東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2012年度 | 2013年度 | 2014年度
 医学部 医学科 微生物・感染症学講座
 Department of Microbiology and Infectious Diseases
■ 特許
1.  山口 惠三, 舘田 一博,石井 良和 :感染症治療効果増強剤  ―5639471  (2014/10/31登録)
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  平成26年度科学研究費助成事業(基盤研究C) 平成25年度~27年度
 研究課題:健常人およびブラジル産鶏肉由来CTX-M-8産生大腸菌の関連性の解明に関する研究  (研究代表者:石井 良和)
 研究補助金:5070000円  (代表)
2.  平成26年度厚生労働科学研究費補助金 健康安全・危機管理対策総合研究事業
 研究課題:エステティックの施術による身体への危害についての原因究明及び衛生管理に関する研究  (研究分担者:舘田 一博)
 研究補助金:1200000円  (分担)
その他
1.  受託研究
 研究課題:アジア太平洋諸国におけるClostridium difficile感染症の管理と転帰の特徴を明らかにするプロスペクティブ研究  (研究代表者:舘田 一博)
 研究補助金:25000000円  (代表)
■ 教授・准教授・講師の学会・研究会の役員
1.  舘田 一博 :日本感染症学会理事・評議員・編集委員, 日本臨床微生物学会理事・評議員, 日本化学療法学会幹事・評議員, 日本環境感染学会評議員, Ammbasodor of Japan(American Society for Microbiology)
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















石井 良和   教授
  1  9   1       
 20
(12)
 2
 4
(1)
 
 
舘田 一博   教授
 1 4  6          5
(2)
 32
(11)
 1
(1)
 5
(1)
 
 
宮崎 修一   教授
    2  1        
 
 
 
 
 
大野 章   講師
              
 
 
 
 
 
梶原 千晶   助教
              1
 1
(1)
 
 
 
 
木村 聡一郎   助教
              
 1
 
 
 1
 
嵯峨 知生   助教
    2          1
(1)
 
 
 
 
 1
山口 哲央   助教
   2 6  1 1       2
 
 1
 
 
 
