東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2015年度 | 2016年度 | 2017年度
 医学部 医学科 心理学研究室
 Department of Psychology

教授:
  田崎 美弥子
講師:
  山口 哲生
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















田崎 美弥子   教授
              1
 1
(1)
 
 1
 1
 
山口 哲生   講師
              1
(1)
 2
 
 
 
 
 0 0  0 0  0  2
(1)
 0
(0)
 1
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 学会発表
国内学会
1. ◎田崎美弥子、山口哲生: Five Factors and Stress (FSS)理論を適用した実習グループの組織能力向上に対する検証.  日本グループダイナミクス学会第64回,  東京大学本郷キャンパス,  2017/09
2. 松永佳子, 山崎圭子, ケニヨン充子, 東園子, 遠藤亜貴子, 山口哲生, 福島富士子: 臨地実習に向けた「新生児の泣き」に対するシミュレーション教育の開発.  第17回日本母子看護学会学術集会,  埼玉県川越市,  2017/07
3. ◎山口哲生, 田崎美弥子: ニューロフィードバックが高齢者の認知機能に及ぼす効果の解明のための予備的研究.  第1回 臨床ニューロフィードバック研究会,  東京,  2017/05
国際学会
1. ◎Aki Tsuchigayaito, Miyako Tazaki, Yoshiyuki Hirano, and Akiko Nakagawa: Neurostructuctual predictors of cognitive behavior therapy(CBT)for obsessive-compulsive disorder:implication for the integration of neurfeedback training and CBT.  International Society of Neurofeedback Research,  Mashantucekt, CT, USA,  2017/09
その他
1. ◎田崎美弥子: ニューロフィードバック療法について.  和合医学研究会,  東京,  2017/08
2. ◎田崎美弥子: 解離性障害と自我統合療法.  自我統合療法セミナー,  東京,  2017/06
3. ◎田崎美弥子: 脳波に影響のある要因とその対応.  臨床ニューロフィードバック研究会,  東京,  2017/05
  :Corresponding Author
  :本学研究者