東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2013年度 | 2014年度 | 2015年度
 医学部 医学科 免疫学講座
 Department of Molecular Immunology

教授:
  近藤 元就
講師:
  石川 文雄
  桑原 卓
  内藤 拓
■ 概要
免疫寛容成立の分子制御機構
免疫寛容の破綻は自己免疫疾患に結びつく。従って、その分子制御機構の解明は、自己免疫疾患発症機構の理解のみならず、自己免疫疾患の診断、治療にも重要である。我々は核内因子であるSATB1に着目し、T細胞特異的SATB1欠損マウスを作製した。SATB1欠損マウスは早期に自己免疫疾患症状を呈することから、今後、SATB1の機能、及びSATB1により遺伝子発現制御を受ける遺伝子群を明らかにし、免疫寛容成立に必要な遺伝子群を同定していく。
サイトカイン受容体からのシグナル伝達機構解明
サイトカイン刺激を受けた細胞内シグナル分子は速やかにリン酸化を受ける。しかし、タンパク修飾はリン酸化だけではなく、様々なものがある。我々はサイトカイン刺激後速やかにシグナル分子のアセチル化が起こることを見出した。この生物学的意義を解明中である。
■ Keywords
IL-7、T細胞分化、免疫寛容
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  (研究課題番号:25460600)
 研究課題:アセチル化によるIL-7受容体シグナル制御機構の解明  (研究代表者:桑原 卓)
 研究補助金:2210000円  (代表)
2.  科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究
 研究課題:自己免疫疾患まうスのEAE不応答性機序解析  (研究代表者:近藤元就)
 研究補助金:1820000円  (代表)
その他
1.  公益財団法人 予防接種リサーチセンター調査研究補助金
 研究課題:老化T細胞における免疫応答能の不活化〜核内因子SATB1機能活性化を介して  (研究代表者:近藤元就)
 研究補助金:2500000円  (代表)
■ 教授・准教授・講師の学会・研究会の役員
1.  近藤元就 :日本免疫学会評議員
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















近藤 元就   教授
   1 1          
 11
(6)
 
 
 
 
石川 文雄   講師
              
 3
 
 
 
 
桑原 卓   講師
    2          1
(1)
 3
(3)
 
 
 
 
内藤 拓   講師
    1          1
(1)
 2
(2)
 
 
 
 
有田 通恒   助教
              2
 
 
 
 
 
岡田 弥生   助教
              
 
 
 
 
 
田中 ゆり子   助教
    1   1       2
(2)
 3
(3)
 
 
 
