東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2015年度 | 2016年度 | 2017年度
 医学部 医学科 生理学講座/統合生理学
 Department of Physiology

教授:
  赤羽 悟美
講師:
  伊藤 雅方
  冨田 太一郎
  村上 慎吾
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















赤羽 悟美   教授
              
 5
 
 2
 
 1
(1)
伊藤 雅方   講師
              
 4
 
 1
 
 1
(1)
冨田 太一郎   講師
              
 5
 
 1
 
 1
(1)
村上 慎吾   講師
    1          2
 2
 1
 
 1
(1)
 
三上 義礼   助教
              2
 2
 
 2
 
 1
(1)
 0 0  0 0  0  4
(0)
 1
(0)
 1
(1)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Fumiaki Nin, Takamasa Yoshida, Shingo Murakami, Genki Ogata, Satoru Uetsuka, Samuel Choi, Katsumi Doi, Seishiro Sawamura, Hidenori Inohara, Shizuo Komune, Yoshihisa Kurachi, Hiroshi Hibino:  Computer modeling defines the system driving a constant current crucial for homeostasis in the mammalian cochlea by integrating unique ion transports.  npj Systems Biology and Applications  3 :24 , 2017
■ 学会発表
国内学会
1. ◎村上慎吾, 冨田太一郎, 三上義礼, 伊藤雅方, 赤羽悟美: ヒト心室筋細胞モデルを用いた活動電位延長予測のための再分極予備能の定量化.  第247回生理学東京談話会,  東京,  2017/10
2. ◎三上義礼, 伊藤雅方, 杉本結衣, 濵口正悟, 冨田太一郎, 村上慎吾, 行方衣由紀, 田中光, 赤羽悟美: 糖尿病性心筋症における心筋Ca2+シグナル異常と左室拡張障害.  生理学研究所 研究会2017 「心臓・血管系の頑健性と精緻な制御を支える分子基盤の統合的解明」,  生理学研究所(愛知県岡崎市),  2017/10
3. ◎Murakami S, Tomida T, Mikami Y, Ito M, Adachi-Akahane S: Computer simulation-based prediction of drug-induced arrhythmia by evaluating repolarization reserve.  Chem-Bio Informatics学会2017年大会,  東京,  2017/10
4. ◎村井晋, 白崎善隆, 山口良文, 冨田太一郎, 赤羽悟美, 三浦正幸, 中野裕康: SMARTによるネクロプトーシス進行の継時的解析.  第26回 日本Cell Death学会学術集会,  東京,  2017/07
5. ◎三上義礼, 伊藤雅方, 杉本結衣, 濵口正悟, 冨田太一郎, 村上慎吾, 行方衣由紀, 田中光, 赤羽悟美: 糖尿病モデルマウスにおける心筋Ca2+シグナル異常と拡張障害.  第136回日本薬理学会関東部会,  東京,  2017/07
国際学会
1. ◎Kakizawa S, Kishimoto Y, Mikami Y, Miyazaki T, Maruyama T, Nagai M, Yamamoto S, Yamazaki D, Watanabe M, Yamazawa T, Adachi-Akahane S, Iino M,: Involvement of Nitric Oxide-Induced Calcium Release (NICR) Through Type 1 Ryanodine Receptor in Extinction of Cerebellum-Dependent Motor Learning.  20th International Symposium on Calcium Binding Proteins and Calcium Function in Health and Disease (CaBP20),  兵庫県淡路市,  2017/10
2. ◎Murakami S, Tomida T, Mikami Y, Ito M, Adachi-Akahane S: Quantification of repolarization reserve for the predictions of drug-induced arrhythmia.  The Joint Meeting of the 10th Asia Pacific Heart Rhythm Society Scientific Session (APHRS 2017) and the 64th Annual Meeting of the Japanese Heart Rhythm Society (JHRS2017),  Yokohama, Japan,  2017/09
その他
1. ◎Murakami S, Tomida T, Mikami Y, Ito M, Adachi-Akahane S: Quantification of repolarization reserve for the risk prediction of drug-induced arrhythmia.  10th Joint Seminar on Biomedical Sciences,  Tokyo, Japan,  2017/11
  :Corresponding Author
  :本学研究者