東邦大学 教育・研究業績データベース   
     


  アンドウ ケンタロウ   Ando Kentaro
  安東 賢太郎
   所属   東邦大学  医学部 医学科
   職種   講師
論文種別 総説
言語種別 日本語
査読の有無 査読なし
招待 招待あり
表題 超小型ミニブタの開発経緯と病態モデル・評価系としての応用例
掲載誌名 正式名:心血管薬物療法
インパクトファクター 0
巻・号・頁 1(2),43-48頁
著者・共著者 中瀬古(泉)寛子、中村裕二、曹新、小原浩、安東賢太郎、杉山篤
発行年月 2014/06
概要 イヌやサルは非齧歯類の中型実験動物として使用されてきたが、動物愛護の観点からそれらの使用は年々制限が強化されている。この点ブタは希少動物やコンパニオン動物でなく、生理的・解剖学的にヒトに類似する点も多い。実験動物としての歴史も古く、経済協力開発機構(OECD)の化学品テスト・ガイドライン409に非齧歯類動物の選択肢としてブタとミニブタが記載されている。ミニブタは実験動物として小型化が進められ、体重100㎏以下の系統が1960年代に樹立されたが、依然大型である。本論文では体重10㎏未満の世界最小のミニブタの開発経緯、病態モデルおよび薬物代謝酵素の解析結果を紹介する。