東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2013年度 | 2014年度 | 2015年度
 医学部 医学科 社会医学講座/公衆衛生学
 Division of Public Health, Department of Social Medicine

教授:
  長谷川 友紀(兼任)
講師:
  井原 一成
助教:
  北澤 健文
助教:
  瀬戸 加奈子
■ 概要
医療倫理学的研究
従来からの医師患者関係に属する研究に加えて,介入研究の倫理的問題に関する臨床的・公衆衛生的な研究を行っている。
うつ病とうつ状態の疫学研究
うつの症候学とその関連要因についての研究(うつ状態と動脈硬化関連指標の相互関係に関する研究など)と地域保健の実践研究(軽症うつ病に対する体操教室の効果検証のための無作為化比較試験)とを行っている。
障害者の自立と生活支援にかかわる地域保健研究
精神病状態にある高齢者を事例に,当事者と介護者双方を支える介入のあり方を検討中である。
シックハウス症候群に関する研究
東京都特別区と北海道札幌市を対象として,シックハウス症候群の疫学研究を実施している。適切な情報提供や環境整備の基礎資料の作成を目的としている。
■ Keywords
公衆衛生学, 社会参加, 地域保健, 精神保健, 医師需給, 疫学, 老人保健, 成人保健, 医倫理学, ヘルスプロモーション
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  基盤研究(C)  (研究課題番号:15K08824)
 研究課題:高齢期うつ病の1次・2次予防に向けたBDNFのエピジェネティクス疫学の縦断的研究  (研究代表者:井原一成)
 研究補助金:2990円  (代表)
2.  基盤研究(C)  (研究課題番号:25460636)
 研究課題:高齢社会における医療従事者の偏在と医療へのアクセスの公平性に関する研究  (研究代表者:瀬戸加奈子)
 研究補助金:1040円  (代表)
3.  基盤研究(C)  (研究課題番号:25460636)
 研究課題:高齢社会における医療従事者の偏在と医療へのアクセスの公平性に関する研究  (研究分担者:北澤健文)
 研究補助金:100円  (分担)
4.  基盤研究(C)  (研究課題番号:25460636)
 研究課題:高齢社会における医療従事者の偏在と医療へのアクセスの公平性に関する研究  (研究分担者:長谷川友紀)
 研究補助金:100円  (分担)
5.  基盤研究(C)  (研究課題番号:25460853)
 研究課題:患者安全指標を用いた周術期ケアの質評価に関する研究  (研究代表者:長谷川友紀)
 研究補助金:1300円  (代表)
6.  基盤研究(C)  (研究課題番号:25460853)
 研究課題:患者安全指標を用いた周術期ケアの質評価に関する研究  (研究分担者:北澤健文)
 研究補助金:100円  (分担)
7.  厚生労働科学研究費補助金  (研究課題番号:H26-難治等(免)-一般-102)
 研究課題:適切な臓器提供を可能とする院内体制整備とスタッフの教育研修プログラムの開発に関する研究  (研究代表者:長谷川友紀)
 研究補助金:6480円  (代表)
8.  厚生労働科学研究費補助金  (研究課題番号:H27-医療-一般-007)
 研究課題:医療安全の向上のための医療従事者を対象にした普及啓発の効果測定に関する研究  (研究代表者:長谷川友紀)
 研究補助金:3492円  (代表)
9.  厚生労働科学研究費補助金  (研究課題番号:H26-肝政-一般-003)
 研究課題:我が国のウイルス性肝炎対策に資する医療経済評価に関する研究  (研究分担者:長谷川友紀)
 研究補助金:700円  (分担)
10.  厚生労働科学研究費補助金  (研究課題番号:H26-医療-一般-013)
 研究課題:業務フロー図に基づく医療の質向上と安全確保を目指した多職種協働チームの構築と研修教材・プログラム開発に関する研究  (研究分担者:長谷川友紀)
 研究補助金:0円  (分担)
11.  厚生労働科学研究費補助金  (研究課題番号:H26-難治等(難)-一般-004)
 研究課題:疫学調査による新しい疾患概念に基づく乾癬性関節炎の診断基準と重症度分類の確立  (研究分担者:長谷川友紀)
 研究補助金:0円  (分担)
12.  厚生労働科学研究費補助金  (研究課題番号:H27-医療-一般-002)
 研究課題:病床機能の分化・連携や病床の効率的利用等のために必要となる実施可能な施策に関する研究  (研究分担者:長谷川友紀)
 研究補助金:0円  (分担)
■ 教授・准教授・講師の公的役職
1.  長谷川友紀 :(公財)日本医療機能評価機構 執行理事(審査担当) 医療事故収集等事業 総合評価部会長,(公社)全日本病院協会病院機能評価委員会委員・医療の質向上委員会委員・病院のあり方委員会委員,日本移植コーディネーター協議会 役員
■ 教授・准教授・講師の学会・研究会の役員
1.  長谷川友紀 :日本衛生学会評議員, 日本移植学会評議員, 日本医療・病院管理学会評議員, 医療マネジメント学会理事(学会誌編集委員長), 日本泌尿器科学会顧問
2.  井原一成 :日本民族衛生学会評議員, 日本循環器病予防学会評議員
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















