東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2014年度 | 2015年度 | 2016年度
 医学部 医学科 社会医学講座/公衆衛生学
 Division of Public Health, Department of Social Medicine

教授:
  長谷川 友紀(兼任)
講師:
  井原 一成
助教:
  北澤 健文
助教:
  瀬戸 加奈子
■ 概要
医療倫理学的研究
従来からの医師患者関係に属する研究に加えて,介入研究の倫理的問題に関する臨床的・公衆衛生的な研究を行っている。
うつ病とうつ状態の疫学研究
うつの症候学とその関連要因についての研究(うつ状態と動脈硬化関連指標の相互関係に関する研究など)と地域保健の実践研究(軽症うつ病に対する体操教室の効果検証のための無作為化比較試験)とを行っている。
障害者の自立と生活支援にかかわる地域保健研究
精神病状態にある高齢者を事例に,当事者と介護者双方を支える介入のあり方を検討中である。
末期臓器不全のdisease control
末期臓器不全に対する臓器移植システム構築に関しては、医療政策、医療経済、医療倫理等公衆衛生学の種々の分野が関係する。臓器移植法の成立以降、脳死のあり方、意思表示カード等臓器提供方法についての検討、臓器提供施設の医療機能と整備状況等について研究を行い、研究成果は公衆衛生審議会検討材料として用いられるなどシステム構築に寄与した。
診療ガイドラインの評価
諸外国で実施されている診療ガイドラインの質を担保する手法について調査し、AGREE日本語版の開発を行った。また、厚生労働省研究班,関連学会によって作成・公表されている診療ガイドラインの評価を行っている。
医療安全
医療機関の医療の質と安全を担保するための体制や活動およびその成果等を評価するための研究を行っている。全国の医療機関の医療従事者を対象とした調査により、日本の医療機関および医療職の医療安全文化の特徴を明らかにしたほか、数年に渡る全国の医療機関を対象とした調査により、医療安全管理体制の変遷や、その課題について明らかにした。
医療情報の標準化
IT技術の医療への導入による診療情報標準化の促進によって、医療の透明性・説明貢任・質が確保されることが期待されている。わが国でのIT技術の現状を明らかにし、医療の効率性、質との関連を明らかにした。
医師需給にかかわる研究
近年の医師不足の状況に関して実証的な研究を行った。特に、小児科、産科・婦人科の不足問題に焦点を当て、需要供給の両側面と地域偏在の観点から分析を行った。
疾病費用に関する研究
がんをはじめとする主要疾患の社会的負担に関して、疾病費用法を用いて部位別に計測し比較した。また、時系列での変化、将来予測も明らかにし、国際比較研究も行った。さらに介護を必要とする疾患に関しても、同様の推計を行った。
■ Keywords
医療政策, 医療経済, 病院経営, 医療安全, 医療倫理, 診療ガイドライン, 医療情報のIT化, 臓器移植, 医師需給, 地域保健, 精神保健, 高齢者保健, 成人保健, ヘルスプロモーション, 公衆衛生学, 疫学
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  科学研究費補助金 基盤研究(C)  (研究課題番号:16K09148)
 研究課題:地域レベルにおける医療の集積がアウトカム、医療資源利用に及ぼす影響  (研究代表者:長谷川友紀)
 研究補助金:1690000円  (代表)
2.  科学研究費補助金 基盤研究(C)  (研究課題番号:16K09148)
 研究課題:地域レベルにおける医療の集積がアウトカム、医療資源利用に及ぼす影響  (研究分担者:北澤健文)
 研究補助金:100000円  (分担)
3.  科学研究費補助金 基盤研究(C)  (研究課題番号:16K09148)
 研究課題:地域レベルにおける医療の集積がアウトカム、医療資源利用に及ぼす影響  (研究分担者:瀬戸加奈子)
 研究補助金:100000円  (分担)
4.  科学研究費補助金 基盤研究(C)  (研究課題番号:16K08886)
 研究課題:疾病別社会的負担推計による地域医療構想の効果測定に関する研究  (研究代表者:北澤健文)
 研究補助金:1690000円  (代表)
5.  科学研究費補助金 基盤研究(C)  (研究課題番号:16K08886)
