東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2014年度 | 2015年度 | 2016年度
 医学部 医学科 医学情報学研究室
 Department of Medical Informatics

准教授:
  津熊 久幸

講師:
  寺田 和子
■ 概要
1.数理生物学
数理モデルを用いた各種生体機能の研究
2.数理解析および統計解析
生体情報に関する数理的な問題,とくに数理モデルおよび統計解析による構造把握の手法の開発と臨床データへの応用。
3.生体モデルの解析
筋肉のイオンチャネル疾患の発症機序の解析を目的とした,筋細胞膜の電気活動を記述するHodgkin-Huxley方程式の振る舞いに関する非線形力学系の理論と数値計算手法を用いた研究。
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  科学研究費助成事業 基盤研究(C)(一般)  (研究課題番号:15K00055)
 研究課題:非正則ウィシャート行列を用いた推測問題の理論と応用に関する研究  (研究代表者:津熊久幸)
 研究補助金:600000円  (代表)
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















津熊 久幸   准教授
   3 1          
 2
 
 
 
 
津熊 久幸   講師
   3 1          
 2
 
 
 
 
寺田 和子   講師
              
 
 
 
 
 
 0 6  0 0  0  0
(0)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Shun yanai,Megumi Wakayama(),Haruo Nakayama(), Minoru Shinozaki, Hisayuki Tsukuma(), Naobumi Tochigi(), Tsutomu Saji(), and Kazutoshi Shibuya():  Implication of overexpression of dishevelled-associated activator of morphogenesis 1 (Daam-1) for the pathogenesis of human Idiopathic Pulmonary Arterial Hypertension (IPAH).  Diagnostic Pathology  12 (25) :1 -11 , 2017
2. Tsukuma H, Kubokawa T:  Unified improvements in estimation of a normal covariance matrix in high and low dimensions.  Journal of Multivariate Analysis  143 :233 -248 , 2016
3. Tsukuma H:  Minimax estimation of a normal covariance matrix with the partial Iwasawa decomposition.  Journal of Multivariate Analysis  145 :190 -207 , 2016
4. Tsukuma H:  Estimation of a high-dimensional covariance matrix with the Stein loss.  Journal of Multivariate Analysis  148 :1 -17 , 2016
■ 学会発表
国内学会
1. ◎矢内俊,中山智孝,中山晴雄,若山恵,篠崎稔,津熊久幸,栃木直文,根本哲生,佐地 勉,澁谷和俊: 特発性肺動脈性肺高血圧症(IPAH)の肺動脈病変におけるWnt/PCP関連因子の発現について.  第1回日本肺高血圧・肺循環学会,  東京,日本,  2016/10
2. ◎矢内 俊、中山 智孝、中山 晴雄、若山 恵、篠崎 稔、津熊 久幸、栃木 直文、根本 哲生、佐地 勉、澁谷 和俊: IPAH肺動脈病変におけるWnt/PCP関連因子の発現について.  第1回日本肺高血圧・肺循環学会学術集会,  東京,  2016/10
  :Corresponding Author
  :本学研究者