長谷川 友紀   教授
医学博士
              
 
 
 
 
 
長谷川 友紀   教授
医学博士
              
 
 
 
 
 
井原 一成   講師
博士(医学)
  5  4  8 1       3
(3)
 8
(1)
 1
 1
 
 
北澤 健文   助教
博士(保健学)
  2 1 2   1       1
 4
 1
 3
 
 
瀬戸 加奈子   助教
博士(医学)
 1 1  3   1       4
 7
 1
 3
 
 
 1 1  8 0  0  8
(3)
 3
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. 河合恒, 清野諭, 西真理子, 谷口優, 大渕修一, 新開省二, 吉田英世, 藤原佳典, 平野浩彦, 金憲経, 石崎達郎, 高橋龍太郎, 鈴木隆雄, 古名丈人, 岩佐一, 熊谷修, 渡辺修一郎, 西澤哲, 吉田裕人, 湯川晴美, 藤田幸司, 内藤隆弘, 井原一成, 端詰勝敬, 小島基永, 福典之, 新名正弥, 吉田祐子, 天野秀紀, 深谷太郎, 村山洋史, 成田美紀, 小川貴志子, 大場宏美, 小宇佐陽子, 清水由美子, 野藤悠, 松尾恵理, 小原由紀, 増井幸恵, 宇良千秋, 三木明子, 石神明人, 小島成実, TMIG-LISA研究グループ:  大規模コホートデータによる地域高齢者の体力評価シートの作成.  体力科学  64 (2) :261 -271 , 2015
2. 合地俊治, 松本邦愛, 芳賀香代子, 北澤健文, 瀬戸加奈子, 長谷川友紀:  大腸がんの疾病費用(Cost of Illness)の推計.  日本医療マネジメント学会雑誌  16 (1) :2 -7 , 2015
3. 瀬戸加奈子, 松本邦愛, 北澤健文, 藤田茂, 花岡晋平, 長谷川友紀:  病院情報システムの導入状況と病院経営における役割についての検討.  日本医療マネジメント学会雑誌  16 (2) :75 -81 , 2015
4. 小島光洋, 井原一成, 大庭輝, 吉田英世:  高齢女性の健康関連生活習慣と幼少期における身体活動の関係.  民族衛生  81 (4) :105 -121 , 2015
5. 解良武士, 河合恒, 吉田英世, 平野浩彦, 小島基永, 藤原佳典, 井原一成, 大渕修一:  都市部在住高齢者における1年後のフレイル進展の心身機能的要因の検討.  理学療法科学  30 (4) :549 -555 , 2015
6. 解良武士, 河合恒, 吉田英世, 平野浩彦, 小島基永, 藤原佳典, 井原一成, 大渕修一:  2つの体組成測定装置の互換性についての検討.  理学療法科学  30 (6) :847 -851 , 2015
7. 解良武士 河合恒, 吉田英世, 平野浩彦, 小島基永, 藤原佳典, 井原一成, 大渕修一:  2年後にフレイルから改善した都市在住高齢者の心身機能の特徴.  理学療法学  42 (7) :586 -595 , 2015
8. Kitazawa T, Matsumoto K, Fujita S, Seto K, Hanaoka S, Hasegawa T:  Cost of illness of the prostate cancer in Japan-a time-trend analysis and future projections.  BMC health services research  15 :453 , 2015
9. Matsumoto K, Haga K, Kitazawa T, Seto K, Fujita S, Hasegawa T:  Cost of illness of breast cancer in Japan: trends and future projections.  BMC research notes  8 :539 , 2015
10. Ito S, Nemoto T, Tsujino N, Ohmuro N, Matsumoto K, Matsuoka H, Tanaka K, Nishiyama S, Suzuki M, Kinoshita H, Ozawa H, Fujita H, Shimodera S, Kishimoto T, Matsumoto K, Hasegawa T, Mizuno M:  Differential impacts of duration of untreated psychosis (DUP) on cognitive function in first-episode schizophrenia according to mode of onset.  European psychiatry : the journal of the Association of European Psychiatrists  30 (8) :995 -1001 , 2015
