東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2016年度 | 2017年度
 東邦大学健康推進センター
 

准教授:
  上芝 元
講師:
  田中 太一郎
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















上芝 元   准教授
 1  2   2        8
 4
(1)
 
 
 
 
田中 太一郎   講師
              
 1
 
 
 
 
 1 2  2 0  0  8
(0)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Hajime Ueshiba:  The efficacy of testosterone ointment on insulin resistance in men with metabolic syndrome.  Journal of Metabolic Syndrome  6 (2) :225 -228 , 2017
2. Hajime Ueshiba:  Cilnidipine decreases insulin resistance and aldosterone levels in essential hypertension.  Therapeutic Research  38 (9) :877 -882 , 2017
総説及び解説
1. 松本裕史:  ナラティブとエビデンス 精神療法の効果をめぐって 「生きかた」を扱う森田療法.  日本森田療法学会雑誌  28 (1) :65 -70 , 2017
症例報告
1. 上芝 元:  グリメピリド長期使用にDPP-4阻害薬テネリグリプチン追加投与で血糖コントロールの著明改善がみられた2型糖尿病の1例.  臨牀と研究  95 (1) :107 -109 , 2018
■ 著書
1. ◎上芝 元:  経口避妊薬.  内分泌性高血圧診療マニュアル  161-162.  診断と治療社,  東京, 2017
2. ◎上芝 元:  疫学・頻度.  原発性アルドステロン症診療マニュアル第3版  37-39.  診断と治療社,  東京, 2017
■ 学会発表
国内学会
1. ◎五十嵐弘之, 内野泰,鴫山文華, 芳野弘, 宮城匡彦, 池原佳世子, 熊代尚記, 上芝元, 弘世貴久: 一過性の高エストラジオール(E2)血症を呈し、遅発性の副腎皮質過形成を考慮した一例.  第76回臨床内分泌代謝研究会,  東京,  2018/02
2. 澁川賢一,高橋友子,上芝元: 運動習慣のない女子大学生へのヨガ教室が心身に与える影響の検討.  全国大学保健管理研究集会,  沖縄,日本,  2017/11
3. ◎高橋友子,上芝 元,坂本茉優,森 正子: 本学のインフルエンザ予防接種における試みについて.  第55回全国大学保健管理研究集会,  那覇,沖縄,  2017/11
4. 坂本茉優,◎上芝 元,高橋友子,松橋綾子,田中太一郎: 教職員対象の救急講座の試み.  第55回全国大学保健管理研究集会,  那覇,沖縄,  2017/11
5. ◎一城貴政,上芝 元,三宅吉博,柳瀬敏彦: 副腎偶発腫疫学調査―厚生労働省研究班「副腎ホルモン産生異常に関する調査研究班」副腎偶発腫長期予後調査より―.  第27回臨床内分泌代謝Update,  神戸,  2017/11
6. ◎上芝 元: 肥満及び低テストステロン血症を伴う2型糖尿病男性におけるテストステロン軟膏の効果.  第25回日本ステロイドホルモン学会,  東京,  2017/11
7. ◎松本裕史, 松村尭明, 髙橋晶子, 八島章浩, 山田紗梨, 山森佐智子, 新村秀人, 木﨑英介, 當間実名雄, 水野雅文: 「外相整えば内相自ずから熟す」―遷延する軽度のうつ病に対し外相を整える介入が奏功した一例.  第35回日本森田療法学会,  熊本,  2017/11
8. 木﨑英介, 髙橋絵理子, 新村秀人, 松本裕史, 水野雅文, 三村 將: 森田療法的理解に基づく治療を行ったひきこもりの1症例.  第35回日本森田療法学会,  熊本,  2017/11
9. 宮下真由美、山縣然太朗、田中太一郎: 特定健診受診率向上にむけた未受診者対策の取り組みについて.  第76回日本公衆衛生学会総会,  鹿児島県鹿児島市,  2017/11
10. ◎上芝 元: メタボリックシンドロームを伴う高血圧におけるアゼルニジピンのインスリン抵抗性改善作用.  第40回日本高血圧学会,  松山,  2017/10
11. ◎上芝 元: 肥満高血圧症におけるアゼルニジピンのインスリン抵抗性改善作用.  第38回日本肥満学会,  大阪,  2017/10
12. ◎上芝 元: 肥満男性とテストステロン.  第8回テストステロン研究会,  東京,  2017/10
13. ◎上芝 元: テストステロン軟膏はメタボリックシンドローム男性においてインスリン抵抗性と血中脂質レベルを改善する.  第17回日本抗加齢医学会,  東京,  2017/06
14. ◎上芝 元: シルニジピンによるインスリン抵抗性改善作用およびアルドステロン低下作用.  第6回臨床高血圧フォーラム,  岡山,  2017/05
15. ◎上芝 元: メタボリックシンドローム男性におけるテストステロン軟膏の効果.  第114回日本内科学会,  東京,  2017/04
  :Corresponding Author
  :本学研究者