 研究課題:疾病別社会的負担推計による地域医療構想の効果測定に関する研究  (研究分担者:長谷川友紀)
 研究補助金:100000円  (分担)
6.  科学研究費補助金 基盤研究(C)  (研究課題番号:16K08886)
 研究課題:疾病別社会的負担推計による地域医療構想の効果測定に関する研究  (研究分担者:瀬戸加奈子)
 研究補助金:100000円  (分担)
7.  科学研究費補助金 基盤研究(C)  (研究課題番号:16K08885)
 研究課題:地域医療構想を踏まえた医師需給の将来予測に関する研究  (研究代表者:瀬戸加奈子)
 研究補助金:1560000円  (代表)
8.  科学研究費補助金 基盤研究(C)  (研究課題番号:16K08885)
 研究課題:地域医療構想を踏まえた医師需給の将来予測に関する研究  (研究分担者:長谷川友紀)
 研究補助金:100000円  (分担)
9.  科学研究費補助金 基盤研究(C)  (研究課題番号:16K08885)
 研究課題:地域医療構想を踏まえた医師需給の将来予測に関する研究  (研究分担者:北澤健文)
 研究補助金:100000円  (分担)
10.  科学研究費補助金 基盤研究(C)  (研究課題番号:15K08569)
 研究課題:介護を伴う高齢者疾患の社会的負担に関する研究  (研究分担者:長谷川友紀)
 研究補助金:100000円  (分担)
11.  科学研究費補助金 基盤研究(C)  (研究課題番号:15K08569)
 研究課題:介護を伴う高齢者疾患の社会的負担に関する研究  (研究分担者:北澤健文)
 研究補助金:100000円  (分担)
12.  科学研究費補助金 基盤研究(C)  (研究課題番号:15K08569)
 研究課題:介護を伴う高齢者疾患の社会的負担に関する研究  (研究分担者:瀬戸加奈子)
 研究補助金:100000円  (分担)
13.  科学研究費補助金 基盤研究(C)  (研究課題番号:15K08824)
 研究課題:高齢期うつ病の1次・2次予防に向けたBDNFのエピジェネティクス疫学の縦断的研究  (研究代表者:井原一成)
 研究補助金:1430000円  (代表)
14.  厚生労働科学研究費補助金  (研究課題番号:H26-nan-m-i-102)
 研究課題:適切な臓器提供を可能とする院内体制整備とスタッフの教育研修プログラムの開発に関する研究  (研究代表者:長谷川友紀)
 研究補助金:3250000円  (代表)
15.  厚生労働科学研究費補助金  (研究課題番号:H28-fume-i-004)
 研究課題:我が国のウイルス性肝炎対策に資する医療経済評価に関する研究  (研究分担者:長谷川友紀)
 研究補助金:1100000円  (分担)
16.  厚生労働科学研究費補助金  (研究課題番号:H27-iryou-i-007)
 研究課題:医療安全の向上のための医療従事者を対象にした普及啓発の効果測定に関する研究  (研究代表者:長谷川友紀)
 研究補助金:3400000円  (代表)
17.  厚生労働科学研究費補助金  (研究課題番号:H28-iryou-i-002)
 研究課題:医療安全指標の開発及び他施設間比較体制の検討と病理部門等と安全管理部門との連携が院内の医療安全体制に与える影響に関する研究  (研究分担者:長谷川友紀)
 研究補助金:500000円  (分担)
■ 教授・准教授・講師の公的役職
1.  長谷川友紀 :(公財)日本医療機能評価機構 理事, (公社)全日本病院協会病院機能評価委員会委員・医療の質向上委員会委員・病院のあり方委員会委員, (公社)日本医師会病院委員会委員
2.  井原一成 :川崎市自殺対策委員会委員
■ 当該年度の主催学会・研究会
1.  第348回日本医療・病院管理学会例会  ,東京  2016/10
■ 教授・准教授・講師の学会・研究会の役員
1.  長谷川友紀 :日本移植学会評議員, 日本医療・病院管理学会評議員, 日本医療マネジメント学会理事(学会誌編集委員長), 日本泌尿器科学会顧問
2.  井原一成 :日本民族衛生学会評議員, 日本循環器病予防学会評議員, 日本健康医学会評議員, 日本公衆衛生学会評議員(査読委員)
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