 1 2  2 0  0  9
(3)
 4
(1)
 1
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. 石井 利明, 吉澤 定子, 宮崎 泰斗, 佐野 将也, 高崎 智彦, 舘田 一博, 盛田 俊介:  発熱を主訴とする輸入感染症に対するマラリア・デング熱抗体 イムノクロマトグラフィー(IC)キットの使用経験について.  臨床病理  63 (1) :19 -24 , 2015
2. Oguri T, Furuyama T, Okuno T, Ishii Y, Tateda K, Bonomo RA, Shimizu-Ibuka A.:  Crystal structure of Mox-1, a unique plasmid-mediated class C β-lactamase with hydrolytic activity towards moxalactam.  Antimicrobial Agents and Chemotherapy  58 (7) :3914 -3920 , 2014
3. Yamaguchi T, Suzuki S, Okamura S, Miura Y, Tsukimori A, Nakamura I, Ito N, Masuya A, Shiina T, Matsumoto T.:  Evolution and Single-Nucleotide Polymorphisms in Methicillin-Resistant Staphylococcus aureus Strains with Reduced Susceptibility to Vancomycin and Daptomycin, Based on Determination of the Complete Genome.  Antimicrobial agents and chemotherapy  59 (6) :3585 -3587 , 2015
4. Mano Y, Saga T, Ishii Y, Yoshizumi A, Bonomo RA, Yamaguchi K, Tateda K.:  Molecular analysis of the integrons of metallo-β-lactamase-producing Pseudomonas aeruginosa isolates collected by nationwide surveillance programs across Japan.  BMC Microbiology  15 :41 , 2015
5. Yoshizumi A., Ishii Y., Iwata M., Murakami H., Yumoto S., Yasui K., Maehara C., Fukuzawa S., Enokizono K., Tateda K..:  Daptomycin susceptibility of 833 strains of Gram-positive cocci from a university hospital in Japan (2009-2011).  Diagnostic Microbiology and Infectious Disease  80 (2) :151 -153 , 2014
6. Nakamura I, Yamaguchi T, Tsukimori A, Sato A, Fukushima S, Matsumoto T.:  New options of antibiotic combination therapy for multidrug-resistant Pseudomonas aeruginosa.  European journal of clinical microbiology & infectious diseases : official publication of the European Society of Clinical Microbiology  34 (1) :83 -87 , 2015
7. Kojima Y, Harada S, Aoki K, Ishii Y, Sawa T, Hasegawa K, Saji T, Yamaguchi K, Tateda K.:  Spread of CTX-M-15 Extended-Spectrum β-Lactamase-Producing Escherichia coli Isolates through Household Contact and Plasmid Transfer.  Journal of Clinical Microbiology  52 (5) :1783 -1785 , 2014
8. Nagasawa M, Kaku M, Kamachi K, Shibayama K, Arakawa Y, Yamaguchi K, Ishii Y.:  Loop-mediated isothermal amplification assay for 16S rRNA methylase genes in Gram-negative bacteria.  Journal of Infection and Chemortherapy  20 (10) :635 -638 , 2014
