.  カイ書林,  東京, 2015
18. 前田徹也:  稀ではあるが知っておくべき腹痛症例
右鼠径部痛と嘔吐で来院した65歳男性.  腹痛診療に自信がつく本 Generalist Masters10  233-244.  カイ書林,  東京, 2015
19. 皆川輝彦:  稀ではあるが知っておくべき腹痛症例
突然の腹痛で搬入された開腹歴のない腸閉塞の既往がある46歳女性.  腹痛診療に自信がつく本 Generalist Masters10  245-254.  カイ書林,  東京, 2015
20. 島田長人:  腹痛診療の基本を学ぶ症例
右下腹部痛で来院した23歳男性.  Ceneralist Masters10 腹痛診療に自信がつく本  25-34.  カイ書林,  東京, 2015
21. 一林亮:  稀ではあるが知っておくべき腹痛症例
下腹部痛で来院した左鼠径ヘルニアがある36歳男性.  腹痛診療に自信がつく本 Generalist Masters10  255-266.  カイ書林,  東京, 2015
22. 石井孝政:  稀ではあるが知っておくべき腹痛症例
突然の右側腹部痛で来院した心房細動のある74歳男性.  腹痛診療に自信がつく本 Generalist Masters10  267-275.  カイ書林,  東京, 2015
23. 渡邊学, 塩澤一恵:  見逃してはいけない腹痛症例
右上腹部痛とふらつき感で来院した64歳男性.  腹痛診療に自信がつく本 Generalist Masters10  277-288.  カイ書林,  東京, 2015
24. 本田善子:  見逃してはいけない腹痛症例
発熱・下腹部痛・下痢で来院した36歳男性.  腹痛診療に自信がつく本 Generalist Masters10  289-300.  カイ書林,  東京, 2015
25. 島田長人:  見逃してはいけない腹痛症例
急性胃腸炎の診断で来院した不整脈のある92歳女性.  腹痛診療に自信がつく本 Generalist Masters10  301-312.  カイ書林,  東京, 2015
26. 島田長人:  見逃してはいけない腹痛症例
心窩部痛と頻回な嘔吐で救急搬入された生来健康な76歳女性.  腹痛診療に自信がつく本 Generalist Masters10  313-324.  カイ書林,  東京, 2015
27. 本田善子:  見逃してはいけない腹痛症例
ゴルフのラウンド中に突然上腹部痛が出現した65歳男性.  腹痛診療に自信がつく本 Generalist Masters10  325-334.  カイ書林,  東京, 2015
28. 中嶋均:  腹部診療の基本を学ぶ症例
血性下痢を伴った腹痛で来院した24歳女性.  Ceneralist Masters10 腹痛診療に自信がつく本  35-42.  カイ書林,  東京, 2015
29. 塩澤一恵, 渡邊学:  腹痛診療の基本を学ぶ症例
夜間就寝中に右上腹部痛が出現した54歳女性.  Ceneralist Masters10 腹痛診療に自信がつく本  43-54.  カイ書林,  東京, 2015
30. 塩澤一恵, 渡邊学:  腹痛診療の基本を学ぶ症例
数日前から持続する上腹部痛で来院した66歳男性.  Ceneralist Masters10 腹痛診療に自信がつく本  55-64.  カイ書林,  東京, 2015
31. 島田長人:  腹痛診療の基本を学ぶ症例
体動時に増強する右上腹部痛で来院した18歳女性.  Ceneralist Masters10 腹痛診療に自信がつく本  65-76.  カイ書林,  東京, 2015
32. 皆川輝彦:  腹痛診療の基本を学ぶ症例
腹痛と嘔吐で来院した歯が悪い62歳男性.  Ceneralist Masters10 腹痛診療に自信がつく本  77-86.  カイ書林,  東京, 2015
33. 島田長人:  腹痛診療の基本を学ぶ症例
腹痛と嘔吐で来院した刺身が大好物な67歳男性.  Ceneralist Masters10 腹痛診療に自信がつく本  87-98.  カイ書林,  東京, 2015
34. 本田善子:  腹痛診療の基本を学ぶ症例
腹痛と嘔吐で来院した開腹歴のない80歳女性.  Ceneralist Masters10 腹痛診療に自信がつく本  99-108.  カイ書林,  東京, 2015
35. 瓜田純久:.60-67,2016.:  腸の毒出し.  大学病院の腸活  60-67.  マキノムック,  東京, 2016
36. 瓜田純久.:  大学病院で勧める腸活.  安心  42-49.  マキノ出版,  東京, 2016
37. 本多 満:  脳神経蘇生.  脳出血の外科的治療JRCガイドライン2015  360-361.  医学書院,  東京, 2016
38. 瓜田純久, 渡辺利泰:  他科(特に消化器外科)の医師との関係.  消化器研修ノート(永井良三,編)  41-42.  診断と治療社,  東京, 2016
39. 瓜田純久, 渡辺利泰:  げっぷ障害.  消化管の機能性疾患診療マニュアル(稲森正彦,中島淳,福土審,三輪洋人,編)  77-82.  診断と治療社,  東京, 2015
40. 大津秀一:    間違いだらけの緩和薬選び  0-182.  中外医学社,  東京, 2015
41. 一林 亮:  劇症型溶血性レンサ球菌とは.  健康教室  66-68.  東山書房,  東京, 2016
42. 瓜田純久, 石井孝政:  大腸憩室症.  消化管疾患診療のギノン・シツモン・アンコモン(高橋信一,編)  127-130.  日本医事新報社,  東京, 2015