長谷川 友紀   教授
              
 
 
 
 
 
長谷川 友紀   教授
医学博士
              
 
 
 
 
 
井原 一成   講師
博士(医学)
 1 2 1 4  15        1
 5
 
 
 
 
北澤 健文   助教
博士(保健学)
  1 1 2          2
 
 2
 
 
 
瀬戸 加奈子   助教
博士(医学)
  1  3          
 3
 1
 1
 
 
 1 2  15 0  0  3
(0)
 3
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. 花岡晋平, 瀬戸加奈子, 松本邦愛, 藤田茂, 北澤健文, 長谷川友紀:  日本における認知症の社会負担―官庁統計を用いた経時分析―.  日本医療マネジメント学会雑誌  17 (1) :8 -13 , 2016
2. 解良武士, 河合恒, 吉田英世, 平野浩彦, 小島基永, 藤原佳典, 井原一成, 大渕修一:  心疾患で在宅療養する地域在住高齢者の心身機能の特徴.  日本公衆衛生雑誌  64 (1) :3 -13 , 2017
3. 中川正俊, 井原一成:  初回エピソードうつ病患者の復職及び再休職に影響する要因.  臨床精神医学  45 (11) :1475 -1483 , 2016
4. Sakurai R, Suzuki H, Ogawa S, Kawai H, Yoshida H, Hirano H, Ihara K, Obuchi S, Fujiwara Y:  Fear of falling, but not gait impairment, predicts subjective memory complaints in cognitively intact older adults.  Geriatrics & Gerontology International  :DOI: 10.1111/ ggi.12829 , 2016
5. Tanisawa K, Arai Y, Hirose N, Shimokata H, Yamada Y, Kawai H, Kojima M, Obuchi S, Hirano H, Yoshida H, Suzuki H, Fujiwara Y, Ihara K, Sugaya M, Arai T, Mori S, Sawabe M, Sato N, Muramatsu M, Higuchi M, Liu YW, Kong QP, Tanaka M:  Exome-wide association study identifies CLEC3B missense variant p.S106G as being associated with extreme longevity in east asian populations.  Journal of Gerontology  :DOI: 10.1093/gerona/glw074 , 2016
6. Kera T, Edahiro A, Hirano H, Kawai H, Yoshida H, Kojima M, Fujiwara Y, Ihara K, Obuchi S and the TOSHIMA Research Group:  Alternating motion rate to distinguish elderly people with history of pneumonia.  Respiratory care  61 (12) :1644 -1650 , 2016
7. Somekawa S, Mine T, Ono K, Hayashi N, Obuchi S, Yoshida H, Kawai H, Fujiwara Y, Hirano H, Kojima M, Ihara K, Kim H:  Relationship between sensory perception and frailty in a community-dwelling elderly population.  The Journal of Nutrition Health and Aging  :DOI:10.1007/s12603-016-0836-5 , 2016
8. Hayata E , Seto K , Kitazawa T , Matsumoto K , Morita M , Hasegawa T:  Informing health policy in Japan: A mixed-model estimation to compare the cost of illness of cervical cancer and endometrial cancer.  The journal of obstetrics and gynaecology research  42 (4) :446 -456 , 2016