9. Kino H, Suzuki H, Yamaguchi T, Notake S, Oishi T, Ito Y, Nakamura K, Miyazaki H, Matsumoto T,Uemura K, Matsumura A.:  Central nervous system infection caused by vancomycin-intermediate Staphylococcus aureus (SCCmec type IV, ST8).  Journal of Infection and Chemotherapy  20 (10) :643 -646 , 2014
10. Haque A, Yoshizumi A, Saga T, Ishii Y, Tateda K.:  ESBL-producing Enterobacteriaceae in environmental water in Dhaka, Bangladesh.  Journal of Infection and Chemotherapy  20 (10) :Epub ahead of print , 2014
11. Nakamura I, Yamaguchi T, Tsukimori A, Sato A, Fukushima S, Mizuno Y, Matsumoto T.:  Effectiveness of antibiotic combination therapy as evaluated by the Break-point Checkerboard Plate method for multidrug-resistant Pseudomonas aeruginosa in clinical use.  Journal of Infection and Chemotherapy  20 (4) :266 -269 , 2014
12. Yoshizumi A., Ishii Y., Aoki K., Testa R., Nichols W.W., Tateda K.:  In vitro susceptibility of characterized β-lactamase-producing Gram-negative bacteria isolated in Japan to ceftazidime-, ceftaroline-, and aztreonam-avibactam combinations.  Journal of Infection and Chemotherapy  21 (2) :148 -151 , 2015
13. Nakano R., Nakano A., Ishii Y., Ubagai T., Kikuchi-Ueda T., Kikuchi H., Tansho-Nagakawa S., Kamoshida G., Mu X., Ono Y..:  Rapid detection of the Klebsiella pneumoniae carbapenemase (KPC) gene by loop-mediated isothermal amplification (LAMP).  Journal of Infection and Chemotherapy  21 (3) :202 -206 , 2015
14. Yamaguchi T, Okamura S, Miura Y, Koyama S, Yanagisawa H, Matsumoto T.:  Molecular Characterization of Community-Associated Methicillin-Resistant Staphylococcus aureus Isolated from Skin and Pus Samples of Outpatients in Japan.  Microbial drug resistance (Larchmont, N.Y.)  21 (4) :441 -447 , 2015
15. Tateda K:  Programs for Continuing Medical Education: B session; 8. Spreading of antibiotic-resistant bacteria in the community.  Nihon Naika Gakkai Zasshi  104 (3) :572 -579 , 2015
16. Yaita K, Aoki K, Suzuki T, Nakaharai K, Yoshimura Y, Harada S, Ishii Y, Tachikawa N.:  Epidemiology of extended-spectrum β-lactamase producing Escherichia coli in the stools of returning Japanese travelers, and the risk factors for colonization.  PLoS One  9 (5) :e98000 , 2014
17. Nao Hirota, Takafumi Ito, Shuichi Miyazaki, Masahito Ebina, Sakae Homma:  Gene expression profiling of lung myofibroblasts reveals the anti-fibrotic effects of cyclosporine.  Tohoku Journal of Experimental Medicine  233 (4) :283 -293 , 2014
18. Yuko Miyazaki, Takashi Yusa, Saburo Matsuo, Yasuo Terauchi, Shuichi Miyazaki:  zyxin modulates the tgrnsmigaration of Haemphilus influenzae to the central nervous system.  Virulence  5 (6) :665 -672 , 2014