11. Kera T, Kawai H, Yoshida H, Hirano H, Kojima M, Fujiwara Y, Ihara K, Obuchi S:  Classification of frailty using the Kihon checklist: A cluster analysis of older adults in urban areas.  Geratrics & Gerontology International  :DOI: 10.1111/ggi. 12676 , 2016
12. Suzuki Y, Kawai H, Kojima M, Shiba Y, Yoshida H, Hirano H, Hujiwara Y, Ihara K, Obuchi S:  Construct validity of postrue as a measureof physical function on elderly individuals: Use of a digitalized inclinometer to assess trunk inclination.  Geriatrics & Gerontology International  :DOI: 10.1111/ggi.12600 , 2015
13. Sakurai R, Kawai H, Yoshida H, Fukaya T, Suzuki H, Kim HK, Hirano H, Ihara K, Obuchi S, Fujiwara Y:  Can you ried a bicycle? The ability to ride a bicycle prevents reduced social function in older adults with mobility limitaiton.  Journal of Epedemiology  :DOI: 10.2188/jea.JE20150017 , 2016
14. Matsumoto K, Seto K, Fujita S, Kitazawa T, Hasegawa T:  Population aging and physician maldistribution: a longitudinal study in Japan.  Journal of Hospital Administration  5 (1) :29 -33 , 2016
15. Suzuki H, Kawai H, Hirano H, Yoshida H, Ihara K, Kim HK, Chaves P. H. M., Ushio M, Yasunaga M, Obuchi S, Fujiwara Y:  One-year change in the Japanese Version of the Montreal Cognitive Assessment perfomance and related predictors in community-dwelling older adults.  Journal of the American Geriatrics Society  63 (9) :1874 -1879 , 2015
16. Hayata E, Tsuchiya T, Maemura T, Katagiri Y, Hasegawa T, Morita1 M:  Recurrent Ectopic Pregnancy in the Remnant Fallopian Tube Following Ipsilateral Partial Salpingectomy.  Open Journal of Obstetrics and Gynecology  5 (7) :373 -377 , 2015
総説及び解説
1. 長谷川友紀:  公式な診療ガイドラインとは.  心臓  48 (1) :4 -10 , 2016
2. 長谷川友紀:  認定病院における医療事故の考え方.  日本医療機能評価機構サーベイヤー通信  20 (1) :1 -2 , 2015
■ 著書
