東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2015年度 | 2016年度 | 2017年度
 医学部 医学科 生理学講座/統合生理学
 Department of Physiology

教授:
  赤羽 悟美
講師:
  伊藤 雅方
  冨田 太一郎
  村上 慎吾
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















赤羽 悟美   教授
              
 2
 
 
 
 
伊藤 雅方   講師
              
 1
 
 
 
 
冨田 太一郎   講師
              
 2
 
 
 
 
村上 慎吾   講師
    1          
 1
 
 
 
 
三上 義礼   助教
              1
 
 
 
 
 
 0 0  0 0  0  1
(0)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Fumiaki Nin, Takamasa Yoshida, Shingo Murakami, Genki Ogata, Satoru Uetsuka, Samuel Choi, Katsumi Doi, Seishiro Sawamura, Hidenori Inohara, Shizuo Komune, Yoshihisa Kurachi, Hiroshi Hibino:  Computer modeling defines the system driving a constant current crucial for homeostasis in the mammalian cochlea by integrating unique ion transports.  npj Systems Biology and Applications  3 :24 , 2017
■ 学会発表
国内学会
1. ◎村井晋, 白崎善隆, 山口良文, 冨田太一郎, 赤羽悟美, 三浦正幸, 中野裕康: SMARTによるネクロプトーシス進行の継時的解析.  第26回 日本Cell Death学会学術集会,  東京,  2017/07
2. ◎三上義礼, 伊藤雅方, 杉本結衣, 濵口正悟, 冨田太一郎, 村上慎吾, 行方衣由紀, 田中光, 赤羽悟美: 糖尿病モデルマウスにおける心筋Ca2+シグナル異常と拡張障害.  第136回日本薬理学会関東部会,  東京,  2017/07
  :Corresponding Author
  :本学研究者