総説及び解説
1. 吉澤定子, 石井 良和, 舘田 一博:  感染防止対策における検査部の役割 The Role of Clinical Laboratory for Preventing Hospital Infections.  JJCLA 日本臨床検査自動化学会会誌  39 (5) :603 -609 , 2014
2. 舘田一博, 吉澤定子, 宮崎泰斗:  偽膜性腸炎(Clostridium difficile感染症を中心に).  診断と治療  102 (6) :849 -856 , 2014
症例報告
1. 佐藤高広, 前田 正, 宮下 弘, 酒井亜紀子, 河越尚幸, 貴島 祥, 渡辺利泰, 宮崎泰斗,
菅澤康幸, 原 規子, 財 裕明, 吉澤定子, 中西員茂, 中嶋 均, 舘田一博, 瓜田純久:  糖尿病患者における難治性下痢および嘔吐の治療に対し、呼気試験が極めて有用であった1例.  安定同位体と生体ガス  7 (1) :39 -41 , 2014
2. 正田八州穂、佐藤真理、羽賀洋一、三井一賢、柘植新太郎、土谷一晃、吉澤定子、松裏裕行、小原明、佐地勉:  発熱を伴った排尿時下腹部痛を契機に診断された化膿性恥骨結合炎の女子例.  小児科臨床  67 (5) :0831 -0837 , 2014
3. Tsukimori A, Nakamura I, Okamura S, Sato A, Fukushima S, Mizuno Y, Yamaguchi T, Matsumoto T.:  First case report of vancomycin-intermediate sequence type 72 Staphylococcus aureus with nonsusceptibility to daptomycin.  BMC infectious diseases  14 :459 -464 , 2014
4. Takahashi K, Miura A, Yamaguchi T, Kanematsu M.:  Novel cord-like structures on MRI in a case of hypervirulent Klebsiella pneumoniae..  Internal medicine  54 (3) :355 -356 , 2015
5. Mizuno Y, Yamaguchi T, Matsumoto T.:  A first case of New Delhi metallo-beta-lactamase-7 in an Escherichia coli ST648 isolate in Japan.  Journal of Infection and Chemotherapy  20 (12) :814 -816 , 2014
その他
1. 宮崎 泰斗, 前田 正, 吉澤 定子, 舘田 一博:  クロストリジウム・ディフィシル感染症の発症病態と臨床的特徴.  化学療法の領域  31 (1) :33 -39 , 2014
■ 著書
1. 山口哲央:  市中感染型MRSAの動向と対処法.  化学療法の領域  771-778.  医薬ジャーナル社,  日本, 2014
2. 宮﨑修一:  クロストリジウムとその他の嫌気性桿菌.  イラストレイテッド微生物学  165-177.  丸善,  東京, 2014
3. 山口哲央:  一般細菌.  感染防止からみる微生物学  88-105.  秀潤社,  日本, 2014
■ 学会発表
国内学会
1. ◎山口哲央,松尾美記, 平松 啓一, 松本哲哉: Slow growing Vancomycin Intermediate S. aureus strain from clinical isolate.  第88回日本細菌学会総会,  岐阜, 日本,  2015/03
2. ◎青木 弘太郎, 吉住 あゆみ, 杉田 香代子, 長谷川 直樹, 岩田 敏, 森屋 恭爾, 吉澤 定子, 石井 良和, 舘田 一博: 複数の医療施設から分離されたメタロ-β-ラクタマーゼ産生Enterobacter cloacaeに関する分子疫学的検討.  第88 回 日本細菌学会総会,  岐阜,  2015/03
3. ◎石井良和: 常在菌化するESBL産生腸内細菌科細菌.  第30回日本環境感染学会,  神戸,  2015/02
4. ◎嵯峨知生, 吉澤定子, 石井良和, 舘田一博: 臨床微生物検査領域における遺伝子型別法の活用と展望.  第30回日本環境感染学会総会・学術集会,  神戸市, 日本,  2015/02
5. ◎舘田 一博: 耐性菌の現状と適正抗菌薬の重要性ーWHOから配信された国際報告書を受けてー.  第30回日本環境感染学会総会・学術集会,  神戸市,  2015/02
6. ◎嵯峨知生, 柏谷淳: 臨床分離肺炎球菌のキノロン感受性と莢膜型・遺伝的系統の変化に関する研究.  第145回東邦医学会例会,  大田区, 東京, 日本,  2015/02
7. ◎田丸輝也, 吉住あゆみ: 生と死の臨界で働く概日時計シグナル.  第145回東邦医学会例会,  東京,  2015/02
8. ◎石井良和: ICDのための臨床微生物学講座-感染制御に役立つ、微生物学の知識-
臨床上重要な耐性菌とその検出法.  第199回ICD講習会,  東京,  2015/02
9. ◎村上日奈子, 石井利明, 森 伸晃, 吉澤定子, 今井和花, 榎園恭子, 佐々木雅一, 福澤 滋, 前原千佳子, 安井久美子, 湯本重雄, 岩田守弘, 吉住あゆみ, 石井良和, 舘田一博: 当院で分離されたClostridium difficile 関連下痢症(CDAD)の診断におけるGDH陽性・toxin陰性患者の臨床的意義.  第26回日本臨床微生物学雑誌,  東京都,  2015/02