 
 0 1  0 0  0  6
(4)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. H. Toyota, K. Sudo, K. Kojima, N. Yanase, T. Nagao, R. H. Takahashi, H. Iobe, T. Kuwabara, T. Kakiuchi, J. Mizuguchi:  Thy28 protects against anti-CD3-mediated thymic cell death in vivo.  Apoptosis  20 :444 -454 , 2015
2. Hao, B., Nalk, A.K., Watanabe, A., Tanaka, H., Chen, L., Richards, H.W., Kondo, M., Taniuchi, I., Kohwi, Y., Kohwi-Shigematsu, T., Krangel, M.S.:  An anti-silencer- and SATB1-dependent chromatin hub regulates Rag1 and Rag2 gene expression during thymocyte development.  The Journal of Experimental Medicine  212 :809 -824 , 2015
3. Motonari Kondo, Yuriko Tanaka, Taku Kuwabara, Taku Naito, Terumi Kohwi-Shigematsu, Akiko Watanabe:  SATB1 Plays a Critical Role in Establishment of Immune Tolerance.  The Journal of Immunology  196 (2) :563 -572 , 2016
■ 著書
1. 田中ゆり子、垣内史堂:  人体の構造と機能ー免疫系.  社会福祉学習双書2016 第14巻 医学一般  33-36.  社会福祉法人 全国社会福祉協議会,  東京 日本, 2016
■ 学会発表
国内学会
1. ◎岡田弥生, 廣井直樹, 逸見仁道, 杉山 篤, 高松 研, 佐藤二美: 1,2年を対象とした補習講義”基礎生命医学1,2”の成果.  第147回東邦医学会例会,  東京,  2016/02
2. ◎岡田弥生, 廣井直樹, 逸見仁道, 杉山 篤, 平 敬宏, 高松 研, 佐藤二美: 医学教育分野におけるリメディアル教育の役割.  第4回日本リメディアル教育学会関東甲信支部会,  流山市,  2015/11
3. ◎有田通恒, 小池淳一, 吉川展司, 近藤元就, 逸見仁道: Licochalcone A inhibits hypoxic and normoxic growth via different proliferative pathways in a human neuroblastoma cell line SK-N-SH.  第57回日本小児血液・がん学会学術集会,  甲府市,  2015/11
4. ◎岡田弥生, 石川文雄, 齊藤芙美, 緒方秀昭, 近藤元就: 乳癌骨転移におけるCXCR4 発現機構はAkt-mTOR 系に制御されるERK, P38 シグナル伝達系が関与する.  第74回日本癌学会学術総会,  名古屋,  2015/10
5. ◎有田通恒, 小池淳一, 近藤元就, 逸見仁道: 甘草由来成分リコカルコンAの抗がん活性:TrkB-JNK シグナリング阻害を介した神経芽腫細胞増殖抑制.  第74回日本癌学会学術総会,  名古屋市,  2015/10
6. ◎岡田弥生, 石川文雄, 齋藤芙美, 緒方秀昭, 近藤元就: 化学療法が無効なTN type乳癌増殖機構の新規イメージングシステムを用いた基礎的研究.  第23回日本乳癌学会学術総会,  東京,  2015/07
7. 田中ゆり子, 桑原卓, 秋葉靖, Terumi Kohwi-Shigematsu, 近藤元就: SATB1欠損による自己免疫疾患発症機序の解析.  Kyoto T cell Conference 第25回学術集会,  京都, 日本,  2015/05
8. ◎Okada Y, Ishikawa F, Saito F, Ogata H, Kondo M: Study of signal molecules and CXCR4 expression related with bone metastasis from breast cancer.  The 44th Annual Meeting of The Japanese Society for Immunology,  Sapporo,  2015/11
9. Kazuko Fujita, Taku Kuwabara, Yoshiya Tome, and Kei Itoh: Analysis of signaling on CD180-positive B cell activated by radiation.  The 44th annual meeting of the Japanese society for Immunology,  札幌市 北海道 日本,  2015/11
10. ◎Yukihide Matsui, Taku Naito, Yuriko Tanaka, Motonari Kondo: Eed affects the differentiation of CD8aa+ TCRab+ intraepithelial lymphocytes.  第44回日本免疫学会学術集会,  Sapporo, Japan,  2015/11
11. ◎Taku Naito, Yuriko Tanaka, Ichiro Taniuchi, Motonari Kondo: Role of Eed in TGFb-induced Th subset differentiation.  第44回日本免疫学会学術集会,  Sapporo, Japan,  2015/11
12. ◎Yasushi Akiba, Taku Kuwabara, Yuriko Tanaka, Taku Naito, Motonari Kondo: Nuclear protein SATB1 is required for development of experimental autoimmune encephalomyelitis.  第44回日本免疫学会学術集会,  Sapporo, Japan,  2015/11
13. ◎Yuriko Tanaka, Akiko Inoue, Motonari Kondo: CD4+ effector T cells produce both IFNγ and IL-4.  The 44th Annual Meeting of The Japanese Society for Immunology,  Sapporo Japan,  2015/11
14. Taku Kuwabara, and Motonari Kondo: Acetyltransferase CBP modulates interleukin-2 receptor signaling.  The 44th annual meeting of the Japanese society for Immunology,  札幌市 北海道 日本,  2015/11
  :Corresponding Author
  :本学研究者