1. 飯田修平編著, 長谷川友紀共著, 藤田茂共著:    院内医療事故調査の指針第2版  1-117.  メディカ出版,  東京, 2015
2. 長谷川友紀, 長谷川敏彦, 松本邦愛,葛西龍樹, 平尾智広, 井原一成, 藤田 茂, 北澤健文, 瀬戸加奈子, 伊藤慎也, 大木秀一, 藤城有美子, 平部正樹, 熊倉伸宏:    医療職のための公衆衛生・社会医学 第5版  1-233.  医学評論社,  東京, 2016
3. 井原一成:  人体部位の名称 人体の構造と機能.  社会福祉学習双書 2016  14-18.  社会福祉法人全国社会福祉協議会,  東京, 日本, 2016
4. 井原一成:  器官系別に見た構造と機能 循環器系.  社会福祉学習双書 2016  19-21.  社会福祉法人全国社会福祉協議会,  東京, 日本, 2016
5. 井原一成:  器官系別に見た構造と機能 呼吸器系.  社会福祉学習双書2016 医学一般  22-23.  社会福祉法人全国社会福祉協議会,  東京, 日本, 2016
6. 井原一成:  器官系別に見た構造と機能 泌尿器系.  社会福祉学習双書2016 医学一般  26-27.  社会福祉法人全国社会福祉協議会,  東京, 日本, 2016
7. 井原一成:  器官系別に見た構造と機能 神経系.  社会福祉学習双書2016 医学一般  29-33.  社会福祉法人全国社会福祉協議会,  東京, 日本, 2016
8. 井原一成:  器官系別に見た構造と機能 皮膚とその付属器.  社会福祉学習双書2016 医学一般  38-39.  社会福祉法人全国社会福祉協議会,  東京, 日本, 2016
9. 井原一成:  器官系別に見た構造と機能 感覚器系.  社会福祉学習双書2016 医学一般  39-41.  社会福祉法人全国社会福祉協議会,  東京, 日本, 2016
10. 井原一成:  器官系別に見た構造と機能 生殖器系.  社会福祉学習双書2016 医学一般  41-43.  社会福祉法人全国社会福祉協議会,  東京, 日本, 2016
11. 飯田修平編著, 長谷川友紀共著, 藤田茂共著:    業務工程(フロー)図作成の基礎知識と活用事例  1-143.  日本規格協会,  東京, 2016
■ 学会発表
国内学会
1. ◎瀬戸加奈子, 高橋絹代, 篠崎尚史, 高原史郎, 大島伸一, 長谷川友紀: 日本における移植医療の現状-MRRデータの解析から-.  第49回日本臨床腎移植学会,  米子,  2016/03
2. ◎瀬戸加奈子, 高橋絹代, 篠崎尚史, 高原史郎, 藤田民夫, 相川厚, 長谷川友紀: 急性期病院の終末期医療の質改善のための教育プログラムの開発.  第49回日本臨床腎移植学会,  米子,  2016/03
3. ◎長谷川友紀: 社会的マージナルドナー・パート2 コーディネーター部門ワークショップ 解説.  第49回日本臨床腎移植学会,  米子,  2016/03
4. ◎井原一成, 長谷川千絵, 大庭輝, 小島光洋: 医学系学術誌におけるケースレポートの収載数の調査.  第80回日本民族衛生学会総会,  弘前, 日本,  2015/11
5. ◎藤田茂, 瀬戸加奈子, 北澤健文, 松本邦愛, 長谷川友紀: 医療安全に関する 医療者のマニュアルやルールの 理解と遵守に関連する要因.  第53回日本医療・病院管理学会学術総会,  福岡,  2015/11
6. ◎保坂浩加, 松本邦愛, 長谷川友紀: 白血病の疾病費用(Cost of illness)の推計.  第53回日本医療・病院管理学会学術総会,  福岡,  2015/11
7. ◎井原一成, 藤田欣也, 吉田英世, 小原由紀, 平野浩彦, 藤原佳典, 小島基永, 金憲経, 天野雄一, 端詰勝敬, 蜂須貢, 河合恒, 大渕修一: 地域高齢者における抗不安薬の投与頻度及び眠前投与と多剤投与の実態.  第74回日本公衆衛生学会総会,  長崎, 日本,  2015/11
8. ◎吉田英世, 井原一成, 端詰勝敬, 吉田祐子, 小島成実, 金美芝, 平野浩彦, 金憲経, 蜂須貢: 地域在住高齢者におけるフレイルとBDNF(脳由来神経栄養因)との関連性の検討.  第74回日本公衆衛生学会総会,  長崎, 日本,  2015/11
9. ◎松本邦愛, 瀬戸加奈子, 長谷川友紀: 新医師臨床研修制度が医師偏在に与えた影響に関する研究.  第53回日本医療・病院管理学会学術総会,  福岡,  2015/11
