東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2014年度 | 2015年度 | 2016年度
 医学部 医学科 物理学研究室
 Department of Physics

教授:
  川口 高明
講師:
  能川 知昭
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















川口 高明   教授
    1  1        1
 
 
 
 
 
能川 知昭   講師
   1           1
 1
 4
 
 
 
 0 1  1 0  0  2
(0)
 4
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Tomoaki Nogawa, Takehisa Hasegawa and Koji Nemoto:  Local cluster-size statistics in the critical phase of bond percolation on the Cayley tree.  Journal of Statistical Mechanics: Theory and Experiment  (053202) :1 -18 , 2016
2. Tanaka H, Urita Y, Kawagoe N, Sasaki Y, :Watanabe T, Kawaguchi T A mathematical model of the pathophysiology of reflux esophagitis.:  Kawaguchi T† A mathematical model of the pathophysiology of reflux.  Toho Journal of Medicine  2 (1) :8 -15 , 2016
■ 著書
1. 川口高明:  「力学の視点」で動作の原理を理解しよう.  ナース専科  20-25.  エス・エム・エス,  東京,日本, 2016
■ 学会発表
国内学会
1. 川口高明: 位相モデルにおける一方向性運動.  日本物理学会第72回年次大会,  大阪府豊中市,  2017/03
2. ◎能川知昭、長谷川雄央: 階層スモールワールドネットワーク上の確率過程におけるロバストな臨界性 II.  日本物理学会第72回年次大会,  大阪府豊中市,  2017/03
3. 能川知昭、◎長谷川雄央: 階層スモールワールドネットワーク上の確率過程におけるロバストな臨界性.  日本物理学会2016年秋季大会,  石川県金沢市,  2016/09
国際学会
1. ◎Tomoaki Nogawa: Jamming transition in superconductor.  International workshop on Glasses and Related Nonequilibrium Systems,  Osaka-city, Japan,  2017/03
2. ◎Tomoaki Nogawa: Steady analysis of the critical state of contact process.  Quantum Walk Seminar Sendai,  Sendai, Miyagi, Japan,  2016/12
3. ◎Tomoaki Nogawa: Critical phenomena on hierarchical small-world networks.  Mini-workshop on Complex Systems and Networks,  Sendai, Miyagi, Japan,  2016/11
4. ◎Tomoaki Nogawa: Robustness of criticality induced by the hierarchical structure of networks.  The 1st Workshop on Self-Organization and Robustness of Evolving Many-Body Systems,  Kamisu, Ibaraki, Japan,  2016/08
  :Corresponding Author
  :本学研究者