43. 前田 正:  あなたも名医! 名医たちの感染症の診かた・考えかた.  あなたも名医! 名医たちの感染症の診かた・考えかた  218-223.  日本医事新報社,  東京, 2015
44. 佐々木陽典:  コラム 血清PGと貧血.  三木一正:血清ABC検診で 内視鏡で X線で 胃炎をどうする?  35.  日本医事新報社,  東京, 2015
45. 佐々木陽典, 瓜田純久:  血清PGと貧血.  胃炎をどうする?(三木一正,編)  35.  日本医事新報社,  東京, 2015
46. 瓜田純久, 佐々木陽典:  食欲不振.  消化管疾患診療のギノン・シツモン・アンコモン(高橋信一,編)  4-7.  日本医事新報社,  東京, 2015
47. 瓜田純久,斉藤隆弘,鈴木健志,山田篤史,小松史哉,河越尚幸,貴島祥,田中英樹,佐々木陽典,城戸秀倫,前田正,石井孝政,渡邉利泰,宮崎泰斗,財裕明,中嶋均.:  大学附属病院における総合診療の確率を目指して..  日本病院総合診療医学会雑誌  7-11.  日本病院総合診療医学会雑誌,  福岡, 2016
■ 学会発表
国内学会
1. ◎菊池由宣, 中込英里子, 乾山光子, 大津秀一, 土方一範, 鳥羽崇仁, 塩澤一惠, 渡邉学, 五十嵐良典, 住野泰清, 島田英昭: 切除不能胃癌に対するWeekly nab-PTX療法の検討.  第88回日本胃癌学会総会,  別府市,  2016/03
2. ◎竹山照明, 島田長人, 本田善子, 高地良介, 澤口悠子, 船橋公彦, 島田英昭, 金子弘真, 瓜田純久: 咳嗽を契機に発症した非外傷性内腹斜筋血腫の1例.  第52回日本腹部救急医学会総会,  東京都,  2016/03
3. ◎本田善子, 澤口悠子, 竹山照明, 島田英昭, 金子弘真, 瓜田純久, 島田長人: アッペの手術タイミングは? 急性虫垂炎の手術のタイミング.  第52回日本腹部救急医学会総会,  東京都,  2016/03
4. 佐々木陽典、村上義孝、小松史哉、斎藤隆弘、鈴木健志、山田篤史、河越尚幸、竹本育聖、田中英樹、熊手絵璃、前田正、渡辺利泰、宮崎泰斗、本田善子、財裕明、島田長人、中嶋均、瓜田純久: 感染性腸炎に対するProbiotics投与による入院期間短縮効果の検討.  第14回日本病院総合診療医学会学術総会,  岡山県,  2016/03
5. ◎島田長人, 本田 善子, 竹山 照明, 一林 亮, 澤口 悠子, 高地 良介, 金子 弘真, 瓜田 純久: シンポジウム5「腹部疾患に対する初期診断と初期治療―総合診療医の役割―」当院における総合診療医を中心とした腹部救急診療の現状.  第52回日本腹部救急医学会総会,  東京,  2016/03
6. 中嶋 均、財 裕明、瓜田純久: 急性胃腸炎におけるT-RFLPプロファイル解析..  第12回日本消化管学会総会学術集会,  東京,  2016/02
7. ◎横室浩樹, 瓜田純久, 一林 亮, 豊田幸樹年, 吉原克則, 本多 満: 病院救急部からの期待
救命救急センターという名の総合診療.  第12回日本病院総合診療医学会 シンポジウム2,  横浜,  2016/02
8. ◎小泉 雅之, 豊田 幸樹年, 一林 亮, 坪田 貴也, 横室 浩樹, 本多 満, 吉原 克則: 下腹痛を主訴に来院し、 急性心筋梗塞による左室自由壁破裂を診断し救命し得た一例.  第43回日本集中治療医学会学術集会,  神戸, 東京,  2016/02
9. 本多満: 痙攣に対する救急・集中治療対応.  Seminar for Neurologist,  東京,  2016/02
10. ◎渡辺利泰, 河越尚幸, 竹本育聖, 貴島祥, 佐々木陽典, 前田正, 城戸秀倫, 石井孝政, 宮崎泰斗, 菅澤康幸, 原規子, 財裕明, 中西員茂, 島田長人, 中嶋均, 瓜田純久: 機能性胃腸症患者におけるモズクフコイダン飲用試験.  第12回日本消化管学会,  東京,  2016/02
11. ◎石井孝政, 瓜田純久, 佐藤高広, 佐々木陽典, 城戸秀倫, 渡辺利泰, 宮崎泰斗, 原規子, 財裕明, 中嶋均: 当院における大腸憩室出血と抗血栓薬についての検討.  第12回日本消化管学会 ワークショップ7,  東京,  2016/02
12. ◎中嶋均, 菅澤康幸, 財裕明, 瓜田純久: 急性胃腸炎におけるT-RFLPプロファイル解析.  第12回日本消化管学会総会学術集会 ワークショップ3,  東京,  2016/02
13. ◎島田長人, 本田善子, 竹山照明, 沢口悠子, 高地良介, 城戸秀倫, 佐々木陽典, 石井孝政, 渡辺利泰, 前田正, 原規子, 宮崎泰斗, 財裕明, 中嶋均, 瓜田純久: 病院総合診療医からみた急性腹症診療ガイドライン2016.  第12回日本病院総合診療医学会 学術総会,  横浜,  2016/02
14. ◎岸上大輝, 城戸秀倫, 松川善樹, 田中英樹, 原規子, 佐々木陽典, 前田正, 石井孝政, 宮崎泰斗, 渡辺利泰, 中嶋均, 瓜田純久: 原因不明の発熱と両側の副腎腫大を認めた79歳の男性.  第12回日本病院総合診療医学会学術総会,  神奈川,  2016/02
15. ◎一林 亮, 豊田幸樹年, 小泉雅之, 佐藤大輔, 横室浩樹, 吉原克則, 本多 満: TSLS(streptococcus toxic shock-like syndrome)の予後規定因子.  第43回日本集中治療医学会,  兵庫,  2016/02
16. 本多満: 頭蓋内圧モニタリングの現況.  第43回日本集中治療医学会,  神戸,  2016/02