10. ◎江尻愛美 ,井原一成, 端詰勝敬, 河合恒, 吉田英世, 藤原佳典, 平野浩彦, 小島基永, 大渕修一: 地域在住高齢者の体力と抑うつ症状発症リスクの関連における性別の特徴の検討.  第74回日本公衆衛生学会総会,  長崎, 日本,  2015/11
11. ◎解良武士, 河合恒, 吉田英世, 平野浩彦, 小島基永, 藤原佳典, 井原一成, 大渕修一: 心疾患で在宅療養する地域在住高齢者の心身機能の特徴.  第74回日本公衆衛生学会総会,  長崎, 日本,  2015/11
12. ◎長谷川友紀: 医療提供体制.病院のあり方に関する報告書2015版について.  第57回全日病学会,  札幌,  2015/09
13. ◎長谷川友紀: 期中(認定期間中)の確認の概要.「期中の確認」の実際―体験病院およびサーベイヤーからのレポートを中心に―.  第57回全日病学会,  札幌,  2015/09
14. ◎長谷川友紀: 運営について.院内事故調査制度について.  第57回全日病学会,  札幌,  2015/09
15. ◎長谷川友紀: 医療安全―最近の動向について.  第40回人間ドック健診認定医・専門医研修会,  横浜,  2015/08
16. ◎藤代健太郎, 廣井直樹, 佐藤二美, 長谷川友紀: 慢性疾患患者へのライフヒストリー聴取による医学生の気づき.  第47回日本医学教育学会大会,  新潟,  2015/07
17. ◎藤田欣也, 端詰勝敬, 小原由紀, 平野浩彦, 吉田英世, 小島基永, 井原一成, 天野雄一, 坪井康次: 地域在住高齢者における抗不安薬の服薬状況について.  第56回日本心身医学会総会,  東京, 日本,  2015/06
18. ◎鈴木宏幸, 河合恒, 安永正史, 桜井良太, 平野浩彦, 吉田英世, 金憲経, 井原一成, 大渕修一, 藤原佳典: 地域高齢者におけるMoCA-Jの3年間の縦断変化と反復効果.  第57回日本老年医学会学術総会,  横浜, 日本,  2015/06
19. ◎花岡晋平, 松本邦愛, 北澤健文, 瀬戸加奈子, 藤田茂, 長谷川友紀: 日本における認知症の社会負担.  第17回日本医療マネジメント学会学術総会,  大阪,  2015/06
20. ◎松本邦愛, 瀬戸加奈子, 長谷川友紀: 高齢社会における医療・福祉従事者の国際移動に関する研究.  第17回日本医療マネジメント学会学術総会,  大阪,  2015/06
21. ◎松本邦愛, 瀬戸加奈子, 長谷川友紀: 高齢社会における医療・福祉従事者の国際移動に関する研究.  第17回日本医療マネジメント学会学術総会,  大阪,  2015/06
22. ◎瀬戸加奈子, 松本邦愛, 北澤健文, 北澤健文, 藤田茂, 長谷川友紀: AGREEを用いた診療ガイドラインの評価―AGREEIデータのAGREEIIへの変換手法と連続性確保についての検討.  第17回日本医療マネジメント学会学術総会,  大阪,  2015/06
23. ◎長谷川友紀: 医療安全の基本概念と最近の動向.  第17回日本医療マネジメント学会学術総会,  大阪,  2015/06
24. ◎北澤健文, 松本邦愛, 藤田茂, 瀬戸加奈子, 長谷川友紀: ナショナルデータベースを用いた移植後合併症発症と医療費の関連移管する研究.  第17回日本医療マネジメント学会学術総会,  大阪,  2015/06
25. 合地俊治,◎松本邦愛, 長谷川友紀: 虚血性心疾患の疾病費用(Cost of illness)の推計.  第17回日本医療マネジメント学会学術総会,  大阪,  2015/06
26. ◎斎藤京子, 河合恒, 平野浩彦, 藤原佳典, 井原一成, 吉田英世, 大渕修一, 近藤嘉高, 石神昭人: 地域在宅高齢者におけるベースライン時の血中VC濃度は7年後の運動機能に影響を及ぼすか?.  第57回日本老年医学会学術総会,  横浜, 日本,  2015/06
27. 井原一成: 超高齢社会におけるフレイルを考える.  第29回日本老年学会総会,  横浜, 日本,  2015/06
28. ◎藤田茂, 飯田修平, 永井庸次, 嶋森好子, 吉田愛, 瀬戸加奈子, 西澤寛俊, 長谷川友紀: 医療機関における医療安全管理体制の変遷について.  第17回日本医療マネジメント学会学術総会,  大阪,  2015/06
29. 吉田愛, ◎瀬戸加奈子, 松本邦愛, 藤田茂, 北澤健文, 長谷川友紀: 医師の世代別勤務先の変遷と女性医師のキャリア形成.  第17回日本医療マネジメント学会学術総会,  大阪,  2015/06