10. ◎福澤 滋, 今井和花, 前原千佳子, 榎園恭子, 湯本重雄, 岩田守弘, 佐々木雅一, 安井久美子, 村上日奈子, 吉住あゆみ, 石井良和, 舘田一博: DPS192iXとIA20MICmkllの比較検討.  第26回日本臨床微生物学雑誌,  東京都,  2015/02
11. ◎荒木 弥生, 塚田 真弓, 佐藤 恵美, 田村 清美, 村上 日奈子, 平山 忍, 吉澤 定子, 石井 良和, 舘田 一博: Stenotrophomonas maltophiliaのアウトブレイク疑い事例への対応.  第30回日本環境感染学会総会・学術集会,  神戸,  2015/02
12. ◎塚田 真弓, 田村 清美, 佐藤 恵美, 荒木 弥生, 吉澤 定子, 安井 久美子, 平山 忍, 石井 良和, 舘田 一博: 清掃担当者と取り組む感染防止対策.  第30回日本環境感染学会総会・学術集会,  神戸,  2015/02
13. ◎今井和花, 村上日奈子, 湯本重雄, 青木弘太郎, 岩田守弘, 榎園恭子, 佐々木雅一, 福澤 滋, 前原千佳子, 安井久美子, 吉住あゆみ, 石井良和, 舘田一博: カルバペネム耐性腸内細菌科細菌の効率的な検出方法に関する検討.  第26回日本臨床微生物学会総会・学術集会,  東京都,  2015/01
14. ◎青木弘太郎, 松岡喜美子, 横山茂樹, 石井良和, 舘田一博: Antibiogram-Biotype Based Clonality(ABC)analysis法によるメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)の菌株間クローナリティ推定に関する検討.  第26回日本臨床微生物学会総会・学術総会,  東京都,  2015/01
15. ◎佐々木 信一, 南條 友央太, 荒野 直子, 関本 康人, 推名 健太郎, 栗山 祥子, 村木 慶子, 吉岡 泰子, 富永 滋, 木下 綾子: 広範なカポジ肉腫病変の診断と治療効果判定にFDG PETが有用であったAIDSの1例.  第82回 日本核医学会 関東甲信越地方会,  東京,  2015/01
16. ◎村上 日奈子, 石井 利明, 森 伸晃, 吉澤 定子, 今井 和花, 榎園 恭子, 佐々木 雅一, 福澤 滋, 前原 千佳子, 安井 久美子, 湯本 重雄, 岩田 守弘, 吉住 あゆみ, 石井 良和, 舘田 一博: 当院で分離されたClostridium difficileの薬剤感受性成績 新規抗菌薬Fidaxomycinを含めて.  第26回日本臨床微生物学会総会,  東京,  2015/01
17. ◎吉澤 定子, 栗林 智子, 奥田 誠, 宮崎 泰斗, 前田 正, 福井 悠人, 塚田 真弓, 佐藤 恵美, 舘田 一博, 瓜田 純久, 小原 明: HIVスクリーニング検査の偽陽性に関する検討.  第28回日本エイズ学会学術集会・総会,  大阪,  2014/12
18. ◎塚田 真弓, 吉澤 定子, 宮崎 泰斗, 前田 正, 佐藤 恵美, 松田 洋子, 長谷川 香菜子, 平山 忍, 田村 清美, 舘田 一博: 知的障害者のHIV陽性患者に対し社会的支援を生かし服薬継続が可能となった1例.  第28回日本エイズ学会学術集会・総会,  大阪,  2014/12
19. ◎石井良和: 感染症診断のピットフォール―微生物検査に潜む問題点と対応―
耐性因子保有菌検出の問題点.  第63回日本感染症学会東日本地方会総会学術集会 第61回日本化学療法学会東日本支部総会 合同学会,  東京,  2014/10
20. ◎舘田 一博: 緑膿菌感染症:臨床・研究における新展開.  第62回日本化学療法学会西日本支部総会 第57回日本感染症学会中日本地方会学術集会 第84回日本感染症学会西日本地方会学術集会 合同学会,  岡山市,  2014/10
21. ◎吉岡大介, 梶原千晶, 梅木健二, 平松和史, 石井良和, 門田淳一, 舘田一博: 敗血症を伴う重症細菌性肺炎におけるβラクタム剤とマクロライドの併用療法の有効性.  第62回日本化学療法学会西日本支部総会 第57回日本感染症学会中日本地方会学術集会 第84回日本感染症学会西日本地方会学術集会 合同学会,  岡山市,  2014/10
22. ◎藤本孝一, 竹本浩司, 金澤勝則, 石井良和, 舘田一博, 山口惠三: メロペネム低感受性緑膿菌の薬剤感受性に及ぼす外膜障害剤添加の影響~2012年度メロペン全国感受性調査追加検討~.  第62回日本化学療法学会西日本支部総会 第57回日本感染症学会中日本地方会学術集会 第84回日本感染症学会西日本地方会学術集会 合同学会,  岡山市,  2014/10
23. ◎前田 正, 吉澤定子, 佐藤高弘, 福井悠人, 宮崎泰斗, 石井良和, 舘田一博, 瓜田純久: Ramsay-Hunt症候群が疑われた神経梅毒の一例.  第63回日本感染症学会東日本地方会学術集会,  東京,  2014/10
24. ◎吉澤 定子, 舘田 一博: 抗MRSA薬の使い方.  第63回日本感染症学会東日本地方会総会学術集会,  東京,  2014/10
25. ◎吉澤 定子, 青木 弘太郎, 佐藤 高広, 福井 悠人, 前田 正, 宮崎 泰斗, 石井 良和, 舘田 一博, 大熊 新之介, 藤井 毅郎, 渡邉 善則: 治療経過中にダプトマイシン耐性化が認められたMRSA術後感染の1例.  第63回日本感染症学会東日本地方会総会学術集会,  東京,  2014/10
