東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2015年度 | 2016年度 | 2017年度
 医学部 医学科 免疫学講座
 Department of Molecular Immunology

教授:
  近藤 元就
講師:
  石川 文雄
  桑原 卓
  内藤 拓
■ 概要
免疫寛容成立の分子制御機構
免疫寛容の破綻は自己免疫疾患に結びつく。従って、その分子制御機構の解明は、自己免疫疾患発症機構の理解のみならず、自己免疫疾患の診断、治療にも重要である。我々は核内因子であるSATB1に着目し、T細胞特異的SATB1欠損マウスを作製した。SATB1欠損マウスは早期に自己免疫疾患症状を呈することから、今後、SATB1の機能、及びSATB1により遺伝子発現制御を受ける遺伝子群を明らかにし、免疫寛容成立に必要な遺伝子群を同定していく。
サイトカイン受容体からのシグナル伝達機構解明
サイトカイン刺激を受けた細胞内シグナル分子は速やかにリン酸化を受ける。しかし、タンパク修飾はリン酸化だけではなく、様々なものがある。我々はサイトカイン刺激後速やかにシグナル分子のアセチル化が起こることを見出した。この生物学的意義を解明中である。
■ Keywords
IL-7、T細胞分化、免疫寛容
■ 教授・准教授・講師の学会・研究会の役員
1.  近藤元就 :日本免疫学会評議員
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















近藤 元就   教授
    4          
 6
(4)
 
 5
(3)
 
 1
石川 文雄   講師
    2          
 1
 
 1
(1)
 
 
桑原 卓   講師
   1 2          
 2
(2)
 1
(1)
 3
(2)
 
 
内藤 拓   講師
   1           
 
 1
 3
(2)
 
 
有田 通恒   助教
              2
 
 
 
 
 1
岡田 弥生   助教
              
 
 
 
 
 
田中 ゆり子   助教
   1           2
(2)
 1
(1)
 1
 2
(2)
 1
 
 0 3  0 0  0  4
(2)
 3
(1)
 1
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Yukihide Matsui, Taku Kuwabara, Toyonobu Eguchi, Koichi Nakajima, and Motonari Kondo:  Acetylation regulates the MKK4-JNK pathway in T cell receptor signaling.  Immunology Letters  194 :21 -28 , 2018
2. Yuriko Tanaka, Takehiko Sotome, Akiko Inoue, Takanori Mukozu, Taku Kuwabara, Tetuo Mikami, Terumi Kowhi-Shigematsu and Motonari Kondo:  SATB1 conditional knockout results in Sjögren's syndrome in mice.  Journa of Immunology  199 (12) :4016 -4022 , 2017
3. Taku Kuwabara, Fumio Ishikawa, Motonari Kondo, and Terutaka Kakiuchi:  The role of IL-17 and related cytokines in inflammatory autoimmune diseases.  Mediators of inflammation  2017 :3908061 , 2017
4. Taku Naito, Sawako Muroi, Ichiro Taniuchi, Motonari Kondo:  Loss of Eed leads to lineage instability and increased CD8 expression of CD4+ T cells upon TGF signaling.  Molecular Immunology  94 (2) :140 -152 , 2018
■ 学会発表
国内学会
1. ◎有田通恒, 小池淳一,近藤元就,逸見仁道: マイクロサテライト不安定性の一形式であるEMASTの発生過程におけるp53の役割.  第40回日本分子生物学会年会,  神戸市、兵庫県,  2017/12
2. ◎有田通恒, 小池淳一, 吉川 展司, 近藤元就, 逸見仁道: 甘草由来化合物Licochalcone AによるTrkB mRNA分解促進作用.  第59回日本小児血液・がん学会学術集会,  松山市、愛媛県,  2017/11
3. ◎松井幸英、 桑原卓、 近藤元就: T細胞受容体刺激によるCBPの核移行と遺伝子発現への影響.  第28回日本生体防御学会学術総会,  相模原市, 神奈川県,  2017/07
4. ◎田中ゆり子、 井上彰子、 桑原卓、 近藤元就: SATB1遺伝子欠損マウスにおける臓器特異的自己免疫疾患発症機序の解析.  第28回日本生体防御学会学術総会,  相模原市、 日本,  2017/06
5. ◎Akiko Inoue, Yuriko Tanaka, Kota Wada, Motonari Kondo: Study of relationship of allergy and chronic rhinosinusitis.  The 46th Annual Meeting of The Japanese Society for Immunology,  Sendai, Japan,  2017/12
6. ◎Yuriko Tanaka, Akiko Inoue, Masato Kubo, Motonari Kondo: The presence of T cells with both TH1 and Th2 characteristic in mice.  The 46th Annual Meeting of The Japanese Society for Immunology,  Sendai, Japan,  2017/12
7. ◎岡田弥生, 石川文雄, 齊藤芙美, 緒方秀昭: Relation between CXCR4, RANK expression and Akt-mTOR activation on bone metastasis from TN type breast cancer.  第76回日本癌学会学術総会,  横浜,  2017/09
国際学会
1. ◎桑原卓、 安井優太郎、 石川文雄、 秋葉靖、 内藤拓、 田中ゆり子、 近藤元就: 自己免疫マウスにおける実験的自己免疫性脳脊髄炎耐性機構の解析.  生命科学系学会合同年次大会,  神戸市、日本,  2017/12
2. ◎Yuriko Tanaka, Takehiko Sotome, Akiko Inoue, Taku Kuwabara, Taku Naito, Yasushi Akiba, Tetuo Mikami, Terumi Kowhi-Shigematsu, Motnari Kondo: SATB1 deficiency in mice leads to Sjögren's syndrome-like autoimmune exocrinopathy.  10th Joint Sminar on Biomedical Sciences,  Tokyo Japan,  2017/12
3. Taku Naito, Motonari Kondo: Maintenance of intestinal homeostasis by T cell-expressed Eed.  The 46th Annual Meeting of The Japanese Society for Immunology,  仙台市(宮城県)、日本,  2017/12
4. ◎Yukihide Matsui, Taku Kuwabara, Motonari Kondo: TCR-stimulation recruits CBP from nucleus to the cytoplasm and affects the protein phosphorylation.  The 46th Annual Meeting of The Japanese Society for Immunology,  仙台市、日本,  2017/12
5. ◎Yasushi Akiba, Taku Kuwabara, Yuriko Tanaka, Taku Naito, Motonari Kondo: Nuclear protein SATB1 is required for development of experimental autoimmune encephalomyelitis.  The 46th Annual Meeting of The Japanese Society for Immunology,  仙台市、日本,  2017/12
その他
1. ◎田中 ゆり子, 小野里 磨優, 福島 健, 近藤 元就: シェーグレン症候群新規分子マーカーの探索 ~平成29年度学内共同研究中間報告~.  第14回東邦大学5学部合同学術集会,  東京,  2018/03
2. 三上義礼, 有田通恒: 臓器間神経ネットワークを介したエネルギー代謝調節の分子機序解明.  第151回東邦医学会例会,  東京都大田区,  2018/02
  :Corresponding Author
  :本学研究者