30. ◎高城大輔, 平野浩彦, 渡邊裕, 枝広あや子, 小原由紀, 白部麻樹, 大渕修一, 吉田英世, 藤原佳典, 河合恒, 金憲経, 井原一成, 弘中祥司: 地域在住高齢者の食欲減退がサルコペニアに及ぼす影響 食欲指標(SNAQ)を用いた検討.  第57回日本老年医学会学術総会,  横浜, 日本,  2015/06
国際学会
1. ◎Shishido S, Hasegawa T: The role of ethical committee of Japan society for transplantation.  New Key Opinion Leaders Meeting (nKOL) 2016,  Bangkok, Thailand,  2016/03
2. ◎Seto K, Matsumoto K, Fujita S, Hasegawa T: Evaluation of clinical practice guidelines using the AGREE instrument in Japan.  2016 Prince Mahidol Award Conference,  Bangkok, Thailand,  2016/01
3. ◎Ihara K, Iida H, Hashizume M, Suzuki Y, Ishijima H, Hasegawa C, Amano Y, Yoshida H: Physical and biological risk factors for major and minor depressive disorders identified in a 6-year cohort of elderly women.  The 15th International Congress of the IFPE,  Bergen, Norway,  2015/10
4. ◎Oba H, Yoshida H, Suzuki Y, Suzuki Y, Kitabatake Y, Ishijima H, Ihara K: Knowledge and assessment skills of depressive symptoms among the staff of community integrated support centers.  the 15th International Congress of the IFPE,  Bergen, Norway,  2015/10
5. ◎Matsumoto K, Kitazawa T, Hasegawa T: Estimation of repercussion effect of the health care and long-term care services using an input-output table.  iHEA 11th World Congress in Health Economics,  Milan, Italy,  2015/07
6. ◎Hasegawa T, Matsumoto K, Seto K, Fujita S, Kitazawa T: Cost of renal transplantation in Japan - an analysis based on the national claim database.  iHEA 11th World Congress in Health Economics,  Milan, Italy,  2015/07
7. ◎Kitazawa T, Matsumoto K, Seto K, Fujita S, Hasegawa T: Cost of hematopoietic stem cell transplantation in Japan - an analysis based on the national claim database.  iHEA 11th World Congress in Health Economics,  Milan, Italy,  2015/07
8. ◎Wu Y, Matsumoto K, Kitazawa T, Seto K, Fujita S, Hasegawa T: The future projections of economic burden of liver cancer in Japan using the cost-of-illness (COI) method.  iHEA 11th World Congress in Health Economics,  Milan, Italy,  2015/07
  :Corresponding Author
  :本学研究者