東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2014年度 | 2015年度 | 2016年度
 医学部 医学科 免疫学講座
 Department of Molecular Immunology

教授:
  近藤 元就
講師:
  石川 文雄
  桑原 卓
  内藤 拓
■ 概要
免疫寛容成立の分子制御機構
免疫寛容の破綻は自己免疫疾患に結びつく。従って、その分子制御機構の解明は、自己免疫疾患発症機構の理解のみならず、自己免疫疾患の診断、治療にも重要である。我々は核内因子であるSATB1に着目し、T細胞特異的SATB1欠損マウスを作製した。SATB1欠損マウスは早期に自己免疫疾患症状を呈することから、今後、SATB1の機能、及びSATB1により遺伝子発現制御を受ける遺伝子群を明らかにし、免疫寛容成立に必要な遺伝子群を同定していく。
サイトカイン受容体からのシグナル伝達機構解明
サイトカイン刺激を受けた細胞内シグナル分子は速やかにリン酸化を受ける。しかし、タンパク修飾はリン酸化だけではなく、様々なものがある。我々はサイトカイン刺激後速やかにシグナル分子のアセチル化が起こることを見出した。この生物学的意義を解明中である。
■ Keywords
IL-7、T細胞分化、免疫寛容
■ 当該年度の研究費受入状況
その他
1.  公益財団法人 予防接種リサーチセンター調査研究補助金
 研究課題:老化T細胞における免疫応答能の不活化〜核内因子SATB1機能活性化を介して  (研究代表者:近藤元就)
 研究補助金:2500000円  (代表)
■ 教授・准教授・講師の学会・研究会の役員
1.  近藤元就 :日本免疫学会評議員
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















近藤 元就   教授
    1   1       
 3
(2)
 
 3
(3)
 
 
石川 文雄   講師
              
 3
 
 
 
 
桑原 卓   講師
   1           1
(1)
 1
 1
(1)
 3
(3)
 
 
内藤 拓   講師
    1          1
(1)
 1
(1)
 
 2
(2)
 
 
有田 通恒   助教
              
 
 
 
 
 
岡田 弥生   助教
              
 
 
 
 
 
田中 ゆり子   助教
      1        1
 1
(1)
 1
(1)
 1
(1)
 
 
 0 1  1 0  0  3
(2)
 2
(2)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Tsuchiya Y, Naito T, Tenno M, Maruyama M, Koseki H, Taniuchi I, Naoe Y:  ThPOK represses CXXC5, which induces methylation of histone H3 lysine 9 in Cd40lg promoter by association with SUV39H1: implications in repression of CD40L expression in CD8+ cytotoxic T cells.  Journal of Leukocyte Biology  196 (8) :327 -338 , 2016
2. Taku Kuwabara, Hirotake Kasai, Motonari Kondo:  Acetylation modulates IL-2 receptor signaling in T cells.  The Journal of Immunology  197 :4334 -4343 , 2016
■ 著書
1. 田中ゆり子, 近藤元就:  T細胞分化に必須な分子SATB1.  臨床免疫・アレルギー科  164-168.  科学評論社,  東京 日本, 2016
2. 高橋優三、黒田知宏、岡田弥生他:  医師育成、基礎医学の立場から.  人工知能時代の医療と医学教育  177-182.  篠原出版新社,  東京・日本, 2016
■ 学会発表
国内学会
1. ◎内藤拓、室井佐和子、谷内一郎、近藤元就: TGFβ依存的T細胞分化制御におけるPRC2複合体の役割.  第39回日本分子生物学会年会,  パシフィコ横浜(横浜市),  2016/11
2. ◎岡田弥生, 石川文雄, 齊藤芙美, 緒方秀昭: 低酸素培養下における乳癌細胞のMAPK およびAkt-mTOR を介したCXCR4 発現に関する研究.  第75回日本癌学会学術総会,  横浜,  2016/10
3. 桑原卓、秋葉靖、内藤拓、田中ゆり子、近藤元就: 自己免疫マウスにおける実験的自己免疫性脳脊髄炎耐性機構の解析.  第27回日本生体防御学会学術集会,  福岡市,福岡県、日本,  2016/07
4. ◎岡田弥生, 齊藤芙美, 石川文雄, 緒方秀昭: 化学療法が無効なTN type乳癌増殖機構の新規イメージングシステムを用いた研究.  第24回日本乳癌学会学術総会,  東京,  2016/06
5. ◎田中ゆり子, 桑原卓, 井上彰子, Terumi Kohwi-Shigematsu, 近藤元就: 自己免疫疾患発症におけるSATB1の役割.  Kyoto T cell Conference 第26回学術集会,  滋賀県大津市,  2016/05
6. ◎Okada Y, Saito F, Ishikawa F, Ogata H: Study of CXCR4 expression related with MAPK and/or Akt-mTOR on bone metastasis from breast cancer.  第45回日本免疫学会学術集会,  沖縄,  2016/12
国際学会
1. ◎Yasushi Akiba, Taku Kuwabara, Yuriko Tanaka, Taku Naito, Motonari Kondo: Nuclear protein SATB1 is required for regulation of CD4 T cell.  45th Annual Meeting of Japanese Society of Immunology,  Okinawa Convention Center (Okinawa, Japan),  2016/12
2. ◎Yuriko Tanaka, Akiko Inoue, Taku Kuwabara, Yasushi Akiba, Taku Naito, Motonari Kondo: The analysis of autoimmune disease development in SATB1 deficient mice.  45th Annual Meeting of Japanese Society of Immunology,  Okinawa Convention Center (Okinawa, Japan),  2016/12
3. Yukihide Matsui, Taku Kuwabara, Motonari Kondo: TCR-stimulation recruits CBP from nucleus to the cytoplasm and affects the gene expression.  The 45 annual meeting of the japanese society for immunology,  那覇市、沖縄県、日本,  2016/12
4. ◎FUJITA Kazuko,KUWABARA Taku, TOME Yoshiya, ITO Kei, TSUKIMOTO Atsuko, TOSHIDA Yasuko, WANG Bing, TANAKA Kaoru, MIKAMI Tetuo, AKASAKA Yoshikiyo,: Irradiation on NZBWF1 mice is an effective therapy for SLE-like morbidity.  International congress of immunology,  Melbourne, Australia,  2016/08
  :Corresponding Author
  :本学研究者