17. ◎宮崎泰斗, 前田正, 佐藤高広, 福井悠人, 河越尚幸, 田中英樹, 佐々木陽典, 城戸秀倫, 石井孝政, 渡辺利泰, 原規子, 本田善子, 松清靖, 財裕明, 島田長人, 中島均, 瓜田純久: 血清フェリチンが著明高知を呈した腸チフスの2例.  第12回日本病院総合診療医学会 学術総会,  横浜,  2016/02
18. ◎山田篤志, 佐々木陽典, 鈴木健志, 斎藤隆弘, 小松史哉, 河越尚幸, 田中英樹, 前田正, 城戸秀倫, 石井孝政, 渡辺利泰, 宮崎泰斗, 原規子, 本田善子, 財裕明, 島田長人, 中島均, 瓜田純久: 典型的粟粒影、リンパ節腫張、発熱を呈したにもかかわらずT-SPOT陰性であった粟粒結核の一例.  第12回日本病院総合診療医学会 学術総会,  横浜,  2016/02
19. ◎竹内泰三, 佐々木陽典, 斎藤隆弘, 小松史哉, 鈴木健志, 山田篤志, 河越尚幸, 田中英樹, 前田正, 城戸秀倫, 石井孝政, 渡辺利泰, 宮崎泰斗, 原規子, 本田善子, 財裕明, 島田長人, 中島均, 瓜田純久: 明らかな食事歴を認めなかった腸管出血性大腸菌による溶血性尿毒症症候群(EHEC-HUS)の成人例.  第12回日本病院総合診療医学会 学術総会,  横浜,  2016/02
20. ◎鄭有人, 馬場寛子, 増岡正太郎, 城戸秀倫, 佐々木陽典, 石井孝政, 渡辺利泰, 宮崎泰斗, 財裕明, 中島均, 瓜田純久: 原因不明の発熱、腰痛を認めた25歳女性.  第12回日本病院総合診療医学会 学術総会,  横浜,  2016/02
21. ◎鈴木健志, 佐々木陽典, 山田篤志, 斎藤隆弘, 小松史哉, 河越尚幸, 田中英樹, 前田正, 城戸秀倫, 石井孝政, 渡辺利泰, 宮崎泰斗, 原規子, 本田善子, 財裕明, 島田長人, 中島均, 瓜田純久: ドキしサイクリン錠による薬剤性食道潰瘍の一例.  第12回日本病院総合診療医学会 学術総会,  横浜,  2016/02
22. ◎小原 浩、坪田 貴也、林田 眞喜子、酒井 浩多、小泉 雅之、荻野 悠、木内 俊介、藤野 紀之、田巻 一義、横室 浩樹、大野 曜吉、池田 隆徳: リドカインが著効したトリカブト中毒による多源性心室頻拍の1例.  第28回心臓性急死研究会,  東京,  2015/12
23. ◎斎藤隆弘, 財裕明, 中嶋均, 瓜田純久, 菅澤康幸, 伊藤貴文, 絹傘雄介, 山口智弘,: 腹痛と急性出血で受診した72歳の女性.  第337回日本消化器病学会関東支部例会,  東京,  2015/12
24. 本多満: 災害医療におけるトリアージの位置づけ.  平成27年度第4回大森医師会 災害救急講習会,  東京,  2015/12
25. ◎高地良介, 島田長人, 本田善子, 布井啓雄, 吉野 翔, 皆川輝彦, 三浦康之, 伊東俊秀, 中島 均, 瓜田純久, 金子弘真, 若山 恵, 根本哲生: 赤痢アメーバ性大腸炎に虫垂炎を合併した一例.  第77回日本臨床外科学会総会,  福岡市,  2015/11
26. ◎須磨崎真, 緒方秀昭, 島田長人, 金子弘真: 転移性乳癌患者に発症した左胃動脈瘤を合併したStreptococcal Toxic shock syndrome (STSS)の1例.  第77回日本臨床外科学会総会,  福岡市,  2015/11
27. ◎本田善子, 澤口悠子, 竹山照明, 島田英昭, 金子弘真, 瓜田純久, 島田長人: 最近5年間の虫垂炎治療症例について.  第77回日本臨床外科学会総会,  福岡市,  2015/11
28. ◎鈴木 隆, 島田長人, 吉野 翔, 皆川輝彦, 本田善子, 吉田公彦, 塩川洋之, 島田英昭, 金子弘真: 膀胱上窩ヘルニア整復後,絞扼性腸閉塞を発症し腹腔鏡下に解除した1例.  第77回日本臨床外科学会総会,  福岡市,  2015/11
29. ◎竹山照明, 本田善子, 澤口悠子, 瓜田純久, 島田英昭, 金子弘真, 島田長人: 当科で経験した大網裂孔ヘルニアの検討.  第77回日本臨床外科学会総会,  福岡市,  2015/11
30. ◎名波竜規, 島田長人, 吉野 翔, 上田一夫, 戸倉夏木, 中野太郎, 高塚 純, 中野重徳, 島田英昭, 金子弘真: 上行結腸原発性腹膜垂炎の1例.  第77回日本臨床外科学会総会,  福岡市,  2015/11
31. ◎中嶋 均, 瓜田純久: 急性胃腸炎と出血.  第40回日本大腸肛門病学会総会,  名古屋,  2015/11
32. 本多満: トリアージから学ぶ災害医療.  成27年度第3回大森医師会 災害救急講習会,  東京,  2015/11
33. ◎渡辺利泰, 河越尚幸, 竹本育聖, 貴島祥, 佐々木陽典, 前田正, 石井孝政, 宮崎泰斗, 菅澤康幸, 本田善子, 原規子, 財裕明, 中西員茂, 島田長人, 中嶋均, 瓜田純久: 機能性胃腸症患者におけるモズクフコイダンの有用性について.  第46回日本消化吸収学会総会,  千葉,  2015/11
34. ◎佐々木陽典, 瓜田純久, 河越尚幸, 佐藤高広: 13C-プロピオン酸呼気試験を用いたビタミンB12欠乏症に対する治療戦略.  第46回日本消化吸収学会総会パネルディスカッション,  千葉,  2015/11
35. ◎瓜田純久: 複雑系科学としての総合診療.  第7回日本安定同位体・生体ガス医学応用学会総会,  名古屋,  2015/11
36. ◎佐々木陽典, 瓜田純久, 斉藤隆弘, 河越尚幸, 貴島祥, 田中英樹, 城戸秀倫, 前田正, 石井孝政, 高地良介, 渡辺利泰, 宮崎泰斗, 財裕明, 中嶋均: 総合診療における消化酵素補充療法の現状.  第7回日本安定同位体・生体ガス医学応用学会総会,  名古屋,  2015/11