9. Fujita S, Seto K, Kitazawa T, Matsumoto K, Yinghui Wu, Hasegawa T:  Factors Associated with Health Care Worker Compliance with Procedure Manuals and Rules.  Toho Journal of Medicine  2 (3) :80 -85 , 2016
10. Ihara K, Yoshida H, Jones PB, Hashizume M, Suzuki Y, Ishijima H, Suzuki T, Hachisu M:  Serum BDNF levels before and after the development of mood disorders: a case-control study in a population cohort.  Translational Psychiatry  :DOI:10.1038/tp.2016.47 , 2016
11. Kitazawa T, Matsumoto K, Fujita S, Seto K, Hasegawa T:  Cost Analysis of Transplantation in Japan, Performed With the Use of the National Database.  Transplantation Proceedings  49 (1) :4 -9 , 2017
総説及び解説
1. 井原一成:  フレイルとうつ.  老年精神医学雑誌  27 (5) :504 -510 , 2016
■ 著書
1. 佐々木明子, 井原一成:    新体系看護学全書 健康支援と社会保障制度2 公衆衛生学  1-347.  メヂカルフレンド社,  東京, 日本, 2016
2. 井原一成:  精神保健福祉対策活動の基本 精神疾患の医療.  新体系看護学全書 健康支援と社会保障制度2 公衆衛生学  242-243.  メヂカルフレンド社,  東京, 日本, 2016
3. 井原一成:  家庭・学校・地域の精神保健 家庭の精神保健.  新体系看護学全書 健康支援と社会保障制度2 公衆衛生学  246-247.  メヂカルフレンド社,  東京, 日本, 2016
4. 井原一成:  家庭・学校・地域の精神保健 学校の精神保健.  新体系看護学全書 健康支援と社会保障制度2 公衆衛生学  247-248.  メヂカルフレンド社,  東京, 日本, 2016
5. 井原一成:  家庭・学校・地域の精神保健 職場の精神保健.  新体系看護学全書 健康支援と社会保障制度2 公衆衛生学  248-249.  メヂカルフレンド社,  東京, 日本, 2016
6. 井原一成:  精神疾患.  エッセンシャル 社会・環境と健康 第2版  188-191.  医歯薬出版株式会社,  東京, 日本, 2017
7. 井原一成:  自殺.  エッセンシャル 社会・環境と健康 第2版  191-194.  医歯薬出版株式会社,  東京, 日本, 2017
8. 公益社団法人全日本病院協会病院のあり方委員会:    病院のあり方に関する報告書2015-2016年版  1-88.  公益社団法人全日本病院協会,  東京, 2016
9. 井原一成:  人体の部位の名称 人体の構造と機能.  社会福祉学習双書2017 医学一般  14-18.  社会福祉法人 全国社会福祉協議会,  東京, 日本, 2017
10. 井原一成:  器官系別に見た構造と機能 呼吸器系.  社会福祉学習双書2017 医学一般  22-23.  社会福祉法人 全国社会福祉協議会,  東京, 日本, 2017
11. 井原一成:  器官系別に見た構造と機能 泌尿器系.  社会福祉学習双書2017 医学一般  26-27.  社会福祉法人 全国社会福祉協議会,  東京, 日本, 2017
12. 井原一成:  器官系別に見た構造と機能 神経系.  社会福祉学習双書2017 医学一般  29-33.  社会福祉法人 全国社会福祉協議会,  東京, 日本, 2017
13. 井原一成:  器官系別に見た構造と機能 皮膚とその付属器.  社会福祉学習双書2017 医学一般  38-39.  社会福祉法人 全国社会福祉協議会,  東京, 日本, 2017
14. 井原一成:  器官系別に見た構造と機能 感覚器系.  社会福祉学習双書2017 医学一般  39-41.  社会福祉法人 全国社会福祉協議会,  東京, 日本, 2017
15. 井原一成:  器官系別に見た構造と機能 生殖器系.  社会福祉学習双書2017 医学一般  41-43.  社会福祉法人 全国社会福祉協議会,  東京, 日本, 2017
16. 井原一成:  器官系別に見た構造と機能 循環器系.  社会福祉学習双書2017 医学一般  19-21.  社会福祉法人全国社会福祉協議会,  東京, 日本, 2017
■ 学会発表
国内学会
1. ◎橋本和明, 竹内武昭, 中村祐三, 井原一成, 吉田英世, 大渕修一, 平野浩彦, 藤原佳典, 河合恒, 小島基永, 端詰勝敬: 高齢男性の抑うつ傾向へ同居人がもたらす影響と、行動医学的な観点からみた予防策.  第23回日本行動医学会学術総会,  沖縄, 日本,  2017/03
