東邦大学 教育・研究業績データベース   
     


  イトウ マサノリ   Ito Masanori
  伊藤 雅方
   所属   東邦大学  医学部 医学科
   職種   講師
言語種別
発表タイトル Cre/loxP系を用いたマウス及びシバヤギSRY5’領域の解析
会議名 第101回日本畜産学会大会
学会分類 日本学術会議
学会区分 国内学会
発表形式 ポスター掲示
講演区分 一般
発表者・共同発表者◎伊藤雅方, 横内耕, 吉田和久, 加納聖, 内藤邦彦, 遠藤仁司, 袴田陽二, 宮崎純一, 東條英昭
発表年月日 2003/03/27
開催地
(都市, 国名)
つくば
概要 【目的】哺乳類においては、Y染色体上に存在するSRYの発現により、未分化生殖腺が精巣へと分化する。SRYの発現は胎児期の生殖腺に限局しているが、その調節領域については不明である。そこで我々はCre/loxP系を利用し、マウスSryの発現調節に重要な領域を探索することを試みた。また、SRYの調節機構が種間で共通かどうか調べるため、シバヤギSRYの5’領域をCre/loxP系を用いて解析した。【方法及び結果】マウスSry9.9kb断片のSry翻訳領域をCre翻訳領域に置換した遺伝子(Sry/Cre遺伝子)を構築した。loxPが切り出されると強くLacZを発現するトランスジェニックマウス(CAG/loxP/LacZ)の胎児期の生殖腺、肝臓及び脳から初代培養細胞を調製し、培養開始直後、Sry/Cre遺伝子を導入した。その結果、生殖腺から調製した細胞でX-gal染色陽性細胞が検出された。それらの細胞はアルカリホスファターゼ活性はなく体細胞由来であった。さらに幾つかの5’上流域の欠失遺伝子を構築して同様の実験を行ったところ、Sryの発現調節に重要な領域が上流0.4~1.4kb間に存在すると示唆された。一方、シバヤギSRYはマウスの生殖腺では発現しないことが示唆された。