37. ◎佐々木陽典, 瓜田純久, 斉藤隆弘, 鈴木健志, 河越尚幸, 貴島祥, 田中英樹, 城戸秀倫, 前田正, 石井孝政, 高地良介, 渡辺利泰, 宮崎泰斗, 本田善子, 財裕明, 島田長人, 中嶋均: ビタミンB12補充療法によるプロピオンサン呼気試験の変化.  第7回日本安定同位体・生体ガス医学応用学会総会,  名古屋,  2015/11
38. 本多満: 災害医療におけるトリアージの位置づけ.  平成27年度第4回大森医師会 災害救急講習会,  東京,  2015/11
39. ◎池田 憲,給前まや,森岡治美,花城里依,澤田雅裕,長澤潤平,柳橋 優,石川裕一.三浦 健,平山剛久,高澤隆紀,川辺清一,水村 直,岩本康之介,岩崎泰雄: 脳血流SPECTが治療後の経過観察に有用であった一酸化炭素中毒症の1例.  第27回日本脳循環代謝学会総会,  富山、日本,  2015/10
40. ◎櫻井貴敏, 伊藤圭介, 武者芳朗, 上田守三, 本多満, 太田祥一: 急性腰痛に対する仙腸関節ブロックの効果について.  第43回日本救急医学会総会・学術集会,  東京,  2015/10
41. 本多満: 低体温療法のいま〜適応から管理までの最新知識〜.  第12回日本循環器看護学会学術集会,  東京,  2015/10
42. ◎工藤千秋, 本多 満, 小杉幸夫: 脳波解析術NATとは? 誰にでもわかる臨床での解釈の仕方.  第16回日本早期認知症学会,  新潟,  2015/10
43. ◎本多 満, 工藤千秋, 小杉幸夫: 認知症リハにおける脳波解析術NATに利用事例の紹介.  第16回日本早期認知症学会,  新潟,  2015/10
44. 石倉真由, 鈴木 彩, 工藤千秋, 本多 満, 小杉幸夫: NAT測定の実際と解析についての実践的考察.  第16回日本早期認知症学会,  新潟,  2015/10
45. ◎瓜田純久: 認知症対応力の向上.  第34回日本認知症学会学術総会,  青森,  2015/10
46. ◎瓜田純久, 河越尚幸, 田中英樹, 貴島 祥, 佐々木陽典, 前田 正, 城戸秀倫, 石井孝政, 渡辺利泰, 宮崎泰斗, 財 裕明, 中嶋 均: 大学病院総合診療科におけるタッチパネル式認知症スケールTDASの使用経験.  第34回日本認知症学会学術総会,  青森,  2015/10
47. ◎一林 亮, 佐藤大輔, 秋津克哉, 本多 満, 吉原克則, 舘田一博, 瓜田純久: 集学的治療により救命しえた劇症型溶血性レンサ球菌感染症の一例.  第43回日本救急医学会,  東京,  2015/10
48. ◎本多 満, 一林 亮, 豊田幸樹年, 横室浩樹, 坪田貴也, 佐藤大輔, 吉原克則, 杉山邦男: 院外心肺停止症例に対する脳機能モニタリングとしての脳波の検討.  第43回日本救急医学会総会,  東京,  2015/10
49. ◎本多 満, 一林 亮, 豊田幸樹年, 横室浩樹, 田巻一義, 吉原克則, 橋本秀平: 卒前教育における災害教育の有用性.  第43回日本救急医学会総会,  東京,  2015/10
50. ◎前田正, 佐藤高広, 福井悠人, 宮﨑泰斗, 吉澤定子, 石井良和, 舘田一博, 瓜田純久: CA-MRSAの院内伝播に関する検討.  第46回 日本感染症学会東日本地方学術集会,  札幌,  2015/10
51. ◎瓜田純久, 今井常彦, 河越尚幸, 貴島祥, 田中英樹, 佐々木陽典, 渡辺利泰, 財裕明, 中嶋均, 大本美弥子: ´thanol長期摂取ラットの腸内細菌叢の変化.  第50回日本アルコール薬物医学会,  神戸,  2015/10
52. 古谷 賢太, 吉澤 定子, 佐藤 高広, 福井 悠人, 前田 正, 宮崎 泰斗, 石井 良和, 舘田 一博, 本間 栄: 脳膿瘍の治療中にメトロニダゾール誘発性脳症を発症した2例.  第62回日本化学療法学会東日本支部総会,  札幌,  2015/10
53. ◎石井孝政, 佐藤高広, 福井悠人, 前田正, 瓜田純久: 当院における伝染性単核球症の検討(Epstein0Barr Virus:EBVとCytomegalovirus:CMVとの比較).  第64回日本感染症学会東日本地方会学術集会,  札幌,  2015/10
54. ◎前田 正, 佐藤高広, 福井悠人, 宮崎泰斗, 石井良和, 館田一博, 瓜田純久: 当院におけるCA-MRSAの検討(院内伝搬の可能性を含めて).  第64回日本感染症学会東日本地方会学術集会,  札幌,  2015/10
55. ◎本多 満, 一林 亮, 豊田幸樹年, 横室浩樹, 桝田博之, 野本 淳, 周郷延雄, 岸 太一, 工藤千秋: 重症頭部外傷の虚血をきたす病態の検討:体温管理を考慮するために.  第74回日本脳神経外科学総会,  札幌,  2015/10
56. ◎瓜田純久, 河越尚幸, 貴島祥, 佐藤高広, 福井悠人, 田中英樹, 佐々木陽典, 城戸秀倫, 前田正, 石井孝政, 渡辺利泰, 宮崎泰斗, 原規子, 本田善子, 財裕明, 島田長人, 中嶋均, 三木一正: 一次元セルオートマトンモデルを用いた逆流性食道炎の内視鏡像シミュレーション.  第90回日本消化器内視鏡学会総会,  東京,  2015/10
57. ◎佐々木陽典: めまいのpitfall.  第4回大田区総合診療研究会,  東京,  2015/10
58. ◎柏木克仁: 夏場の屋内で倒れているところを発見され,救急搬送された高齢者の1例.  第4回大田区総合診療研究会,  東京,  2015/10
59. 本多満: 災害医療におけるトリアージの位置づけ.  平成27年度第2回大森医師会 災害救急講習会,  東京,  2015/10
60. ◎中嶋 均, 河越尚幸, 貴島 祥, 佐藤高弘, 福井悠人, 城戸秀倫, 田中英樹, 菅澤康幸, 石井孝政, 佐々木陽典, 前田 正, 渡辺利泰, 宮崎泰斗, 原 規子, 財 裕明, 瓜田純久: 急性胃腸炎の隘路を探る.  第11回日本病院総合診療医学会学術総会,  奈良,  2015/09