2. ◎鶴岡麻子, 藤田茂, 飯田修平, 永井庸次, 嶋森好子, 小谷野圭子, 森山洋, 長谷川友紀: 急性期病院における専従・専任の医療安全管理者の配置と活動の関係.  日本医療マネジメント学会 第17回東京支部学術集会,  東京,  2017/02
3. ◎藤田茂, 飯田修平, 永井庸次, 嶋森好子, 小谷野圭子, 森山洋, 長谷川友紀: 病院機能評価と医療安全管理体制および活動との関係.  日本医療マネジメント学会 第17回東京支部学術集会,  東京,  2017/02
4. ◎北澤健文, 松本邦愛, 瀬戸加奈子, 藤田茂, 長谷川友紀: 医療需要の時系列推移を踏まえた必要病床数の将来推計に関する研究.  日本医療マネジメント学会 第17回東京支部学術集会,  東京,  2017/02
5. ◎長谷川友紀: 薬剤に関する医療安全の推進.医療機関と薬局の連携による医療安全.  第11回医療の質・安全学会学術集会,  千葉,  2016/11
6. ◎長谷川友紀: 諸外国の医療安全ガバナンスの現状とクオリティーマネージャー養成について.医療の可視化から始める医療安全ガバナンス強化.  第11回医療の質・安全学会学術集会,  千葉,  2016/11
7. ◎長谷川友紀: 医療の質評価の概要.医療の質の確保.  第17回日本クリニカルパス学会学術集会,  石川,  2016/11
8. ◎河合恒, 井原一成, 吉田英世, 平野浩彦, 藤原佳典, 大渕修一: 地域高齢者におけるスタチン服用の運動機能、痛み、倦怠感への影響.  第75回日本公衆衛生学会総会,  大阪, 日本,  2016/10
9. ◎藤原佳典, 鈴木宏幸, 小川将, 河合恒, 安永正史, 平野浩彦, 吉田英世, 井原一成, 大渕修一: 地域高齢者における認知機能の縦断変化と低下・改善の予知因子.  第75回日本公衆衛生学会総会,  大阪, 日本,  2016/10
10. ◎井原一成, 飯田浩毅, 鈴木友理子, 長谷川千絵, 藤田欣也, 天野雄一, 端詰勝敬, 蜂須貢, 大庭輝, 金憲経, 吉田英世: コホート内症例対照研究によるフレイルの大うつ病性障害発症に対する影響の検討.  第75回日本公衆衛生学会総会,  大阪, 日本,  2016/10
11. ◎白部麻樹, 渡邊裕, 小原由紀, 枝広あや子, 本橋佳子, 本川佳子, 河合恒, 井原一成, 平野浩彦, 藤原佳典, 吉田英世, 大渕修一: 地域在住後期高齢者における口腔機能検査の受診希望と関連する因子の検討.  第75回日本公衆衛生学会総会,  大阪, 日本,  2016/10
12. ◎長谷川友紀: 医療事故調査制度について-本制度運営上の課題―.  第348回日本医療・病院管理学会例会,  東京,  2016/10
13. ◎長谷川友紀: 医療事故調査制度の位置づけと諸外国の状況.医療事故調査制度の概要と対応の問題.  第52回全日本病院学会,  熊本,  2016/10
14. ◎合地俊治, 松本邦愛, 長谷川友紀: 虚血性心疾患の疾病費用(Cost of Illness)の将来推計.  第54回日本医療・病院管理学会学術総会,  東京,  2016/09
15. ◎長谷川友紀: 療事故調査制度と医療安全管理.  日本医療マネジメント学会 第12回広島支部学術集会,  広島,  2016/08
16. ◎長谷川友紀: 医療事故調査委員会の運営と課題.  第15回北海道病院学会,  札幌,  2016/07
17. ◎長谷川友紀: National Clinical Database(NCD)を用いた医療の質管理.消化器外科領域におけるNational data baseのこれまでとこれから.  第71回消化器外科学会総会,  徳島,  2016/07
18. ◎長谷川友紀: 医療事故調査制度と医療安全の仕組みつくり.  蒲田医師会学術講演会,  東京,  2016/05
19. ◎長谷川友紀: 医療事故調査制度と医療安全の仕組みつくり.  和歌山県病院協会医療安全推進研修会,  和歌山,  2016/05
20. ◎花岡晋平、松本邦愛、長谷川友紀: 日本における認知症による要介護(要支援)者への家族等の介護負担の分析.  第18回日本医療マネジメント学会学術総会,  福岡,  2016/04
21. ◎松本邦愛、花岡晋平、長谷川友紀: 介護が必要な疾病の家族による介護負担の推計.  第18回日本医療マネジメント学会学術総会,  福岡,  2016/04
22. ◎飯田修平, 小谷野圭子, 永井庸次, 長谷川友紀, 藤田茂, 森山洋: 医療事故調査制度施行後の問題『院内医療事故調査の指針』に関する考察.  第18回日本医療マネジメント学会学術総会,  福岡,  2016/04
23. ◎藤田茂, 飯田修平, 永井庸次, 嶋森好子, 森山洋, 小谷野圭子, 瀬戸加奈子, 長谷川友紀: 医療事故やインシデントの把握方法の実態に関する研究.  第18回日本医療マネジメント学会学術総会,  福岡,  2016/04
24. ◎北澤健文, 松本邦愛, 藤田茂, 瀬戸加奈子, 平尾智広, 長谷川友紀: 肝硬変の疾病費用(Cost of Illness)の推計.  第18回日本医療マネジメント学会学術総会,  福岡,  2016/04