26. ◎佐藤高広,佐々木陽典,中田憲司,原 規子,河越尚幸,貴島 祥,前田 正,石井孝政,渡邉利泰,菅澤康幸,宮崎泰斗,財 裕明,中西員茂,中嶋 均,瓜田純久,福井悠人,吉澤定子,館田一博: 症候性貧血を契機に診断に至った悪性貧血の一例(呼気ガス分析を含めて.  第9回日本病院総合診療医学会,  群馬,  2014/09
27. ◎山口哲央, 岡村沙紀子, 月森彩加, 佐藤昭裕, 中村造, 福島慎二, 水野泰孝, 伊藤典彦, 松本哲哉: 次世代シークエンサーを用いた全ゲノム解析比較によるダプトマイシン耐性機序の解明.  第62回日本化学療法学会総会,  福岡, 日本,  2014/06
28. ◎梶原千晶, 御園生与志, 木村聡一郎, 舘田一博: レジオネラ肺炎マウスモデルにおけるIL-17AとIL-17Fの機能的・代償的役割.  第88回日本感染症学会,  福岡,  2014/06
29. ◎石井良和: 日本におけるブレイクポイントの展望 基礎の立場から.  第88回日本感染症学会学術講演会 第62回日本化学療法学会総会 合同学会,  福岡,  2014/06
30. ◎松下 和彦, 阿部 哲士, 石井 朝夫, 梶山 史郎, 小谷 明弘, 斉藤 政克, 正岡 利紀, 山田 浩司, 勝呂 徹, 吉澤 定子, 舘田 一博: 骨・関節手術における手術部位感染対策.  第62回日本化学療法学会総会,  福岡,  2014/06
31. ◎福井 悠人, 佐藤 高広, 村上 日奈子, 吉澤 定子, 舘田 一博: 当院におけるカンジダ菌血症102症例の検討.  第62回日本化学療法学会総会,  福岡,  2014/06
32. ◎平山 忍, 木村 伊都紀, 横尾 卓也, 花井 雄貴, 坂本 真紀, 村上 日奈子, 松尾 和廣, 本田 なつ絵, 吉澤 定子, 石井 良和, 西澤 健司, 舘田 一博, 小杉 隆祥: MRSA菌血症に対するVCM治療に関する検討.  第62回日本化学療法学会総会,  福岡,  2014/06
33. ◎澤 友歌, 池原 聡, 吉澤 定子, 舘田 一博, 佐地 勉: Interferon-gamma release assay(AGRA)テスト陽性で腹膜生検にて確定診断した結核性腹膜炎の1例.  第62回日本化学療法学会総会,  福岡,  2014/06
34. ◎舘田一博: 第11回症例から学ぶ感染症セミナー.  第88回日本感染症学会学術講演会 第62回日本化学療法学会総会 合同学会,  福岡,  2014/06
35. ◎舘田一博: 創薬促進のための産官学連携 今なぜ創薬促進が必要か.  第88回日本感染症学会学術講演会 第62回日本化学療法学会総会 合同学会,  福岡,  2014/06
36. ◎戸口明宏, 鈴木貴弘, 橋本幸平, 大塚喜人, 春木宏介, 舘田一博, 菊池 賢: 全国53施設における血液培養検査に関する実態調査.  第88回日本感染症学会学術講演会 第62回日本化学療法学会総会 合同学会,  福岡,  2014/06
37. ◎佐野 剛, 清水宏繁, 卜部尚久, 佐藤敬太, 杉野圭史, 磯部和順, 坂本 晋, 高井雄二郎, 舘田一博, 本間 栄: クレブシエラ肺炎の臨床・画像学的検討.  第88回日本感染症学会学術講演会 第62回日本化学療法学会総会 合同学会,  福岡,  2014/06
38. ◎清水宏繁, 佐野 剛, 卜部尚久, 佐藤敬太, 杉野圭史, 磯部和順, 坂本 晋, 高井雄二郎, 舘田一博, 本間 栄Haemophilus influenzae肺炎についての画像学的検討.  第88回日本感染症学会学術講演会 第62回日本化学療法学会総会 合同学会,  福岡,  2014/06
39. ◎藤本孝一, 竹本浩司, 金澤勝則, 石井良和, 舘田一博, 山口惠三: メロペネム低感受性株に対するメロペネムと各種抗菌薬の併用効果~2012年度メロペン全国感受性調査菌株を用いた追加検討.  第88回日本感染症学会学術講演会 第62回日本化学療法学会総会 合同学会,  福岡,  2014/06
40. ◎福井悠人, 佐藤高広, 村上日奈子, 吉澤定子, 舘田一博: 当院におけるカンジダ菌血症102例の検討.  第88回日本感染症学会学術講演会 第62回日本化学療法学会総会 合同学会,  福岡,  2014/06
41. ◎平山 忍, 木村伊都紀, 横尾卓也, 花井雄貴, 坂本真紀, 村上日奈子, 松尾和廣, 本田なつ絵, 吉澤定子, 石井良和, 西澤健司, 舘田一博: MRSA菌血症に対するVCM治療に関する検討.  第88回日本感染症学会学術講演会 第62回日本化学療法学会総会 合同学会,  福岡,  2014/06
42. ◎澤 友歌, 池原 聡, 吉澤 定子, 舘田一博, 佐地 勉: Interferon-gamma release assay(AGRA)テスト陽性で腹膜生検にて確定診断した結核性腹膜炎の1例.  第88回日本感染症学会学術講演会 第62回日本化学療法学会総会 合同学会,  福岡,  2014/06
43. ◎福井悠人, 佐藤高広, 村上日奈子, 吉澤定子, 舘田一博: 当院におけるカンジダ菌血症102症例の検討.  第88回日本感染症学会学術講演会,第62回日本化学療法学会総会,  福岡,  2014/06
44. ◎舘田 一博: 重症肺炎診療へのアプローチ 迅速診断と原因菌の決定.  第54回日本呼吸器学会学術講演会,  大阪,  2014/04
45. ◎河野 茂, 大野孝順, 村田達教, 舘田一博: レセプトを用いた肺炎発症リスク因子の検討.  第54回日本呼吸器学会学術講演会,  大阪,  2014/04
国際学会