61. ◎鹿嶋直康, 前田正, 古谷はなえ, 清水良, 佐々木陽典, 城戸秀倫, 石井孝政, 渡邉利泰, 宮﨑泰斗, 原規子, 財裕明, 瓜田純久: 左肩痛で来院した胃潰瘍の1例.  第11回 日本病院総合診療医学会,  奈良,  2015/09
62. ◎瓜田純久, 佐々木陽典, 石井孝政, 前田正, 渡辺利泰, 宮崎泰斗, 中嶋均,: 大学附属病院における総合診療の確立を目指して.  第11回日本病院総合診療医学会学術総会,  奈良,  2015/09
63. ◎佐々木陽典, 石原 晋, 瓜田純久, 佐藤高広, 前田 正, 城戸秀倫, 石井孝政, 渡辺利泰, 宮崎泰斗, 原 規子, 本田善子, 財 裕明, 島田長人, 中嶋 均: ビタミンB12欠乏性巨赤芽球性貧血と診断されていた自己免疫性溶血性貧血の一例.  第11回日本病院総合診療医学会学術総会,  奈良,  2015/09
64. ◎佐々木陽典, 前田 正, 清水 良, 古谷花絵, 鹿嶋直康, 田中英樹, 城戸秀倫, 石井孝政, 渡辺利泰, 宮崎泰斗, 原 規子, 本田善子, 財 裕明, 島田長人, 中嶋 均, 瓜田純久: 左肩痛を主訴に受診した出血性胃潰瘍の一例.  第11回日本病院総合診療医学会学術総会,  奈良,  2015/09
65. ◎桜井康二郎, 石井孝政, 佐々木陽典, 臼井賢人, 砂川泉子, 石原 晋, 河越尚幸, 佐藤高広, 福井悠人, 田中英樹, 城戸秀倫, 前田 正, 渡辺利泰, 宮崎泰斗, 原規子, 本田善子, 財 裕明, 瓜田純久, 島田長人, 中嶋 均: プロピオン酸代謝を検討しえた巨赤芽球性貧血の一例.  第11回日本病院総合診療医学会学術総会,  奈良,  2015/09
66. ◎石井孝政, 佐々木陽典, 富田快, 覺前佑紀, 土方麻衣, 城戸秀倫, 前田 正, 瓜田純久, 中嶋 均: 伝染性単核球症にて入院し,入院後に肺炎とA群溶連菌感染を発症した一例..  第11回日本病院総合診療医学会学術総会,  奈良,  2015/09
67. ◎田中耕一郎, 奈良和彦, 千葉浩輝, 河野吉成, 板倉俊英, 吉田和裕, 橋口亮, 瓜田純久, 松岡尚則, 三浦於菟: 気象医療学と総合診療学.  第11回日本病院総合診療医学会学術総会,  奈良,  2015/09
68. ◎堀中 絢, 石井孝政, 小林達彦, 山田悠人, 佐々木陽典, 前田 正, 宮崎泰斗, 原 規子, 瓜田純久, 中嶋 均: アルコール多飲後に発症した急性膵炎,糖尿病性ケトアシドーシス,高中性脂肪血漿を呈した一例.  第11回日本病院総合診療医学会学術総会,  奈良,  2015/09
69. ◎保坂達明,三浦 健,川邉清一,池田 憲,岩崎泰雄,寺園 明,近藤康介,周郷延雄: 小脳梗塞発症後にくも膜下出血を認めた後下小脳動脈解離性動脈瘤の1例.  第617回日本内科学会関東地方会,  東京,  2015/09
70. 本多満: トリアージから学ぶ災害医療.  平成27年度第1回大森医師会 災害救急講習会,  東京,  2015/09
71. ◎漆畑真理, 守口淳子, 斎藤容子, 保刈伸代, 中西 将, 山西由里子, 島田長人: 当初褥瘡と考えられた放射線晩発性障害による仙尾骨部潰瘍の1例.  第17回日本褥瘡学会学術集会,  仙台,  2015/08
72. ◎中西 将, 保刈伸代, 守口淳子, 斎藤容子, 山西由里子, 漆畑真理, 島田長人: 褥瘡リスク患者の早期栄養介入に関する検討-OHスケールとPNIにおける相関-.  第17回日本褥瘡学会学術集会,  仙台,  2015/08
73. ◎土井範子, 八木裕希, 本多 満, 岸 太一, 中田亜希子, 中井修三, 佐藤 二美: 低学年向け多目的シナリオ教育の試み(第2報).  第47回日本医学教育学会大会,  新潟,  2015/07
74. ◎竹山照明, 船橋公彦, 牛込充則, 塩川洋之, 栗原聰元, 小池淳一, 島田英昭, 本田善子, 島田長人, 金子弘真: 左側大腸憩室の穿孔症例における臨床的検討.  第70回日本消化器外科学会総会,  浜松市,  2015/07
75. ◎中嶋 均, 渡邉利泰, 財 裕明, 瓜田純久, 五十嵐良典, 清木義勝: 脳神経外科主科クリニックにおける高齢者の上部消化管内視鏡検査の経験.  第18回日本高齢消化器病学会総会,  出雲,  2015/07
76. ◎瓜田純久, 河越尚幸, 田中英樹, 佐々木陽典, 前田 正, 城戸秀倫, 石井孝政, 渡辺利泰, 宮崎泰斗, 財 裕明, 中嶋 均: PPI治療に抵抗し,新規カリウムイオン競合型アシッドブロッカーボノプラザンフマル酸塩が著効したたFDの一例.  第18回日本高齢消化器病学会,  出雲,  2015/07
77. ◎土井範子, 土屋 勝, 島田長人, 大西 清, 並木 温, 廣井直樹, 佐藤二美: 臨床実習後の縫合手技の評価について.  第3回日本シミュレーション医療教育学会学術大会,  宇都宮,  2015/06
78. ◎古谷健太, 中嶋 均, 佐々木陽典, 佐藤高弘, 福井悠人, 河越尚幸, 貴島 祥, 前田 正, 石井孝政, 渡邉利泰, 宮崎泰斗, 原 規子, 本田善子, 財 裕明, 島田長人, 吉澤定子, 石河 晃, 川合真一, 瓜田純久: ノルウェー疥癬の経験.  第26回日本臨床寄生虫学会大会,  宇都宮,  2015/06
79. 横室浩樹、田巻一義、一林 亮、豊田幸樹年、吉原克則、本多 満: 縊頸による椎骨動脈閉塞から広範囲脳幹梗塞を来たした一例.  日本外傷学会,  札幌市 日本,  2015/06