国際学会
1. ◎Kanako Seto, Kunichika Matsumoto, Tomonori Hasegawa: The comprehensive cost of illness of fracture in Japan.  ISQua 33rd International Conference,  Tokyo, Japan,  2016/10
2. Hasegawa T, ◎Fujita S, Iida S: Lethal adverse event investigation system - Problems and necessary supports for the investigation of unexpected patient's death due to medical service in Japan.  The International Society for Quality in Health Care (ISQua) 33rd International Conference,  Tokyo, Japan,  2016/10
3. ◎Fujita S, Iida S, Hasegawa T: An estimation of the number of patient deaths caused by adverse events in hospitals in Japan.  The International Society for Quality in Health Care (ISQua) 33rd International Conference,  Tokyo, Japan,  2016/10
4. ◎Kitazawa T, Matsumoto K, Hirao T, Hasegawa T: Cost of illness of liver cirrhosis in Japan -a time trend and future projections-.  The International Society for Quality in Health Care (ISQua) 33rd International Conference,  Tokyo, Japan,  2016/10
5. ◎Matsumoto K, Hanaoka S, Hasegawa T: The comprehensive cost of illness for three major diseases in Japan.  The International Society for Quality in Health Care (ISQua) 33rd International Conference,  Tokyo, Japan,  2016/10
6. ◎Hanaoka S, Matsumoto K, Hasegawa T: The comprehensive cost of illness of the dementia in Japan – A time trend analysis based on Japanese governmental statistics.  The International Society for Quality in Health Care (ISQua) 33rd International Conference, Tokyo, Japan,  Tokyo, Japan,  2016/10
7. ◎Hasegawa T: Effective use of accreditation from the experience of three countries; Japan.  The International Society for Quality in Health Care (ISQua) 33rd International Conference,  Tokyo, Japan,  2016/10
8. ◎Fujita S, Nagai Y, Iida S, Koyano K, Hasegawa T: The relationship between severity and devise use of patients and nursing care workload.  International Forum on Quality and Safety in Healthcare,  Singapore,  2016/09
9. ◎Kitazawa T, Matsumoto K, Seto K, Fujita S, Hasegawa T: Cost of transplantation in Japan - an analysis based on the national claim database.  Transplantation Science Symposium Asian Regional Meeting 2016,  Tokyo, Japan,  2016/04
  :Corresponding Author
  :本学研究者