1. ◎Tateda K: The management and a new strategy against CRE infection.  15th Asia Pacific Congress of Clinical Microbiology and Infection,  Kuala Lumpur(Malaysia),  2014/11
2. ◎Yoshizawa S, Ato M, Ikeba T, Fukui Y, Tsubota T, Honda M, Ishii Y, tateda K: Streptococcal Toxic Shock Syndrome due to Beta-hemolytic Streptococci : Clinical Features and Cytokines/ Chemokines Analysis of the Cases.  IDWeek 2014,  USA,  2014/10
3. ◎Ishii Y, Horiyama T, Nkamura R, Fukuhara N, Tsuji M, Yamano Y, Yamaguchi K, Tateda K: S-649266, a novel siderophore cephalosporin: III. stability against clinically relevant beta-lactamse.  Interscience Conference on Antimicrobial Agents and Chemotherapy 2014,  Washington, DC, USA,  2014/09
4. ◎Yamaguchi T, Suzuki S, Okamura S, Miura Y, Tsukimori A, Nakamura I, Ito N, Shiina T, Matsumoto T.: Evolution of mutations in Methicillin-Resistant Staphylococcus aureus ST72 clinical isolates with reduced susceptibility to vancomycin and daptomycin by complete genome sequence analysis.  Interscience Conference of Antimicrobial Agents and Chemotherapy,  Washington, DC, USA.,  2014/09
5. ◎Ishii Y, Tsutsumi Y, Yoshizumi A, Tateda K: OP0595, a novel serine-beta-lactamase inhibitor: enzymatic studies of OP05959 against serine-beta-lactamases.  Interscience Conference on Antimicrobial Agents and Chemotherapy 2014,  Washington, DC, USA,  2014/09
6. ◎Aoki K, Yoshizumi A, Sugita K, Hasegawa N, Iwata S, Moriya K, Yoshizawa S, Ishii Y, Tateda : A Molecular Epidemiological Study of Metallo-β-Lactamase Producing Enterobacter cloacae Clinical Isolated in Japan.  Interscience Conference on Antimicrobial Agents and Chemotherapy 2014,  Washington, DC, USA,  2014/09
7. ◎Ishii Y: Molecular analysis of the integrons of metallo-β-lactamase-producing Pseudomonas aeruginosa isolates collected by nationwide surveillance programs across Japan.  12th beta-lactamase meeting,  Gran Canaria, Spain,  2014/06
8. ◎Ishii Y: Global emergence of multidrug resistant bacteria
-Resistance mechanism, epidemiology and therapeutic options-.  16th International Congress on Infectious Diseases,  Cape Town, Republic of South Africa,  2014/04
その他
1. ◎今井玲伽、檜垣香織、増尾 萌、山辺智子、嵯峨知生、齋藤敦子: イワムシ糞中微生物による環境汚染物質の分解挙動の解析.  4学部合同学術集会,  千葉,  2015/03
2. Kimura S , Schaller MA, Almeida Nagata DE, Allen R, Lukacs NW, Kunkel SL: Dendritic cell mediated regulatory T cell differentiation is controlled by Jagged 1- Notch signalling.  Notch meeting 2014,  Ann Arbor, USA,  2014/08
  :Corresponding Author
  :本学研究者