80. ◎平山 忍, 花井雄貴, 木村伊都紀, 横尾卓也, 村上日奈子, 松尾和廣, 坂本真紀, 吉澤定子, 石井良和, 西澤健司, 舘田一博: 当院におけるカルバペネム薬のAUD,DOTを用いた抗菌薬使用の評価法と緑膿菌の感性率との関連性に関する検討.  第63回日本化学療法学会総会,  東京都,  2015/06
81. ◎佐々木陽典, 佐藤高広, 瓜田純久: ビタミンB12欠乏症における治療戦略,プロピオン酸呼気試験を用いて.  第101回日本消化器病学会総会,  仙台,  2015/06
82. ◎田中英樹, 河越尚幸, 佐藤高広, 貴島 祥, 佐々木陽典, 城戸秀倫, 前田 正, 石井孝政, 渡辺利泰, 宮崎泰斗, 財 裕明, 島田長人, 中嶋 均, 瓜田純久, 三木一正: H.pylori胃炎と眼圧に関する検討.  第16回日本ヘリコバクター学会,  神戸,  2015/06
83. ◎一林 亮, 鈴木銀河, 横室浩樹, 吉原克則, 本多 満: せん妄患者は誤嚥のリスクが高い.  第18回日本臨床救急医学会,  富山,  2015/06
84. ◎本多 満, 一林 亮, 八木裕希, 横室浩樹, 田巻一義, 吉原克則, 倉島大樹, 刑部好喜, 岸 太一: 卒前教育における災害シミュレーション教育の有用性.  第18回日本臨床救急医学会総会,  富山,  2015/06
85. ◎本多 満, 刑部好喜, 一林 亮, 豊田幸樹年, 横室浩樹, 吉原克則, 倉島大樹, 八木裕希, 佐藤大輔, 坪田貴也, 安心院康彦: 病院前意識障害症例に対するアプローチー脳ヘルニア、低血糖、痙攣を中心に.  第18回日本臨床救急医学会総会,  富山,  2015/06
86. ◎田中英樹, 河越尚幸, 佐藤高広, 貴島 祥, 佐々木陽典, 城戸秀倫, 前田 正, 石井孝政, 渡辺利泰, 宮崎泰斗, 財 裕明, 島田長人, 中嶋 均, 瓜田純久, 三木一正: H.pylori胃炎と眼圧に関する検討..  第21回日本ヘリコバクター学会総会,  神戸,  2015/06
87. ◎池田 憲,花城里依,澤田雅裕,柳橋 優,平山剛久,高澤隆紀,川瀬裕士,石川裕一,三浦 健,川辺清一,岩崎泰雄: 健診を介した一次性頭痛の調査:運動時頭痛の有病率と臨床的特徴.  第24回日本脳ドック学会総会,  横浜,  2015/06
88. ◎本多 満, 一林 亮, 横室浩樹, 田巻一義, 伊東俊秀, 吉原克則, 岸 太一, 佐瀬 茂: 重症頭部外傷における損傷形態による病態生理の差違の検討.  第29回日本外傷学会・学術集会,  札幌,  2015/06
89. 本多満: 救急・集中治療領域における迅速脳波スクリーニングの必要性と課題.  第29回日本神経救急学会,  秋田,  2015/06
90. ◎佐々木陽典, 河越尚幸, 佐藤高広, 貴島 祥, 田中英樹, 城戸秀倫, 高地良介, 前田 正, 石井孝政, 渡辺利泰, 宮崎泰斗, 本田善子, 財 裕明, 島田長人, 中嶋 均, 瓜田純久, 三木一正: H.pylori非感染者における血清ペプシノゲン値に関与する因子の検討.  第43回日本潰瘍学会総会,  沖縄,  2015/06
91. ◎渡辺利泰, 河越尚幸, 竹本育聖, 貴島 祥, 佐々木陽典, 前田 正, 石井孝政, 宮崎泰斗, 財 裕明, 島田長人, 中嶋 均, 瓜田純久: 機能性胃腸症患者におけるモズクフコイダンの有用性について.  第43回日本潰瘍学会総会,  沖縄,  2015/06
92. ◎中嶋 均, 菅澤康幸, 瓜田純久, 中込とよ子, 中込 治: ウイルス検査キットの結果から見えてみた成人急性下痢症の臨床的な動向.  第56回日本臨床ウイルス学会,  岡山,  2015/06
93. ◎佐々木陽典, 清水宏繁, 保坂達明, 原規子, 佐藤高広, 前田正, 石井孝政, 渡辺利泰, 菅澤康幸, 宮崎泰斗, 中島均, 瓜田純久: 不明熱を呈してBarrett食道癌の切除により速やかに軽快した多発筋炎の一例.  第6回日本プライマリ・ケア連合学会総会,  茨城,  2015/06
94. ◎小澤司、片山雄三、塩野則次、吉原克則、黒岩実、酒井正人、与田仁志、渡邉善則: 新生児および早期乳児に対する大動脈再建術の検討.  第52回日本小児外科学会学術集会,  神戸,  2015/05
95. ◎中嶋 均, 田中英樹,佐々木陽典,石井孝政,城戸秀倫, 菅澤康幸,前田 正,渡邉利泰,宮崎泰斗, 原 規子,財 裕明,瓜田純久, 佐藤真司,住野泰清, 小池淳一, 藤岡 俊樹: 呼気試験からみた高山環境におけるヒト消化管機能..  第35回日本登山医学会,  高松,  2015/05
96. ◎本田善子, 吉野 翔, 皆川輝彦, 島田英昭, 金子弘真, 瓜田純久, 島田長人: ソフトメッシュで修復した左側腹部腹壁瘢痕ヘルニアの1例.  第13回日本ヘルニア学会学術集会,  名古屋,  2015/05
97. ◎本田善子, 吉野 翔, 皆川輝彦, 島田英昭, 金子弘真, 瓜田純久, 島田長人: 最大横径15㎝の腹壁瘢痕ヘルニアを修復した1例.  第13回日本ヘルニア学会学術集会,  名古屋,  2015/05
98. ◎保坂 浩子, 財 裕明, 草野 元康: 消化管ホルモンの役割を見直す 摂食行動と栄養代謝調節 食事内容(Mono-sodium glutamate (MSG))によるglucagon like peptide (GLP-1)の分泌様式の変化について.  第101回 日本消化器病学会総会,  仙台市,  2015/04
99. ◎本田善子, 石岡伸規, 皆川輝彦, 島田英昭, 金子弘真, 瓜田純久, 島田長人: Interval Appendectomy(I.A.)症例10 年間の検討.  第115回日本外科学会定期学術集会,  名古屋市,  2015/04
