東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2013年度 | 2014年度 | 2015年度
 医学部 医学科 生理学講座/統合生理学
 Department of Physiology
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















赤羽 悟美   教授
      1        3
(3)
 7
 
 
 1
(1)
 
伊藤 雅方   講師
              4
 6
(2)
 
 
 
 1
(1)
関 由成   助教
              1
 7
(1)
 
 
 
 1
(1)
冨田 太一郎   助教
   1 2     1     3
 5
(2)
 
 
 1
(1)
 1
(1)
 0 1  1 0  0  11
(3)
 0
(0)
 2
(2)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Tomida T, Takekawa M, Saito H:  Oscillation of p38 activity controls efficient pro-inflammatory gene expression.  Nature Communications  6 :8350 , 2015
2. Daisuke Ohshima, Kyoko Arimoto-Matsuzaki, Taichiro Tomida, Mutsuhiro Takekawa, Kazuhisa Ichikawa:  Spatio-temporal Dynamics and Mechanisms of Stress Granule Assembly.  PLOS Computational Biology  11 (6) :e1004326 , 2015
■ 著書
1. 赤羽悟美:  脳と呼吸.  脳神経外科診療プラクティス
6脳神経外科医が知っておくべきニューロサイエンスの知識  134-136.  文光堂,  東京都, 日本, 2015
2. Daisuke Ohshima, Kyoko Arimoto-Matsuzaki, Taichiro Tomida, Mutsuhiro Takekawa, Kazuhisa Ichikawa:  Stochastic simulations of stress granules.  Protein modifications in pathogenic dysregulation of signaling.  77-93.  Springer Japan,  Tokyo, Japan, 2015
■ 学会発表
国内学会
1. ◎冨田太一郎、伊藤雅方、山口君空、関由成、杉本結衣、赤羽悟美: JNKとp38の定量的イメージングによる末梢神経系の炎症適応メカニズムの理解.  第93回日本生理学会大会,  北海道札幌市,  2016/03
2. ◎冨田太一郎、伊藤雅方、山口君空、関由成、赤羽悟美: p38MAPK 活性のオシレーションによる炎症性遺伝子発現の制御.  第89回日本薬理学会年会,  神奈川県横浜市みなとみらい,  2016/03
3. 中畝拓哉、鈴木純二、三上義礼、金丸和典、飯野正光: Alteration in neuronal mitochondrial functions in response to nitric oxide-induced Ca2+ release via type 1 ryanodine receptor.  第89回日本薬理学会年会,  横浜,  2016/03
4. ◎伊藤雅方, 小田哲子: 脂質転移タンパク質の臓器間ネットワークを介した炎症に対する影響の解明.  第147回東邦医学会例会,  東京、日本,  2016/02
5. ◎赤羽悟美: 細胞内Ca2+シグナル制御における電位依存性L型Ca2+チャネルの役割と調節機構.  第4回界面研究会,  新潟,  2016/02
6. 冨田太一郎、伊藤雅方、関由成、杉本結衣、赤羽悟美: ストレス応答シグナルのリアルタイムな可視化による炎症遺伝子の制御機構の解明.  第246回 生理学東京談話会,  東京、日本,  2015/09
7. ◎伊藤雅方, 杉本結衣, 関由成, 冨田太一郎, 赤羽悟美: コリン欠乏食負荷時の肝臓脂肪蓄積における脂質転移タンパク質STARD10の役割.  第10回トランスポーター研究会年会,  東京、日本,  2015/06
8. ◎関 由成, 土井範子: 心-消化器連関を介した循環および脂質代謝の調節機構.  第146回東邦医学会例会,  東京,  2015/06
9. ◎赤羽悟美, 伊藤雅方, 冨田太一郎: Molecular mechanisms in regulating lipid storage in the liver.  93th Japanese Physiological Society Annual Meeting,  札幌,  2016/03
10. 杉本結衣, 濵口正悟,伊藤雅方, 関良成, 冨田太一郎, 行方衣由紀, 田中光, ◎赤羽悟美: Impairment of Ca2+ signaling and diastolic dysfunction in diabetic model mice.  93th Annual Meeting of Japanese Physiological Society,  札幌,  2016/03
11. ◎Ito M, Tomida T, Seki Y, Sugimoto Y, Oda S, Kuroda M, Adachi-Akahane S: Role of Steroidogenic acute regulatory protein-related lipid transfer domain containing 10 (STARD10) in lipid droplet formation.  The 93rd Annual Meeting of the Physiological Society of Japan,  札幌,  2016/03
12. ◎Ito M, Sugimoto Y, Seki Y, Tomida T, Adachi-Akahane S: Altered expression of Ca2+-signaling proteins in atria and pulmonary vein of DM model mice.  The 89th Annual Meeting of The Japanese Pharmacological Society,  横浜,  2016/03
その他
1. ◎赤羽悟美,杉本結衣, 濱口正悟, 伊藤雅方, 関由成, 冨田太一郎, 行方衣由紀, 田中光: 糖尿病に合併した心機能不全発症機構の研究
―Ⅰ型糖尿病モデルマウス心筋における
細胞内カルシウムシグナル制御の破綻のメカニズム ―.  第12回 4学部合同学術集会,  習志野キャンパス,  2016/03
2. 冨田太一郎: 環境応答シグナルの解明に向けて~生体分子活性化のイメージング.  第48回数理医学研究会(招待講演),  大阪、日本,  2015/06
  :Corresponding Author
  :本学研究者