100. 吉澤 定子, 舘田 一博: Antimicrobial Stewardshipの基本と応用 感染制御医の立場から..  第89回日本感染症学会総会,  京都,  2015/04
101. ◎佐々木陽典, 佐藤高広, 瓜田純久: ビタミンB12欠乏症の治療戦略-13C-プロピオン酸呼気試験を用いて-.  第101回日本消化器病学会総会,  仙台,  2015/04
102. ◎瓜田純久, 島田長人: 消化器の救急病態と対応.  第101回日本消化器病学会総会ポストグラデュエイトコース,  仙台,  2015/04
103. ◎石井孝政, 瓜田純久, 佐藤高広, 福井悠人, 河越尚幸, 貴島 祥, 佐々木陽典, 前田 正, 菅澤康幸, 渡辺利泰, 宮崎泰斗, 本田善子, 財 裕明, 島田長人, 中嶋 均: 大腸憩室出血と抗血小板薬・抗凝固薬に関する検討.  第32回日本内科学会総会,  京都,  2015/04
104. ◎前田正, 佐藤高広, 福井悠人, 宮﨑泰斗, 吉澤定子, 石井良和, 舘田一博, 瓜田純久: 脳神経障害を主訴に来院した非HIV患者における早期神経梅毒2例の検討.  第89回 日本感染症学会総会,  京都,  2015/04
105. ◎川邉清一,柳橋 優, 石川裕一, 三浦 健, 平山剛久, 高澤隆紀, 狩野 修, 池田 憲, 岩崎泰雄: Angiotensin (1-7) inhibits inflammatory cytokines expression in microglia.  第56回日本神経学会総会,  新潟,  2015/05
106. ◎中嶋 均、財 裕明、瓜田純久: ワークショップ-7-1「急性胃腸炎におけるT-RFLPプロファイル解」..  第12回日本消化管学会総会学術集会 (2016.2.26  京王プラザホテル)2,  東京,  2016/02
国際学会
1. ◎Nakajima H, Ishii T, Sasaki Y, Kido H, Sugasawa Y, Maeda T, Watanabe T, Miyazaki T, Zai H, Urita Y: We are now confronted by year-term change, requiring paradigm shift, both epidemiologically and in terms of therapy.  UEGW 2015,  Barcelona, Spain,  2015/10
2. ◎Nakajima H, Ishii T, Sasaki Y, Kido H, Sugasawa Y, Maeda T, Watanabe T, Miyazaki T, Zai H, Urita Y: Clinical epidemiological analysis of co-infection at acute diarrheal disease accelerates the controversy of underlining bacteria infection or histo-blood group antigens (HBGAs) leading to viral infection susceptibility.  IDS 2015,  San Diego, USA,  2015/10
3. ◎Ikeda K, Takazawa T, Hirayama T, Murata K, Kawase Y, Hanashiro S, Sawada M, Yanagihashi M, Miura K, Ishikawa Y, Kano O, Kawabe K, Iwasaki Y: A case of auditory dysfunction in Guillain-Barré syndrome.  62nd Annual Meeting of the American Association of Neuromuscular and Electrodiagnostic Medicine,  Honolulu, USA,  2015/10
4. ◎Urita Y, Kawagoe N, Sato T, Tanaka H, Kijima S, Sasaki Y, Kido H, Maeda T, Ishii T, Watanabe T, Miyazaki T, Honda Y, Imai T, Shimada N, Nakajima H: Tea beverages influence absorption and metabolism of acetate.  3RD International Congress on Cocoa Coffee and Tea,  Portugal,  2015/06
5. ◎Ikeda K, Hanashiro S, Sawada M, Yanagihashi M, Ishikawa Y, Miura K, Hirayama T, Takazawa T, Kano O, Kawabe K, Iwasaki Y: Epidemiological survey of primary exercise headache in middle-aged Japanese on health check-up.  57th Scientific Annual Meeting of American Headache Society,  Washington DC, USA,  2015/06
6. Honda M, Yokota K, Masuda H, Uekusa H, Ichibayashi R, Yoshihara K, Sase S: Early cerebral circulatory disturbance in patients suffering traumatic brain injury :xenon computed tomography and perfusion tomography study, XXVIIth International Symposium on Cerebral Blood Flow.  Metabolism, and Function, Vancouver,  Canada,  2015/06
7. ◎Ikeda K, Hanashiro S, Takazawa T, Kawase Y, Sawada M, Yanagihashi M, Ishikawa Y, Miura K, Hirayama T,Kano O, Kawabe K, Iwasaki Y: The prevalence and the clinical profile of primary exercise headache on Japanese physical check-up.  17th Congress of the international Headache Society,  Valencia, Spain,  2015/05
8. ◎Urita Y, Kawagoe N, Tanaka H, Kijima S, Sasaki Y, Maeda T, Ishii T, Watanabe T, Miyazaki T, Zai H, Nakajima H: NONINVASIVE [1-13C]-ACETATE BREATH TEST DISTINGUISHS FATTY LIVER DISEASES FROM VIRAL HEPATITIS.  Obesity Summit 2015,  London,  2015/04
9. ◎Urita Y, Kawagoe N, Tanaka H, Kijima S, Sasaki Y, Maeda T, Ishii T, Watanabe T, Miyazaki T, Zai H, Nakajima H: WEIGHT-RALATED DIFFERENCES IN GLUCOSE AND SHORT-CHAIN FATTY ACID IN OBESE SUBJECTS WITH AND WITHOUT DUODENAL WHITE SPOTS.  Obesity Summit 2015,  London,  2015/04
その他
1. 本多満: 痙攣に対する救急・集中治療対応.  てんかんを学ぶ会,  東京,  2016/02
2. ◎貴島祥, 瓜田純久: 三次元灌流培養系における13Cグルコース呼気試験を用いた癌細胞の糖代謝・動態評価.  第147回東邦医学会例会,  東京,  2016/02
3. ◎城戸秀倫, 瓜田純久, 渡邊利泰, 石井孝政, 前田正, 佐々木陽典, 財裕明, 中島均: 認知症患者に対するMMSEとTDASの比較試験.  第147回東邦医学会例会,  東京,  2016/02
4. ◎判治由律香, 前田 正, 佐々木陽典, 瓜田純久: 肝膿瘍治療中に悪心・嘔吐を来した一例.  第31回蒲田医師会学術集談会,  東京,  2016/02
5. ◎判治由律香, 前田正, 佐々木陽典, 松本洋祐, 島田永茂, 向井隆文, 今井俊輔, 瓜田純久: 肝膿瘍治療中に悪心・嘔吐を来した一例.  第35回蒲田医師会学術集談会,  東京,  2016/02
6. ◎瓜田純久: 総合診療科からみた内科診療の落とし穴..  臨床医が見落としやすい疾患を考える会,  東京,  2016/02
7. ◎城戸秀倫: 認知症へのスクリーニング,当科における取り組みについて.  高齢者の医療について考える,  品川,  2015/11
8. ◎竹本育聖: DPP-4阻害薬の有用性:週1回投与製剤について.  高齢者の医療について考える,  品川,  2015/11
9. ◎竹内泰三, 佐々木陽典: 腸管出血性大腸菌による溶血性尿毒症症候群の成人例.  第69回東邦医学会総会,  東京,  2015/11
10. ◎間崎綾乃, 石井孝政: 入院後に意識障害を認めた発熱症例.  第8回東京総合診療カンファレンス,  東京,  2015/11
11. ◎小池秀樹、藤野紀之、小原 浩、酒井浩多、小泉雅之、坪田貴也、本田 満、池田隆徳: 心房細動をきたし心拍再開に成功した患者に対する静注用アミオダロンの評価.  第20回アミオダロン研究会,  東京,  2015/10
12. ◎瓜田純久: 専門医が対応に苦慮する消化器疾患,下部消化管を中心に.  大和市消化器フォーラム,  相模原,  2015/09
13. ◎瓜田純久: 総合診療科が対応を求められる消化器疾患.  NEXT Meeting in立川,  東京,  2015/06
14. ◎渕上彩子, 佐々木陽典: 診断的治療により急性胆嚢炎と診断した一例.  第146回東邦医学会例会,  東京,  2015/06
15. 田中章大, 佐々木陽典: 抗てんかん薬による非典型薬剤過敏症症候群が疑われた一例.  第147回東邦医学会例会,  東京,  2015/06
16. 吉澤 定子: クロストリジウム・ディフィシル感染症..  第70 回東邦大学小児科研究会,  東京,  2015/06
17. ◎前田正: 最近のMRSAの話題.  第15回 北里大学4病院 TDM 情報交換会,  東京,  2015/05
18. ◎佐々木 陽典: めまいの中の循環器疾患を見逃さない為に.  第19回千葉めまい・平衡障害研究会,  千葉,  2015/04
  :Corresponding Author
  :本学研究者